-196℃以下の液体窒素でつくる、「ワインアイス」でヒンヤ〜リしたい!

ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一瞬のうちに冷却する、大人がよろこぶアルコール入りのもの。

化学実験じゃありません!
アイスを作っているんです

D3cbd9f0d44941d391d7034183291216e7dc0ff11cfd72a3cad38c2086c0c5bf416f059464e78ede

白衣姿の男性ふたり。なにやら手元がトンデモナイことになっていますが、これは化学実験でもなんでもありません。彼らはいま、話題のアイスクリーム製造の真っ最中。

じつはこのスモーク、-196℃以下の「液体窒素」を使って瞬間冷却させる際に生じる冷気なんです。

Medium da9e3619407a65815c416fdf7050744fb2cd324b05cd478df1e15e842a1964f38703f4bad727cd56

一瞬のうちに急速冷却できる液体窒素の特性を活かして、彼らがつくっているのは、もちろんただのアイスではありません。これは、“オトナのため”のアイス。アルコール度数約10%のワイン入りのアイスなんです。食べればちゃんと酔いがまわるんだそうですよ。

Beee6acf789ba59b21061f7a05fc8a332728f703

ボルチモア生まれのアイスブランド「Wiinecream」がつくる、ワインアイス。今、アメリカでちょっとした人気を呼んでいるシロモノなんですが……やっぱり、この独特の製造方法にどうしたって注目してしまいますよね。それにしてもこの煙、まぁ白衣が似合うこと似合うこと。

これが、液体窒素でつくる
ワインアイスの全容

Medium 58f95f1f5a1287ffc9ee62a97180f34407da05ea

まずは、赤・白ベースになるワインを選択します。このワインもアイスに合うようルーツを漬け込んだ、いわばサングリアのようなフルーツワイン。次に数種類のフルーツピューレから一つを選び、最後にトッピングするフルーツやクッキー、チョコレートチップ、ナッツなど、好みに合わせて加え、いざ-196℃の液体窒素をブシャー!

Medium adce3e0007a524d4c88107f168651e2e4f3d1d25

わずか数秒、豪快な煙幕で中の様子が見えませんが、その間もこねこね。

Medium 3ea02817d3ecc2ac3a53cd98afb3fe44c3f4a1e6

すると、いい塩梅に固体化したWinecream。あとは、コールド・ストーン・クリーマリーのように、こねこね混ぜ合わせてできあがり。

Medium b46f84e9c97d7a72cd2fea0a25b0c3137907ec1d

これは、おいしそう!

冷たいアイスを食べながら酔っ払うって、どんな気分なんだろう?もちろん、おいしいからって食べ過ぎは禁物。アルコールに弱い人だと、きっと気付かぬうちにぐでんぐでんになっちゃいますから。

ひんやりアイスを開発した
あったかファミリー

Medium 7d7856532b1fd53d08b0fef285565ddb5b0d5326

なんでもこのWinecream、子どもたちがみな実家へと戻ってきたクリスマス休暇の際に、液体窒素で瞬間冷却させるアイスを思いついたそう。従来のようにアイスクリームの原料にフレーバーとしてワインを使う、というものではなくワインの風味やアルコールを直接感じるための施作だったとか。ベストな配合を見つけ出すために家族は試行錯誤。

ようやく、たどり着いた納得の味と大きな液体窒素ボンベを担いで、家族は料理フェスやワインイベントへ。これまでのものとはひと味もふた味も違う、ワインの風味にファンが急増。あれよあれよと言う間に、いまやイベントに引っ張りだこのファミリーです。

夏フェスやイベントで
大人気間違いなし!

Medium cf2b83c85af372b2aad96c0036e1c56d924347c9

ところで、今でこそこうしてアイスだったり、料理にも利用される機会の増えた液体窒素ですが、。その始まりは“世界一予約の取れないレストラン”と言われた、あの「エル・ブジ」だという話も。料理をはなやかに見せるための演出と、液体窒素で凍ったものがまた溶け出す妙味を狙っていたり。急速冷却の料理、きっとこれからもどんどん登場するんでしょうね。

これ、日本の夏フェスに登場したらゼッタイ流行ると思いません?ピニャ・コラーダやダイキリ、うーん考えただけでも……食べてみたい!

All Photo by :Tasha Dooley

Licensed material used with permission by Crossroad Company, LLC, Tasha Dooley
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...