20代なら迷わずに行くべき異国とは?

その都市は驚くほどに小ぶりだ。面積は東京23区の2倍しかない。しかし、世界で最も人口密度が高く、外国からの来訪者が最も多い都市の一つとして知られている。東洋と西洋、グローバルとローカルが混じり合ったコスモポリタン。一歩踏み込むだけで凄まじいエネルギーを感じられる場所。

そこは、香港ー。

香港と聞いて連想するのは、飲茶、ショッピング、カンフー映画…くらいかもしれない。しかし、それは過去の話だ。この街が進化する速度は、日本人の想像を遥かに超えている。つまり、楽しみ方も凄まじい勢いで多様化している。若いあなたが、決して日本では味わえない体験がここにはある。

体験1.
自分の足で街を歩いて
自分だけの地図を作る

2bc8a62a6b259c52611a45f78e638b18ba185a59

香港には若手クリエイターの息吹を感じることができるエリアがある。例えば、香港島の上環(シェンワン)から中環(セントラル)間にある太平山道(タイペンサンストリート)。脇道の壁には、若手芸術家が描いた個性豊かなグラフティアートでいっぱいだ。

さらに、歩を進めると士丹頓街(スタントンストリート)へとつながる。この一帯はSOHOと呼ばれ香港在住のデザイナー、アーティストのアトリエやブティックが点在し、インターナショナルなレストランやオープンテラスのカフェ、隠れ家風のバーなども軒を連ねている。そして、この一角には、香港の流行の発信地としても注目されているPMQがある。

3a32cc3d2bb48933ccf687e5bd4ff1dc0178b1d2

PMQは、一見、普通のショッピング・モールのようにも思えるかもしれないが、この建物の変遷は一線を画している。PMQとは“Police Marriied Quarters”の略。かつて、この建物は既婚者向けの警察宿舎だったのだ。でも、まだ一時代前のストーリーがある…。

実は、この場所こそ、かつて中国革命家の父と呼ばれた孫文も学んだ中央書院の跡地なのだ。孫文といえば、辛亥革命後、亡命して神戸に身を隠したこともあるなど、日本とは深い関わりのある人物。こんな数奇な変遷をたどった後、PMQはトレンディ・スポットとして生まれ変わったのだ。

0522360e37f08d409d7f9b2888d6a4add81c2368

こんな風に見知らぬ街を歩き回り、予想もしていなかったような発見や驚きに出くわすのは、旅の醍醐味の一つだ。香港という街は、それを十二分に満たしてくれる場所だといえる。何故なら、慌ただしく塗り替えられる街角には、幾つもの興味深い歴史のストーリーが息を潜めているからだ。見知らぬ異国を自らの足で歩いて、自分だけの地図を作る。その体験は、これからの人生でかけがえのないものになるはずだ。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

体験2.
東西、新旧の文化が交わる場所で
多様性を感じる

4ed6c29207008b0e2582adf5c42f39bfc90dbae9

香港島の最南端には多くの欧米人が暮らす半島がある。美しい海と緑に囲まれた風光明媚な土地は、まるでヨーロッパのどこかのリゾートに紛れこんだと錯覚してしまうほど。そこは、スタンレー(赤柱)。香港の有名スターの邸宅もある高級住宅地としても知られている。

このエリアは、香港に残る最古の西洋建築物であるマレーハウスが丸ごと移転されたことでも知名度が高い。その外観は、優雅なコロニアル建築。19世紀、イギリス最盛期のヴィクトリア時代を代表する洒脱な建築物であり、歴史的にも貴重な意味を持っている。

721accba06e383333ae385d479b1419e71d3a284

ザ・ペニンシュラ香港のアフタヌーンティ

スタンレーは、かつては香港最大の漁村という一面もあわせ持っているが、何を隠そうイギリス最初の入植地でもある。このスタンレーだけでなく、香港には、アフタヌーンティーをはじめとしたイギリスの文化が色濃く残っていたりする。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

体験3.
摩天楼のビル群を見下ろして
最高のフィーリングを味わう

6505e9fe6799c8ddeba36754be0a221d9a192287

香港には多くの絶景ポイントが存在する。はじめての香港に訪れるならば、ビクトリアピークへ足を運んでみよう。初回なら、オススメは夜。「100万ドルの夜景」と呼ばれる眺めを前に、文句なしに最高のフィーリングを感じることができるはずだ。超高層ビルやビクトリア湾を臨め、香港島や九龍を一望できる素晴らしい眺めを目に焼き付けて欲しい。

もちろん、このビクトリアピークは昼間でも訪れる価値はある。もし、二回目ならば、散歩がてらトレッキングをしてみるのはどうだろう。ビクトリアピークの裏手には、穴場的なスポットが存在する。それが、ピークサークルウォークだ。このコースは、一周約一時間ほどなので、体力に自信がなくても安心だ。15分も歩けば、地元の人に愛されている絶景ポイントへと辿り着ける。絶景ポイントだけなら、往復30分という手軽さなので、超ビギナー向けと言えるだろう。

06e206aaf3e1404392f2437cd870cdfe8a810692

Photo by kyah

もう少し体力に自信があるならば、アジアのベスト・ハイキングコースにも選ばれたドラゴンズ・バックへ。その名の通り、龍の背骨のように見えることから名づけられた尾根を歩くトレッキング・コースは、歩を進めるごとにその表情を変えていく。眼下に広がるのは、遥か下のダウンタウン。その見晴らしのよさは圧巻だ。

目指すは、標高284mに位置するシェクオー・ピーク。そこにある展望スポットからは、シェクオー、タイ・ロン・ワン、トンロン島までが一望できる。その視界の広さは思わずため息が出てしまうほど。

26312dbcaa436ef89896b83051190bc1ace94aea

マイナスイオンを浴びながらの絶景トレッキング。中心街からのアクセスは20分前後とラクなのに、こんなにも爽快な気分になれるとは予想外。香港のトレッキングは、摩天楼のビル群を見下ろせる所に醍醐味がある。日本ではあり得ないスケール感にいやがうえにも興奮度は高まるはずだ。全身で最高のフィーリングを味わおう。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

体験4.
ディープな路地裏で
ローカル気分に浸る

B96a44463372dd457a4a2b3aedd6774b2e84e8b5

香港のエリアは大きく分けて、九龍香港島だが、両エリアとも多くの路地裏があり冒険心が満たされる。

世界中を探しても、香港ほど路地裏が面白い場所はない。観光客で賑わう表通りから、一歩裏道に入るだけで、リアルな香港人の生活を垣間見ることができる。地元の人のためのマーケットには、色鮮やかな野菜や魚介類、あるいは、解体された鳥や豚の姿が所狭しと並んでいて活気があふれている。

6b0209cbb326dbef0472b1cd5b2c4d760fcb28e1

さらに歩を進めると、ローカルの人々で混み合う麺やお粥を食べさせる店が見えてくる。例えば、天后(ティン・ハウ)にある華姐清湯腩(シスター・ワウ)という麺専門店。ランチタイムや夕食時に行列が絶えないその味わいは、ホテル内のレストランや有名レストランと比べても、決して引けをとらないほどだ。たった数百円で最高レベルの麺が味わえるなんて…。改めて、香港の懐の深さを感じることができるはず。

A46dac96bb3901959fdfc8a623fec6f17499f8c5

エリア別のオススメは、まず九龍側の旺角(モンコック)。安くてかわいい雑貨の宝庫として知られている女人街には、洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどの小物がいっぱい並び、香港らしいお土産のまとめ買いに最適だ。また、昼夜問わず人で賑わっている路地裏には、鳥と鳥籠を売っているバードガーデン(雀鳥花園)をはじめ、金魚専門店が並ぶ金魚ストリート(金魚街)、世界のあらゆるスニーカーが揃うスニーカー街など個性的な店があるディープな裏道に出くわすことができる。

香港島には、地元人で賑わっている露店を抜けると世界でも珍しい坂がエスカレーターになっているヒルサイド・エスカレーターがある。エスカレーターに乗るだけで、景色も雰囲気も異なる庶民街から高級住宅エリアまで一気に訪れることができる。但し、このエスカレーターは一本のみで、時間により上りと下りに分かれているので、要注意。

51ea020c7e830b65d7c822ab2347b63bd2439c6074dbd957b5b0df5da183b1153d862f827c97c2d4

香港には、地下鉄、ダブルデッカー(二階建てバス)、スターフェリー、二階建てトラムなど、バラエティに富んだ魅力的な乗り物がいっぱいだ。ローカル食を口にして、地元民に混じってローカル色の強い乗り物に乗れば、よりディープな風景に溶けこめる。必ずしもお金をかける必要はない。日本ではできない体験を通じて、日々、進化する香港からポジティブなエネルギーをもらおう。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

体験5.
もう一つの文化圏へ訪れてみる

時間が許すなら、是非、訪れてみたい異文化共存エリアがある。その地は、香港からフェリーに乗って一時間ほど。日帰りもできてしまう近さだ。イギリスから返還された香港に続いて、ポルトガルから返還されたマカオ(澳門)だ。カジノのイメージが強いため、ギャンブルに興味がない人は、観光に出かけようと思わないかもしれない。しかし、マカオの魅力は、東洋と西洋の文化が見事に入り混じった街並みにもある。

290b0ca0d7d634d0c6a08f7079b57d377c19c86f

マカオには大航海時代から続く、聖ポール天主堂跡大堂(カテドラル)をはじめとしたヨーロッパ調の建築が数多く残っている。それに交じって、中国の伝統的建造物である媽閣廟(マーコミュウ)ナーチャ廟なども見られる。じつは、これらの建物は、全部が世界遺産。マカオには30もの世界遺産が登録されていて、東西の歴史を一度に満喫できる観光地としても、十分に魅力的なのである。

Cd7d25330924f8ca7ed2be1fec9052cc31672a5c

また、マカオに行くのであれば、マカオ料理も忘れてはならない。中華料理とポルトガル料理がフュージョンされた郷土料理は味わい深い。食後には、ポルトガル菓子の代表であるエッグタルトもオススメだ。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

体験6.
世界最高評価の
エアラインに乗る

47686db190cf4db97fd13186d7a3cbeb1c07da8e

できれば、いいモノは若いうちに知った方がいい。その体験は、人を成長させる。価値観を大きく変える。世界最高のレベルを知ることは人生においてとても重要なことだ。同じことは、エアラインを選ぶ際にも言えるかもしれない。便数の多さ(出発地・時間帯)、フライトを選べる自由度の高さを考えれば、やはり、フルサービスキャリアを選びたい。

香港をマックスに堪能したいなら、香港がホームグラウンド故に、その魅力を知り尽くしたキャセイパシフィック航空がオススメ。もちろん、映画などのエンターテイメント、食事、アルコール類も充実している。何と言っても、サービス面は、世界中の航空会社の評価をしているスカイトラックス社の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」最多受賞というお墨付きだ。

4ca8707655d8072f84d2f7ecff29e1c22876db29

エアラインとホテルを組み合わせたキャセイホリデー『ダイナミックパッケージ』なら、24時間365日いつでも予約可能。ザ・ペニンシュラ香港をはじめとした一流ホテルはもちろんのこと、デザイナーズホテルなどもセレクションが豊富。 

例えば、ヴィクトリアハーバーが目の前に広がるインターコンチネンタル香港航空券を組み合わせた場合、2泊3日で5万円台からととてもリーズナブル。現在、ウィンターセール期間中で、その他のお得な情報もあるので、お見逃しなく。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマン...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
20代って、面白いものです。自由に旅する人もいれば、早いうちから夢中になれる仕事を見つけて気がつけばあっという間に30歳!なんていう人もいるかもしれません...
今の時代、私たちの生活環境は、めまぐるしく変化しています。昨日の常識が、もしかしたら今日には非常識になることもある。そして、その変化に順応していける者しか...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...