【Nike×KAWS】毎日通うバスケコートが、ある日突然すごいことになった。

ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。

Nike×NYC

E35ac9503b621695475ae6af216c38faad94766a

さっそくネタバラシ。これは、Nikeがニューヨーク市と組んでリリースした「New York Made」と呼ばれるキャンペーンの第一弾として行われたもの。バスケットボールコート2面をフルに使って、ダイナミックに描き出されています。

「毎日通りかかっていたんだ」
KAWSがコラボ

B0657f5902663fe0f5f5e3b3652c60e6996bf970

手がけたのは、UNIQLOやA BATHING APEとのコラボでも有名なアーティストKAWS。目が「×」になったキャラクター、と聞けばピンとくるかもしれませんね。

ニューヨークを本拠地に活動しているKAWSですが、この公園は以前住んでいた場所のすぐ近で、毎日通りかかっていた場所だとか。

「スケボーのグラフィックとか、コミックとか…僕が影響を受けたアートは、そういうものだったんだ。こういうパブリックアートのいいところは、カジュアルに受け手に届くこと。構えず、知らないうちにアートに触れることができるんだ」

@kawsが投稿した写真 -

@kawsが投稿した写真 -

スポーツに対する
意識も変わる

22e4390c9da4b39abc9c5f91807071fa856b6290

日本では、こうしたストリートアートの流れを汲むグラフィックがパブリックなものとして見られる機会はあまりありませんが、身近にこんなバスケットボールコートがあったら、スポーツに対する意識も変わってくるかもしれません。

Nikeの「New York Made」シリーズは、これからも続くとアナウンス。第2弾は誰とコラボするのか、今から注目です。

Licensed material used with permission by NIKE
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
多からず少なからず、「庭にバスケットコートがある」という人はいるでしょう。でも、屋内にコートがある家があるんですって!この写真を見て下さい。窓の作りが少し...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
1925年から発行されている文芸誌「THE NEW YORKER」。ニューヨークにスポットを当てた記事を掲載しつつも、全米に(世界中にも!)多くの読者を持...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...