「アジア人にしては目が大きいね」。ふとした瞬間に言われた差別の言葉

海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉快な気持ちになる人もいるはず。

とくに「アジア系アメリカ人」は、生まれも育ちもアメリカにも関わらず、アジア系というだけで、言葉の節々に人種差別の匂いを感じることが日々あるそうです。

それを受けて、米・ボウディン大学ではアジア系の学生たちが啓発プロジェクトをスタート。ホワイトボードに書いているのは、日常のふとした瞬間に言われた言葉。

そこに悪意はないかもしれないし、もしかしたら褒め言葉のつもりかもしれない。でもアジア人に対してのステレオタイプな見方や偏見が垣間見えることも確かです。

ふと言われた言葉や
主張したいこと

4e5daff8d7243dc455901038692795bb7d00eb77

「顔も知らないような人とお見合い結婚させられるんでしょ?」

C2ef12b48c74ef8eb03bb8f31b69121eafc3d0d3

「わあ、君って韓国人にしては英語がすごくうまいね」

私は今までずっと英語で授業を受けてきているんだけど…。

B0535c0480e43438f14f1f645f7b69b92a4830b8

「アジア人の鼻って、なんであんな低いのかね。親にフライパンで殴られたのかな?」

5ecd2a515327cc433eaac3cf13161b0a26f69174

「きっと、あなたの家族にはまともに英語が話せる人はいないでしょ」
(文学教師の言葉)

33f050cad428c1fd817a3232e0ae7c7fcc828dbe

「私が数学が得意なのはアジア系だからじゃない。“私”が得意なだけ」

755c977231bd91d15adccfdee78d41f7c48fcb48

「中国人て、1人目の子どもがいたら、2番目の子は堕ろしちゃうんでしょ?」

D5e30a08d27ce56bc6304de14ded49c72f44eb92

「なんでアジア人ってみんな同じに見えるんだろう?」

33d2131a238bd8325ec31ddc3063e014ec744666

「アジア人からしてみたら、あなたって綺麗なのかもね…」

Aa8b60f7bc5706e576724154965ba06c9137f15e

「いやいや、“本当”はどこの出身なの?」

6064eb17b3a9bd83ceab5c3d979d79f5af9c3d4f

「アジア人にしては、目が大きいね」

2e559fe2d6f7b1bf8dc1c50fa81d2dd801632723

「中国人と韓国人は、同じ“モノ”ではありません」

きっかけは
ハッシュタグ「#thisis2016」

このプロジェクトのきっかけは、今年10月のニューヨーク・タイムズ紙の編集者マイケル・ルオ氏のTwitterでのメッセージから。アジア系のルオさんは、ある日路上で見知らぬ女性から「中国へ帰れ」という言葉を投げつけられたのだそう。その出来事と女性に対するメッセージが、多くのアジア系の人々から共感を呼びました。ハッシュタグ「#thisis2016」は、社会的な誤解や意図しない差別である根深い人種へのレッテル貼りを啓発する活動として広がりました。

今回の学生によるプロジェクトも、その活動の一環として行われました。

B953e1bae8e32f48790e36d31006e33ffdc81c2e

Yes. I'm Asian.

アメリカで生まれ育った生粋の「アメリカ人」なのに、見た目だけでそれぞれのルーツを勝手にタグ付けされてしまうのは、彼らにとっては不快なことでしょう。

普段の何気ないひとことからも感じられる、誤解や偏見。私たち日本人も、外国人の見た目や出身地に対して、同様に偏見を持っていないか、と考えさせられます。

Licensed material used with permission by Bowdoin Asian Students Association
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...