「黒人だから」。理不尽な差別を受けたナターシャのために、300人の生徒が立ち上がった

ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。

ここで紹介したいのは、昨年末の大統領選後に話題になった動画。Baylor大学に通っているナターシャは、「黒人」という理由だけで、大学のキャンパス内でいきなり知らない人に突き飛ばされたそうです。しかし、傷ついた彼女がTwitterに動画をアップロードしたところ、思いもよらない温かな支援へとつながりました。

「黒人は歩道を歩くな」
知らない人からの暴言と暴力

ナターシャは、キャンパスで起こった出来事を、次のように語りました。

「授業に向かう途中、知らない男の人が急に飛び出してきて、私のことを歩道から突き出したの。それで…それで、黒人差別用語を使って『黒人が歩道を歩くんじゃない』って言ってきた。私はただただショックで、言葉も出なかった」

「そしたら、私の後ろにいた人が、その人も私の知らない人だったんだけど『おい、お前、みっともないことするなよ』って言って、かばおうとしてくれたの。でも私を突き飛ばした人は『なんだよ。俺はアメリカをもう一度いい国にしようとしてるだけだ』って」

「もしもあなたが、トランプに投票したのだとしたら、黒人とか移民とか、自分とは違う人の視点から見たとき、それが何を意味するのか理解してほしい」

「ナターシャと歩こう」
300人がエスコート

面識すらない人から不当な差別を受けてショックを受けたナターシャでしたが、そんな彼女をサポートしようとたくさんの生徒たちが集まりました。

生徒たちは「#IWalkWithNatasha(ナターシャと歩こう)」というハッシュダグを使い、彼女が安全に歩けるようにと、エスコートしました。集まった数は、なんと300人。

なかには、エスコートするためなら、と授業の早退を許してくれた先生までいたそうです。

「差別や暴力なんていらない。
ここは、愛に溢れた大学」

「Amazing Grace」を歌いながら、みんなと一緒に堂々と歩いたナターシャ。

一度は心無い差別に傷つけられましたが、たくさんの心優しい学生たちもいました。彼女は集まってくれたみんなへ、こんな風に語ります。

「集まってくれたみんな、本当にありがとう。Baylorは、本当に愛で溢れている大学だと思う。ひとりがいじわるだからって、みんながいじわるなわけじゃない。ここにいる私たちは、お互いに尊敬し合っている。

そして、みんなにひとつだけお願いがあるの。これからも、キャンパス内での差別は許さないでほしい。ここにいる私たちは、愛し合っている。神さまの元で、みんな一緒だから」

Licensed material used with permission by Cassie L. Smith, (Twitter)
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
アメリカの人種差別撤廃に大きな礎を築いた人物。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)。彼の一連の言動には、「現代のビジネスマンが教訓にすべき...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
「8月5日の金曜日は、キング牧師が住居の隔離政策に抗議するため、シカゴでデモ行進をした日から、50年目を迎える記念日でした。あれから時代は大きく変化しまし...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
11月12日、大統領選挙後の混乱をうけて、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事が自身のSNSに力強いメッセージを投稿し、注目されています。ニューヨーク...
新しく社会人になる人はもちろん、進学する人、転職する人、新しい世界に飛び出すときは誰しもが不安を感じることでしょう。トロントにあるライアソン大学でマーケテ...
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
Adam Heath Avitable教授は、いつも通り授業のために教室に向かいました。すると、不思議なことに、生徒が誰もいません。待てども待てども、なぜ...
イギリスで実施された浮気調査をもとに、女性の浮気の心理を探ってみましょう。国が違えば、恋愛における女性の価値観だって当然違うはず。以下に登場する4つの“浮...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...