世界中にシェアハウスがあるみたい。民泊を超える「コーリビング」って?

理想の働き方ってどんなものでしょう。好きなことをやり続ける?刺激を受け続ける?好きな場所で自由に働ける?そんな理想論が、妄想にならない世の中がついにやってくるかもしれません。

泊まる、を超えて「住む」
Co-Livingの魅力

Medium c0887d54d3c7723cddd4952c3e8b37e262e87a55

東京オリンピックを4年後に控えたいま、Airbnbに代表される民泊は、もはや一般的と言えるかもしれません。そんないま芽生えつつある民泊を超える概念が「コーリビング(Co-Living=Community Living)」です。「泊まる」を越えて「住む」ことをシェアするのです。

このコーリビングサービスを展開する「Roam」は、一律料金でいろいろな国のコーリビングスペースに滞在できる、というもの。現在は、インドネシアのバリ、アメリカのマイアミ、スペインのマドリードに滞在することが可能で、今後はブエノスアイレス、六本木、ロンドンと展開していく予定とのこと。

料金は週に500ドルか、月に1,800ドル。20~50のバスルーム付のプライベートルームと、高速Wi-Fi、商業レベルの設備のキッチンやコワーキングスペース、洗濯機などが使用できるとか。物件によってはヨガスタジオやプール付きもあるみたいですよ。

【マドリード】
たとえば
バチカン貴族の邸宅もあり

Medium 40ed4f31857efbbf2cb9d995ded098fee7a95e8b

スペイン・マドリードの物件を例に挙げると、もともとバチカンの貴族のための邸宅で、リノベーション済み。ラグジュアリーなクラシックさを残しつつ、快適に生活できます。

どの部屋もベッドはキングサイズかクイーンサイズで、1部屋2名までの利用が可能なので、カップルでの長期滞在や新婚旅行ついでに新生活を海外で始める、なんていうこともできてしまいそう。

どの物件も市街地や観光スポットが近く、買い物や観光に困ることもなさそうです。

やっぱり一番の魅力は
「交流」

Medium 1c052a48743bae106eec76e12bc7edcbe6cd5861

「Roam」は大規模なホームシェアと、コーワキングスペースが合体したようなもので、利用者は世界各国から集まってきた人。広いキッチンで、お互いの母国料理や地元の食材で料理をつくり、交流することもできます。

フリーランサーが集まりやすいのも想像がつくので、新しい出会いによるビジネスの広がりなども望めそうですね。日本のコワーキングスペースで「国境を越える」ことはなかなか難しいですが、この「Roam」なら期待できそうです。

Medium f6581ab6fb6d5233b155954c320d54818dc0fa8a

もちろん、人との交流はつまみ食い程度にして、バリのプールサイドでハンモックで揺られながら読書三昧をしたいあなたにも、オススメ。

「仕事をまとめて休んで旅行するのではなく、腰を落ち着けてリゾートで仕事がしたい」。500ドルでそれが叶うなら、きっと素敵なアウトプットになるでしょう。

Licensed material used with permission by Roam International Co
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
旅先から届く、一枚のポストカード。遥かな異国の地の情緒が感じられて、受け取るのも嬉しいもの。スマホで撮った写真にはない、ロマンチックな味わいがあります。そ...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
挙式の日程も決まり、衣装も決まり、とうとうハネムーンスポット選びの段階に。一生に一度しかないハネムーンだからこそ、普通の旅行とはひと味ちがう特別な時間を過...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
早稲田大学政治経済学部4年の松井鈴果さんは、ワシントンDCにあるAmerican Universityへの留学後、そのまま「宗教」をテーマに世界一周をし、...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
 大学2年時に休学して、1年間世界一周の旅に出る。旅先ではヒッチハイクや野宿を繰り返しながら、世界中の人々に夢を聞いて回り、彼らと人生について語り合った。...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...