脳を刺激して「なりたい気分」をつくり出すヘッドセット

ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が追いついていなかった…なんて経験のある人には、こういうデバイスが有用なのかもしれません。

だけど、外部から直接脳に刺激を与えるって、大丈夫なの!?

脳波を刺激して
気分をコントロールするデバイス

0123fca34419f2d2b517c21659b47183119207d4Medium d7c075fe6e6e6a864d88a1c817f2f786b83d1a8e

目の前の仕事にフォーカスし、ストレスフルな日々をおくり、心落ち着けて眠りに集中する。気分をリラックスさせて心をリセットするためには、脳波がカギを握っています。これを瞑想などで意識的にマインドセットできる人は、そう多くありません。

そこで、脳に直接電気的な刺激を与えて、脳波のスピードを変えることで、気分をコントロールしてしまおうというのが、アメリカで開発されたヘッドセット「ELF emmit(エルフエミット)」です。

平たく言えば、自分自身で心と体のトーンを調整するメトロノームみたいなもの。脳の周波数をいじることで、両者のバランスを意図的に合わせ、ポテンシャルを最大限発揮できる状態にもっていくサポートをしてくれるというのがこのデバイス。

なんだか怖い気もしますが、米食品医薬品局(FDA)による、「人体に悪い影響がない技術」とのお墨付きなんだとか。

自分自身に最適化された
ウェアラブルデバイス

Medium fb18dbd0ece2d2bc44951b774822bdf4c92b7764

そもそも心と体は、我々が何をしているかに応じて異なる速度で活動しています。それは脳の周波数に由来している、というのがエルフエミット開発者たちの考え方。

たとえば寝ているときやリラックス状態のときほど周波数は低く、逆に創意工夫したり、何かに集中しているときほど高くなる傾向。この周波数のレベルと、目の前のタスクがかみ合わないときに問題が起こるんだそう。

そこで、エルフエミット本体から超低周波の電磁パルス(2~19Hz)を発し、外部から小脳へと直接アプローチをかけるのがこのデバイスの仕組みです。

スマホで操作し、
5つのモードで気分転換

041ac3abd18029d8853ce35b2aae78ab8b930d1a

後頭部にエルフエミットを装着したら、スマホやタブレットのイヤホンジャックと接続。あとは、シンプルな無料アプリケーションでモードを選択するだけの簡単操作。集中、アンチストレス、瞑想、ディープラーニング、スリープと、モードは全5種類。パルスの強弱によって脳波をコントロールしていきます。

Medium 6ec1526aff2983b6246f8c5fd419edf2b7d72c6aMedium edaf447697e24bea44028e2a3c9521a4408b6e8eMedium 09a251f0245b2be2f8976f2e2b60fa80197ced25

気分が乗らないときでも集中モードに切り替えたり、騒音が気になる場所でも勉強がはかどる。眠りたいのに興奮してなかなか寝付けない夜にもいいかもしれません。実際、これがどこまで効果が期待できるのかは、試してみないことには分かりませんが。

でもその期待も大きかったようで、クラウドファウンディングで潤沢な資金調達を終え製品化、すでに日本でも販売がスタートしていました。商品自体は129ドル(約13,000円)ですが、輸入手数料などを含めそれでも2万円前後。う〜ん、手の出せない値段じゃないところが、またキニナル!

Licensed material used with permission by Elf emmit
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
2011年に発表されたこの「青いサンセット」。どういうこと!?と驚いてしまいますが、実は地球から見たサンセットではないようです。NASAの火星探査機「オポ...
歴代のディズニー作品に登場したお姫様になれる―。そんな夢のようなルームウェアが、PEACH JOHNから発売され話題になっています。その名も「Disney...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
電車内からホームを捉える日本とNYにある違いって?東京(新宿駅)とニューヨーク(グランドセントラル駅)で電車が動き出した瞬間から、プラットホーム上の人々の...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
かなり本格的な感じ!2015年11月25日、慶應義塾大学が開発したアプリ「Heart & Brain」がリリースされました。これは、iPhone本...
オーストラリア・モナシュ大学が行った最新の調査で、脳内の特定の部位の密度によって、共感する力に違いがあったそうだ。科学誌「Science Direct」に...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
言うなれば着る浮き輪。見た目はまるでお相撲さん。だがしかし、これを使った波乗りの様子は圧巻。まるでマリオシリーズに出てくる弾丸の姿をした敵キャラ「キラー」...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...