世界最大規模の「屋内ファーム」が誕生。都市部にも新鮮な野菜を!

NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズはますます加速。そんな中、屋内農園「エアロファーム」がオープンしたというニュースが話題に。

年間を通して栽培可能!
水の使用も95%削減できる

Medium 8c290e97e6b428f174514d91ec0d94e004d62e82Medium 66a1d1d0d1641b02b549c57c840b64bcde06eccaMedium 3e72f5c0d34fbb59d0f28d685eba44c6ad931ac9

エアロファームでの栽培には、太陽光や土を一切使わない仕組みを導入しています。専用のプレートの中に苗を植え、栄養たっぷりのミストとLED照明を利用し、徹底管理した環境下で育てます。

垂直型の栽培で
省スペース&大量生産を

Medium c6ba583e1bf1a1214adc3b49d8145df3ba3c247b

このプレートは垂直に重ねて並べられるため、スペースが限られている都心近くでも大量の野菜を栽培できます。収穫量はなんと、同じサイズの屋外農園の75%増。

サラダ用の野菜やケール、ハーブなどを育てる予定で、生産量の見込みは最大で年間200万ポンド(約90万kg)にもなるそうです。

Medium 92be2192adde8f20798478fc1e5d0469aaaef1d7

CEOのデヴィッド・ローゼンバーグ氏は、「世界中の都市にこのファームを作ることが我々の使命だ」と語ります。目指しているのはあくまでも新しいインフラを作ること。

20、30、50箇所と、どんどん広めていくことが目標です。

Medium 3a3cfa5d605fa8376d980398d6874cb3c5247f6f

暮らしている地域が生産地から遠ければ、当然新鮮な野菜が手に入りずらくなります。そんな悩みを「エアロファーム」は解決してくれるかもしれません。

Licensed material used with permission by AeroFarms
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...