「黒人だから」。理不尽な差別を受けたナターシャのために、300人の生徒が立ち上がった

ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。

ここで紹介したいのは、昨年末の大統領選後に話題になった動画。Baylor大学に通っているナターシャは、「黒人」という理由だけで、大学のキャンパス内でいきなり知らない人に突き飛ばされたそうです。しかし、傷ついた彼女がTwitterに動画をアップロードしたところ、思いもよらない温かな支援へとつながりました。

「黒人は歩道を歩くな」
知らない人からの暴言と暴力

ナターシャは、キャンパスで起こった出来事を、次のように語りました。

「授業に向かう途中、知らない男の人が急に飛び出してきて、私のことを歩道から突き出したの。それで…それで、黒人差別用語を使って『黒人が歩道を歩くんじゃない』って言ってきた。私はただただショックで、言葉も出なかった」

「そしたら、私の後ろにいた人が、その人も私の知らない人だったんだけど『おい、お前、みっともないことするなよ』って言って、かばおうとしてくれたの。でも私を突き飛ばした人は『なんだよ。俺はアメリカをもう一度いい国にしようとしてるだけだ』って」

「もしもあなたが、トランプに投票したのだとしたら、黒人とか移民とか、自分とは違う人の視点から見たとき、それが何を意味するのか理解してほしい」

「ナターシャと歩こう」
300人がエスコート

面識すらない人から不当な差別を受けてショックを受けたナターシャでしたが、そんな彼女をサポートしようとたくさんの生徒たちが集まりました。

生徒たちは「#IWalkWithNatasha(ナターシャと歩こう)」というハッシュダグを使い、彼女が安全に歩けるようにと、エスコートしました。集まった数は、なんと300人。

なかには、エスコートするためなら、と授業の早退を許してくれた先生までいたそうです。

「差別や暴力なんていらない。
ここは、愛に溢れた大学」

「Amazing Grace」を歌いながら、みんなと一緒に堂々と歩いたナターシャ。

一度は心無い差別に傷つけられましたが、たくさんの心優しい学生たちもいました。彼女は集まってくれたみんなへ、こんな風に語ります。

「集まってくれたみんな、本当にありがとう。Baylorは、本当に愛で溢れている大学だと思う。ひとりがいじわるだからって、みんながいじわるなわけじゃない。ここにいる私たちは、お互いに尊敬し合っている。

そして、みんなにひとつだけお願いがあるの。これからも、キャンパス内での差別は許さないでほしい。ここにいる私たちは、愛し合っている。神さまの元で、みんな一緒だから」

Licensed material used with permission by Cassie L. Smith, (Twitter)
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
リディア・スティス・ローズブッシュさんがFacebookに投稿した、5歳の息子ジャックスくんとのエピソード。あまりにピュアすぎて、大人は一瞬その意味を考え...
映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...