真っ黒アイスに肉汁キャンディ!?インスタで話題の変わり種アイス4選 in NYC

アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。

だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストばかりだった。で、ハッシュタグサーフィンしてみると、ポップカルチャーにインスパイアされたお店から、健康志向生まれの衝撃フレーバーまで、気になるアイスが結構ある。せっかくだし、ニューヨークならではの変わり種を独断で4選、実食してみた。

後味スッキリの真っ黒アイス。
モーゲンスターンズのココナッツアッシュ

流行に敏感なニューヨーカー。ちょっと前まで生地が虹色のレインボーベーグルに沸いていたかと思えば、お次は真っ黒けのアイスクリームに夢中らしい。

「またかっ!」と思ってしまうほど最近よくタイムラインに流れてくるのは、「#CoconutAsh(ココナッツアッシュ)」。マンハッタンのバワリー地区にあるアイスクリーム屋「Morgenstern’s Finest Ice Cream(モーゲンスターンズ・ファイネスト・アイスクリーム)」にて、今年4月に登場した新フレーバーだ。

8c6a28815aa30c9a7836157dacb6ba6e92ef9e14

店内は超満員。行列は外まであふれる

特徴は何といっても真っ黒けのビジュアル。これまでにないパンチの効いたその見た目から、SNSに投稿するニューヨーカー続出。さて、気になるそのお味はイカスミ…ではなく、ココナッツの殻の灰。材料は、ココナッツの薄片にココナッツクリーム、そしてリッチな風味を醸し出すココナッツミルクだ。

5039c3a8ab1dc106e2f83ce50375d3c4a8bf1a34

材料はこれでもか、とココナッツづくしだが、正直ココナッツの味は感じられなかった(インスタのコメントにも同意見多数)。が、しつこすぎない甘さとさっぱりとした後味で、余裕でダブルをペロリ。これはインスタにポストして満足、ではなくリピートしたくなる美味さ。

7607de06a4ff40ce945e40c582c4f60fd0efdc06

コーンは3種類から選べる。

163ee3a2f6a59c12b611cfd55a7011a1076c357d

オーダーはひっきりなし。お姉さん、休む暇なくせっせとスクープ。

30度を越す猛暑日が続くニューヨーク。外で食べる際はすぐに溶けてしまうので、コーンよりカップがオススメ。

E16268014d405445ee58b4895fea8a723b6f5ec1

食べ終わる頃にはこんなことに。

ちなみにこのお店、先月はカニエ・ウェストの39歳の誕生日を(勝手に)記念し、彼をテーマにした期間限定メニューを販売する「カニエ・アイスクリーム・ウィーク」なるものを勝手に開催。“美味しい”だけでなく“面白い”も発信してくれる、要注目のアイスクリーム屋である。

欲張りさんにはコレ!
マイキー・ライクス・イットのダディマック

イーストビレッジにある「Mikey likes it(マイキー・ライクス・イット)」は、ポップカルチャーにインスパイアされたアイスクリームブランド。

33d389a61537af7f35c6a16385c94e7af80cabbf74b31c6b02dd078892092956cbe059c3783eeda8

青と白を基調にした奥に長い店内。イートインスペースは2席のみ。

ラッパーやDJ、さらにはヒラリー・クリントンも足を運ぶ、ホットな店だ。各月でアーティスト、映画、曲をイメージしたフレーバーが登場し、それに合わせて店のシャッターのグラフィティも変わる。

Ef7442b88c33564b6b8a05e3d72d0d0899f1de05

新人のネイクウォン君。

販売するアイスクリームは、オーガニックとナチュラルにこだわっており、全て手作り。またリクエストがあれば、ラクトース(乳糖)フリー、ビーガン、グルテンフリーでの製造も行なうなど、ただイケてるだけでなく、お客のニーズに沿っているところが二重丸。

注文したのはインスタで一目惚れした、ワッフルとアイスクリームが3段重ねになったダディマック。さっそくスクショ画像を見せて「コレください!」。

5af06660b51e296b0f7e462283bfdfff5330805a

よいしょっと。

Ee84ed5cb3ee58e64c8679156101224303cf49d0

「バランスが大事なんだ」

7493df0e82630c3f3a7d8f693bb6934ef24b357a

熱々ワッフルでアイスクリームが溶けてしまい、インスタのように上手く撮れなかった…(泣)。

ワッフルとアイス、それぞれお好みのフレーバーを選べるので、今回ワッフルはプレーンを、アイスクリームはアイス・アイス・ベイビーというバニラをチョイス。焼きたてワッフルと冷たいアイスクリームの組み合わせは、文句ナシ。3種類のバニラビーンズがブレンドされたバニラは、濃厚でかなり甘めだったが、オーガニックということで(?)罪悪感を感じることなく完食した。

そのアイスが手に入るのは日曜だけ。
スパイスが効いた、マライのゴールデン・ターメリック

インドからアメリカに移住した母が作る、スパイスたっぷりの手料理で育った、オーナーのプージャさん。サフラン、マサラ、カルダモンといった香辛料に感化され、型破りなフレーバーのアイスクリームに興味を持ち始めた彼女は、昨年アイスクリームカンパニー「Malai(マライ)」を設立。

マライは店舗を持たない。なので購入できるのは、オンラインか移動販売のみだ。 毎週日曜にブルックリンのプロスペクト・パークで開催される、個性豊かな屋台が集まる食のマーケット、スモーガスバーグに行ってみた。

978081986a99cb9313825875cbda0820ee6fa8f0

ブルックリン最大の公園、プロスペクト・パーク。この看板が目印。

069d810f0ddd4756421e270dd411cb9b5f332b9d

ニコニコ笑顔で接客してくれるプージャさん(左)。

2fa6dafb1f5465b55ac453cbc078cbfaf4dc324b

ウェブサイトには14種類のフレーバーが掲載されているが、この日は4種類のみの販売。

すべての商品にスパイスを使用しているというユニークなラインナップの中から、今回オーダーしたのは、眩しいほどに黄色いゴールデン・ターメリック。MalaiIceCream(マライ・アイスクリーム)のなかでも、一際目立っていたフレーバーだ。

Fbce5408590f226bd171a6f003443e47f58a4d85

ターメリックがブレンドされたこちらは、アクセントに生姜が効いていて、ほんのりピリッ。エスニックっぽさが香る、夏にもってこいのフレーバーだ。5種類のスパイスから作られたという、真っ赤なコーンとの相性も抜群。

B07f95d429668b0c145708ee0a977395daf1deb0

記念写真も忘れずに。

健康志向のスプリングボーン・キッチンから誕生した
異色の肉汁アイスキャンディー!

3億円の大赤字を叩き出した、ガリガリ君のナポリタン味以来の衝撃フレーバーが、ここニューヨークで誕生した!ウェストビレッジにある健康食レストラン「Springbone Kitchen(スプリングボーン・キッチン)」が先月から発売を開始したのは、その名も肉汁アイスキャンディー!

A6612ff5626f5ef4d9cc2e8902b7fff8d44e7882

肉汁アイスが出てきそうな感じは全くしない、爽やかな外観。

11146517ddef464ae8ead6894f40e974e06f65d4

度肝を抜く響きのこのアイス、牛肉を使ったブイヨンに、ココナッツミルク、ザクロジュース、ラズベリーのピューレとメープルシュガーを混ぜて作られたもの。その昔、膝に怪我を負った際、理学療法ではなく毎日ブイヨンを飲んだことにより治癒した経験を持つ店主。ブイヨンに絶大な信頼を置く彼が「暑い夏でも気軽に楽しめるように」と、開発したわけだ。

D3bda89570f84bebc7140cb393efcbd10d2564413977fa21ad920738f30b2fdc07a71acffb2107a6

左から牧草で飼育された牛肉のブイヨン、放し飼いで育ったチキンのブイヨン、日替わり野菜のブイヨン。

インスタのオフィシャルアカウントページには、朝の某トーク番組にて実際に試食した男の子が「Oh…something really disgusting…(わっ…何かものすごく胸くそ悪い…)」なんて言っている動画がポストされていた。「ゲテモノ苦手…」と少し躊躇したが、意を決していざ実食。

5c5793ed2101be6adbaea7573e1fa9e7853e26c5

正直、肉の味はまったくしなかった。肉汁と言われなければ分からない。ほんのりラズベリーの味が舌に残る、いたって普通のフルーティーなアイスキャンディーだ。なんならサクレの様なサクサクの食感に「もう一本!」とおかわりしたいくらいだった(アイスクリームと違い、途中で溶けることもなかったし)。

美味しいうえに健康にもいいだなんて、なんとも一石二鳥。騙されたと思って試す価値ありだ。

7ae31f11aa5dd1d9be2dd3012f51102e6d0ef710
HEAPS

「時代と社会の、決まり文句にとらわれない」ニューヨークに拠点を置く、サブカル&カウンターカルチャー専門のデジタルマガジン。世界各都市の個人・コミュニティが起こすユニークな取り組みやムーブメントをいち早く嗅ぎつけ配信中。世界のマイノリティたちの生き様を届けます。www.heapsmag.com

Text by Yu Takamichi
Photo by Yu Takamichi
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
表参道から外苑前へと抜ける裏通りの路地を歩いていると、この看板が目に飛び込んでくる。「GOMAYA KUKI」、ここはごまの老舗が手がける、ごまアイスの専...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...