超濃厚な「シェイク シャック」の絶品アイス。もう食べた?

健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイスに注目。

毎日お店で作られている、クリーミーで濃厚なフローズンカスタードは、コーンシロップなど砂糖以外の甘味料を使わずにつくられています。シェイクや「コンクリート」は一度食べておいて損はなし!店舗によって違った味が楽しめるオリジナルメニューをチェックしてみて。

「コンクリート」って?

Medium 0dab2510f64a58d15cfb081219e243e3452d23a8

フローズンカスタードと厳選したトッピングを高速でミックスした、シェイク シャックオリジナルのアイスが「コンクリート」です。

たとえば、相性がいいのは風味が強く後味があっさりなグルメポテトとして人気のユーコンポテトをクリンクルカットにしたフライ。交互に食べれば、塩っ気と甘みで無限ループに陥るという魔性のアイス♡

日本1号店の外苑いちょう並木店にある、日本限定メニューを見てみましょう。

日本らしい素材をミックス♪
「Walk In The Park」

Medium eb67b6ca349edbae6314a1084ed7bfe247cea39d

バニラカスタードに、ゆず味噌キャラメル、抹茶マカロン、抹茶、きな粉をトッピング。テーマはまさに和。夏にピッタリですね。

新鮮なイチゴとバナナを堪能
「Strawberry Banana Crunch」

Medium 17fac3865f45d993fcd806ca0f3448de4a691e7d

バニラカスタードにストロベリーピューレ、シーソルトショートブレッド、フレッシュバナナをトッピング。新鮮なフルーツの香りが楽しめそう。

こだわりのカカオ豆入り!
「The Tokyo Edition」

Medium 43c3af93ca0ce69c760a713be4b08365f37aeb24

チョコレートカスタード、バニラカスタードに、世界から良質のカカオ豆を選び、仕入れから製造まで自社工房で行っている「Minimal(ミニマル)」の Cocoa Nibs が入ったコンクリート。黒ごまペーストや、マシュマロソースをトッピング。

チョコの塊とブラウニーが濃厚
「Shack Attack®」

Medium 288ec7a7f0b4b0fc34ddccdc04e7cce894586929

チョコレートカスタードに、NYで行列をつくる「ドミニクアンセルベーカリー」の日本店がシェイク シャックのためだけに毎日焼いている、ミルクチョコレートポップコーンブラウニーが入ったコンクリート。

ファッジソースに、フランスの老舗チョコレートメーカー・ヴェローナのチョコレートチャンク、チョコレートスプリンクルをトッピング。豪華なコラボがたまりません。

そのほか、黒ゴマペーストを使ったシェイク「ブラックセサミ」も日本でしか味わえないもの。そして、2号店のアトレ恵比寿店にも限定メニューが登場していますよ!

とろけるマシュマロソース♡
「E-bean-su(エビーンス)」

Medium 614907ccb5e338445171d4345162c84177da4e05

バニラカスタードに小豆キャラメル、マシュマロソース、シーソルトショートブレッド、きな粉をトッピング。

チョコバターナッツ?耳ピク!
「Chocolate Peanut Butter Crunchcrete」

Medium 53794c54ff4988802a358b90518fd0bc44817680

チョコレートカスタードにピーナッツバターソース、ヴェローナ社のチョコレートチャンク、チョコレートトッフィーのチョコレートピーナッツをトッピング。

とろふわソースと、
ポップコーンブラウニーが贅沢
「The Third Man’s Mix」

Medium 8f8a403f104df5fd8e7d961ea320250481e8880f

チョコレートカスタード、バニラカスタードにマシュマロソース、「ドミニクアンセルベーカリー」のミルクチョコレートポップコーンブラウニー、チョコスプレーをトッピング。

恵比寿駅構内に流れる発車メロディ、映画『第三の男』のテーマソングからネーミングしたそうです。ゼッタイ聞き覚えがあるはずなので、こちらも要チェック。

フローズンカスタードは、定番のバニラとチョコレートのほか、週替わりのフレーバー「Weekly Custard」もあります。何度も訪れてチェックしたくなっちゃいます!

夏のメニューが、
豊富すぎて困る…。

アイスのほか、店で手づくりしているオリジナルレモネード「シャックメイドレモネード」で喉を潤すのも◎。2ヶ月ごとにフレーバーが替わる「スペシャルフレーバー」や、レモネードとアイスティを半々に混ぜた「フィフティーフィフティーTM」も見逃せないんです。

むし暑い夏の夜を、ハンバーガーと相性抜群のドラフトビール「シャックマイスターエール」でキックスタートするのもアリ。とくに「アトレ恵比寿店」では、日本のビールなどアルコールメニューも充実。アイスの甘みとビールの苦味のマッチングもイイかも!試してみては?

Licensed material used with permission by Shake Shack
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
「シェイク シャック」は、発祥の地アメリカはもちろん、世界9ヶ国に熱狂的なファンを持つハンバーガーブランド。健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハン...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
“フレッシュなとうもろこしをバター醤油で香ばしく焼き上げ、とうもろこし味のソフトクリームにとうもろこしジャムをトッピング”。神宮前にあるドミニクアンセルベ...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
神秘の国トルコ、といえばアイスクリーム!とは言わないまでも、あの粘り気のある「トルコアイス」は知っている人も多いですよね。ここで紹介するのは、YouTub...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
まずは、この一枚の写真を見てください。一見すると、ドッジボールやバレーボールに使えそうな青い球体。でも、決して「球技用」に作られたものではありません。実は...