毎日着て、毎日洗える「ハイテクシルク」がすごいらしい

シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と手間の多さです。

でもそんなシルクの欠点を補って余りある、最先端の技術を取り入れたハイテクシルクがあるんです。

洗濯機で丸洗いできる。
しかもノーアイロン。

Medium 75531a951c8c9cbd32bfc6cc505fd1852186de6d

シルクに似せたファブリックなら、人絹と言われるレーヨンやアセテート、キュプラなどがこれまでもありました。でも、シルクと同様シワになりやすく、熱や水に弱く、手洗いには不向きでした。

このハイテクシルクも化繊ですが、仕立てた時のドレープ感やしっとりとした質感はシルクそのもの。じつはこれ、日本でつくられたハイテク繊維を使用しているそうです。シルクの欠点である水や熱への耐久性もあり、普通の洗濯機で洗え、乾燥機までも使用できるのだとか。

Medium 627f419023257369bca6b1b5b3583d55fb4dc500

形状記憶性を持っているので、洗濯後のアイロンいらず、型崩れや着用ジワも付きにくくなっています。また、NASAの体温調節機能がある繊維技術を取り入れ、吸湿発汗性もあり。インナーとしてもつかえそうです。さらにシルクにはないストレッチ性もあり、腕や背中が突っ張るなんてこともありません。

このハイテクシルクを使えば、ガンガン洗えて、一日中着ててもビシッとしている、従来のシルクを超えるほどの1着ができるのだとか。

開発したのは、MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生3人

Medium b10b6ccbb385e4beb9a13c63e742be7fbd778222

デイリーユースに特化したようなハイテクシルクですが、元々はオフィスで着ることを想定して作られたそうです。

開発したのは、ボストン拠点のアパレルブランド「Ministry」。2012年にマサチューセッツ工科大学の学生3人が立ち上げました。このハイテクシルクの開発には2年を費やしたそう。

元々はメンズライン展開のみの「Ministry」でしたが、働く女性たちに詳細な聞き取り調査をし、着用ジワや汗じみなどの問題を一つひとつ解消。科学的な分析や長時間に渡る着用テストを何度もこなし、デザインやファブリックを見直したレディースラインの展開にこぎつけたのだそうです。

Medium 188198c1ac49339419943e617c09f6aacecf8b27

オンラインショップを覗くと、メンズのシャツが95ドル、レディースが85ドルで展開中。日本の技術が使用されているということで、逆輸入してくる日も近いかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Ministry
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、今やザッカーバーグの専売特許。見た目で...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
つらくて逃げ出したくなった時や、悲しい想いが襲ってきた時──。そんな気持ちをスパっと切り替え、いつもご機嫌でいられるようにナビゲートしてくれるのが、ANA...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
2015年10月の初旬、「US News 」が発表した、大学ランキングが世界に衝撃を与えた。アメリカの名門校を抜いて、初めて工業研究分野で世界トップの座に...
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...