暖房でボーっとしたときには、「チョコバニラアイス」でスッキリ!

寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。

アイスに詳しい杏林大学・古賀良彦名誉教授と、「冬アイス」の調査を行った森永乳業にお話を伺いました。

イライラ感が軽減し、
頭の回転も速くなる!?

738c23bfb6e3a94e17aa22af194a4d802b78873d

古賀名誉教授は、「チョコバニラアイス」を食べたあとの状態を検証し、2013年にその結果を発表しました。これは、かき氷状の氷を食べた場合と比較し、脳波や課題解決スピードなどを計ったものです。

前者は周波数の高いα波の量が多く、さらに情報処理速度が向上していて、情報処理速度が向上、氷と違ってイライラ感が軽減されていました。

つまり、アイスクリームを食べたことで脳内が勉強などに向いた状態になり、覚醒が促され、ほどよくリラックスできたと考えられているようです。氷では、爽快感や集中力が減少し、疲労やイライラ感が増す結果になりました。冷たいものを食べればいいというわけではなさそうです。

集中力が落ちて眠くなったら、
チョコバニラアイスを食べてみる。

98164c9ae6322fdb1ba75292771c692d83d4dab6

古賀名誉教授によれば、人間は寒い時期になると「交感神経」を活発化させ、体を緊張させたり震わせたりして体温を保とうとします。一方で、暖まった職場や家に居ると「副交感神経」が働き、体の緊張がほぐれて気分が穏やかに。次第に眠りに誘われていくのだとか。そこで、頭をスッキリさせるためにオススメしているのが「チョコバニラアイス」というわけ。

2016年11月に発表された森永乳業による意識調査において、冬にアイスを食べたくなる理由の第一位は“部屋が暖まると冷たいものが食べたくなるから”、第二位は“気分転換になるから”でした調査に対する古賀名誉教授のコメントは、なるほどと思えるところがあります。

3e2c3e185dfbcf53486fee9e6197fda3ea810882
「今回の調査によると、冬にバニラとチョコレートフレーバーの、食感がなめらかで濃厚なアイスを好んで食べる人が多いという結果が得られました。それは、暖かい部屋の中でくつろぎ過ぎてしまった気持ちと体に、丁度良い緊張感や覚醒効果を与えてくれます。人は自律神経のバランスがほど良く保たれるように、自然にチョコレートアイスを好んで食べているのだと思います」。

冬にアイスを食べたくなる気持ちって、シャキッとしたい!という意思の現われなのかもしれません。それに、濃厚なアイスを食べることで幸福感を感じる人も多かったとか。

仕事や勉強中にちょっと気持ちを切り替えたいときは、空気の入れ替えをしつつ、パクっとひと口チョコバニラアイスを試してみては?

Licensed material used with permission by 森永乳業, 古賀良彦名誉教授
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
表参道から外苑前へと抜ける裏通りの路地を歩いていると、この看板が目に飛び込んでくる。「GOMAYA KUKI」、ここはごまの老舗が手がける、ごまアイスの専...