野菜を育てるファームの力で「犯罪」を減らす(米・テキサス)

「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させようとしている動きが、米・テキサス州にありました。

銃の代わりに
「くわ」を持とう

0da9ca3e5a03f691592d9a66e3ff021d704ce141

サンアントニオでスタートした、小規模ファーム「GARDOPIA」は、みんなの健康や福祉、ひいては畑仕事をするなかで自然と身につく「教育」を大切にしようと始まったNPO。なにも机に向かうだけが「教育」ではないのです。

そしてもうひとつの目的が、地域の「犯罪数を減らす」ことでした。GARDOPIA代表のスティーブン・ルケ氏は、UIW大学在学中に「栄養と貧困の関係」について学び「バランスのとれた食事をとることが、生活改善につながるはず」と、活動をスタート。

そして、大人から子どもまで地域の誰もが参加できるファームは、予想以上の効果を生みました。

3年間で犯罪率が
50%まで低下

C821490edf0586625ff4efc660a2d502fef47636

GARDOPIAがある交差点は、そもそも「危険」と評判のエリアでした。しかし、ファームができて以降、3年間で4ブロック半径内の犯罪が50%以上も低下。健康的な野菜を収穫するだけでなく、見事に治安までも改善したのです。

「畑の前では、みな平等」

6f51fb05ba904c576692523d689b31eb8f07f94fD1d0a872f487709cfcb99d76aa08fc14dd0522e4

子どもたちの表情も、ご覧のとおり。いい顔してるでしょ?

今はまだ「小さなムーブメント」かもしれませんが、楽しみなのは、このファームで学んだ子どもたちが、みんなで土をいじり、ヘルシーな野菜を口にし、地域のコミュニティに参加し、成長していくこと。

そして、代表のスティーブン・ルケ氏のこの言葉も印象的でした。

「畑にいるときは、みんな平等なんだ。そこに差別なんかない。誰もが手を汚して夢中になってるんだから!」

Licensed material used with permission by Gardopia Inc
Reference:upworthy
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
「101-North」発表の動画はウエディングケーキのつまみ食いに性犯罪を例えたもの。「こんなに美味しそうに置くのが悪い。誘ってる!」こんな理論、つまみ食...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...