人種差別を受けたNBA選手の「ウィットを効かせた返答」に全米が拍手。

アメリカの人種差別といえば、「アフリカ系アメリカ人に対する白人の」というイメージがあるかもしれません。だけど、他にもヒスパニックやムスリムに対する差別だって存在するのも事実。さらに、アジア系が標的になることだって。

ここで紹介したいのは、元NBA選手ケニオン・マーティンと、ブルックリン・ネッツで活躍するジェレミー・リンのやりとり。リンの対応には、様々な人種の人が暮らす日本でも、学ぶべきことがあるかもしれません。

元NBAオールスターと
初の台湾系アメリカ人の選手

まずは、知らない人のために、両者のカンタンな説明を。

ケニオン・マーティンは、NBAのドラフトで1位指名を受け、ニュージャージー・ネッツ(のちに本拠地を移して、ブルックリン・ネッツと改称)に入団。2003〜2004年のシーズンには、NBAオールスターゲームに出場するほどの実力者でした。そして、2015年に引退。

対して、ジェレミー・リンは、ハーバード大学を卒業後、台湾系アメリカ人として初のNBA選手となりました。ゴールデンステート・ウォリアーズに入団したのち、複数のチームでのプレーを経て、現在はブルックリン・ネッツのポイントガードとして活躍。また、彼はよく髪型を変えることでも知られています。

529d8a111fa7b477adaefa38f46f4fc78b277745
Photo by Paul Bereswill/Getty Images

そんなリンは、今シーズンからドレッドヘアでプレーをしようとしていました。ですが、その髪型を見た先のマーティンは、SNSでこう批判(自身のInstagramのアカウントではビデオを削除済み)。

アジア人に「ドレッドヘア」は
ふさわしくない

「あいつの名前がリンということを、思い出させてやらなきゃいけないのか?やめてくれよ。今までプレーしていたチームで、あんな頭をすることなんて不可能だった。誰か『黒人になりたいのか』って聞いてやれよ。気持ちは分かる。だけど、お前は”リン”なんだから」

おそらく言いたいことは、アフリカ系アメリカ人の1つの象徴でもあるドレッドヘアを簡単に扱ってくれるな、というものでしょう。けれど、これには多くのファンたちから非難の声が殺到することに。

この騒動、終止符を打ったのはリンのウィットの効いた返答でした

違う文化への理解を深められれば
マジョリティにも影響を与えられる

「君がこの髪型を好きじゃなくたっていいんだ。でも、意見を言ってくれたことには感謝している。僕はドレッドヘアをしていて、君は中国語のタトゥーを入れている。それはお互いの文化に対するリスペクトなんじゃないかな。

マイノリティとして生きていく上で、違う文化への理解を深めていければ、マジョリティに影響を与えられると信じている。

君がチームに残した功績には感謝してるし、子どもの頃には、壁にポスターを貼ってたんだ」

確かにマーティンの腕には、「患得患失」というタトゥーが刻まれているようです。それをジョークにすることで対応したリンの機転には、多くの賞賛の声が上がっています。 

批判に激昂することなく
同じマイノリティとして寄り添う

とはいえ、幼い頃から憧れていた選手からの差別的な発言には、リンもショックであったかもしれません。だけど、アメリカに暮らすマイノリティとして気持ちが分かる以上、敵対する道は選ばなかったようです。

「自分の文化を間違って捉えられているときの気持ちは、痛いほど分かる。ハリウッド映画がアジア人を軽視していることだってある。アジアの歴史を勉強する時間が、多くの人に足りていないことも理解している。さらに、”ブルース・リー”や”エビチャーハン”という偏見を押しつけられるときに、僕はどれだけ傷つくかを知っている」

と、リンは「The Players' Tribune」に想いを書き綴っています。

前述の返答は、マイノリティの気持ちが分かる彼だからこそ言えたことなのでしょう。台湾系アメリカ人のイメージを傷つけたくない、という気持ちがあった可能性も。または、1人のNBA選手として、子どもたちに「自由」という夢を与えようとしたのかもしれません。

たくさんの人種の人が1つの国に集まっているのは、今やアメリカだけでなく日本だって同じ。この状況を踏まえるならば、差別を減らしていくアクションは重要なこと。だけど、不幸にもそれに直面したときに、リンのような「人種差別に対する平和的な解決方法」を実践することも大切なのではないでしょうか。

Top Photo by Paul Bereswill/Getty Images
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
正しいシュートフォームを習得するための方法ってなんだろう。『スラムダンク』みたいに、1週間に20,000本打って打って打ちまくる?それもいいアイデアかもし...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...