20歳以下厳禁!カラフルキュートな「大人のアイス」

カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用。着色料などは 一切使っていないのだそう。

ストロベリー・モヒート

Medium f4d96e080ca7eed9301ff50c8deca02dbaed06b1

ラム、ストロベリーピューレ、フレッシュなミントとレモン。アルコールは6.5%。

ピーチ・ベリーニ

Medium 9a9ef78c007e9d91d75157f3484c9e60ab3eda24

プロセッコと桃のピューレを使っていて、アルコールは4.5%。

ジン・フィズ

Medium faaa7a87ef0af1e72e2429ab04d351e25f07d63b

ジン、キウイピューレ、きゅうりとレモンの果汁。アルコールは7%。

メロン・スピリッツ

Medium 26296cddeeafdc9c4796a755eea2cb06eebd9c94

ビターオレンジやスイートオレンジなど、さまざまなハーブを使ったイタリア生まれのリキュール「アペロール」、メロンピューレとオレンジジュース。アルコールは3%。

ベリー・ベリー

Medium 811af16127be831a9da53959df37a8180fd0451f

すいか、いちごとラズベリーのピューレを使用。こちらはノンアルコール。

イベントやパーティで
引っ張りだこ!

Medium 4c5008263ed75084e730ea1a1c2004945b584765Medium d807facd440f0d31c26489de68db8a4f3a4a6fc6

ありそうでなかったこのアイスキャンディー、作り出したのはロンドン在住のフランス人女性、Laura FaehさんとCecilia Thomasさんのユニット「Lapp」。Ceciliaさんが、ウォッカを使ったアイスキャンディーを提供するキャンペーンのデザインに取り組んだことから着想を得たのだそう。オリジナルのグラスに入れて提供するというのもユニークですよね。

Medium 300210026b81cf6aa021f7bce019bb86ebd46111

ビールのアルコール度数がだいたい5%なので、ちょっぴり強いものもありますが、リラックスタイムやパーティにもぴったり。他のフレーバーも開発中なのだとか。

現在はパリやロンドンでのフェスやバー、クラブなどで楽しめるそう。さわやかな夏の夜に食べてみたい!

Licensed material used with permission by poptails
Top Photo by Aleksandra Kingo
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...