【Nike×KAWS】毎日通うバスケコートが、ある日突然すごいことになった。

ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。

Nike×NYC

Medium e35ac9503b621695475ae6af216c38faad94766a

さっそくネタバラシ。これは、Nikeがニューヨーク市と組んでリリースした「New York Made」と呼ばれるキャンペーンの第一弾として行われたもの。バスケットボールコート2面をフルに使って、ダイナミックに描き出されています。

「毎日通りかかっていたんだ」
KAWSがコラボ

Medium b0657f5902663fe0f5f5e3b3652c60e6996bf970

手がけたのは、UNIQLOやA BATHING APEとのコラボでも有名なアーティストKAWS。目が「×」になったキャラクター、と聞けばピンとくるかもしれませんね。

ニューヨークを本拠地に活動しているKAWSですが、この公園は以前住んでいた場所のすぐ近で、毎日通りかかっていた場所だとか。

「スケボーのグラフィックとか、コミックとか…僕が影響を受けたアートは、そういうものだったんだ。こういうパブリックアートのいいところは、カジュアルに受け手に届くこと。構えず、知らないうちにアートに触れることができるんだ」

@kawsが投稿した写真 -

@kawsが投稿した写真 -

スポーツに対する
意識も変わる

Medium 22e4390c9da4b39abc9c5f91807071fa856b6290

日本では、こうしたストリートアートの流れを汲むグラフィックがパブリックなものとして見られる機会はあまりありませんが、身近にこんなバスケットボールコートがあったら、スポーツに対する意識も変わってくるかもしれません。

Nikeの「New York Made」シリーズは、これからも続くとアナウンス。第2弾は誰とコラボするのか、今から注目です。

Licensed material used with permission by NIKE
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
多からず少なからず、「庭にバスケットコートがある」という人はいるでしょう。でも、屋内にコートがある家があるんですって!この写真を見て下さい。窓の作りが少し...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
その実績は言わずもがな。NBAへの貢献が認められ、背番号「23」が永久欠番になっているほどです。極度の負けず嫌いで、競争心の塊とも言われた強烈なキャラクタ...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
バスケットボールを更にアグレッシブにしたスポーツ「SLAM BALL(スラムボール)」が話題!トランポリンがコートに埋め込まれており、文字通りスラムダンク...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
「継続は力なり」という言葉がありますが、まさにその通り。続けることで初めて振る舞いに説得力や真実味が備わり、あなたの価値が高まっていきます。では、具体的に...