NBA選手のフリースロー精度をUPするために「ハイテクアームスリーブ」が使われている。

正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもしれない。

NBAでは、腕の動きをトラッキングしてデバイスで情報を即チェック。リアルタイムでフィードバックできる優れものが活用されている。

シュート精度UPに、
ハイテク投入!

9ede271e13a7e3bcb67011dbd76b0200e0216818

バスケットボールには「Hack-a-Shaq」と呼ばれる戦術がある。フリースローが苦手な選手に意図的にファールすることを指す。ロサンゼルス・レイカーズの元選手、シャキール・オニールに使われたことがネーミングの由来だ。

いまはデトロイト・ピストンズのパワーフォワード、アンドレ・ドラモンド選手もこの戦略の標的になっている。狙われるなら、シュートがうまくなればいいと言うのがストレートな発想だけれど、そう簡単な話ではない。

Sport Techie」によれば、彼のフリースロー成功率は34.6%。NBAでもワーストだそうだ。さらに、理想的なシュートフォームへ矯正するにも、手の大きさや腕の長さには個人差があるため難しい。

そこで使われ始めたのが「SOLID shot」というスマートスリーブ。後のパフォーマンスに変化が起きるのではないかと注目されている。

0.01秒単位で動作を計測し、
画像と音声でフィードバック。

553562e2625f427f860ed9ff0a5a37ec2904c0b2

3つのセンサーが120fpsのフレームレートで動作を立体的にトラッキング。データはアプリで管理でき、スリーブに付いているスピーカーからは音声で直接インスタントフィードバックが受けられる。シュートスタイルも選べるようだ。詳しくはコチラから確認できる。

期間限定で7月13日〜8月11日までの間、249ドルで発売されていたが、同社によれば一般発売開始はそう遠くない。販売予定価格は449ドル(約45,000円)になる予定。ドラモンド選手の活躍にも期待したい。

Reference:Sport Techie
Licensed material used with permission by SOLID shot
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
朝、口一杯のワサビで起きるって・・・かなり危険な匂いがしますが、動画は安定の面白さです。必見! Reference :Wasabi Wake Up Prank 
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ふと何かに悩んだとき、迷ったとき──。自分自身で考えて決断できるとベストですが、なかなか答えが出せず、選択を天に任せたいことがあるかもしれません。そこで、...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...