おやすみ前の「読み聞かせ」にこんなガジェットがありました

毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。

子どもに賢くなってほしいと望むならば、おとぎ話をたくさん読み聞かせてあげなさい。もっと賢くなってほしいと望むならば、もっともっとおとぎ話を読んであげることです。

子どもが起きている時間に帰った日には、ベッドの中で絵本を読み聞かせるのが僕の役目。感情豊かな子に育つとか、言葉を覚えるのが早くなるとか、いろんな可能性が語られていますが、それより僕は絵本の世界観をふたりの子どもたちと共有する時間に、大きなメリットを実感する日々です。

なんですが…何度も読み返しているうちに、親も子もストーリーが完全にインプットしてしまい、あの本もこの本も、こちらが読み聞かせる前に内容を語られてしまうように。こうなるともう、新しい絵本を探すほかない。もしくは、こんなガジェットもアリだと思いました。

スマホのLED照明を使って
天井に絵本の世界を投影

6cf687d4e8a4161ff424145ac85349a00372baee450a262a670e183be3b9de0a62c369f22a289c03

NY在住のNatalieママは、4歳になる娘Chloeちゃんへの読み聞かせのバリエーションとして、小さなスマホ用プロジェクターを開発しました。

フラッシュ用のLED照明を利用した「Moonlite(ムーンライト)」は、フルHDのイメージを天井や壁に投影しながら、専用アプリ(iOS、Android共に対応)を通して効果音と音楽で、子どもに読み聞かせていくためのガジェットです。

なんだかこれだけで絵本の世界を飛び出して、目の前に新しいベッドタイムストーリーを演出してくれそうな予感がしてきませんか。新しい本を買い与えずとも、誰もが知る童話作品がアプリにずらり。これはパパママにとってもありがたい。

0de4deef80343fa01b0bf06ccbf4641b958d2d3f2ad3c4a1b630a4a55ce5108f675e745c151b4244

専用のカートリッジをプロジェクターに差し込んでアプリを起動させたら、カチカチとダイアルを回していくだけ。その動きに合わせてスマホ画面では、物語が展開していきます。親も寝っ転がって絵本を読む場合、両手で本を支えながらページをめくっていく作業は、なかなかの重労働。それを考えれば、スマホ1台分の重量なんてたかが知れていますからね。

物語の場面ごとに用意された効果音
物語への没入感もUP

C47cfe8e9ecac0369818e32c5ff006a9cd94aaa3

「ゴロゴロ」、「チュンチュン」、「キラキラキラ」、こうしたオノマトペをいかに表現するかも、読み聞かせる親の腕の見せどころではあるのですが、どうしたって表現しにくいものもありますよね。そこはMoonliteにすべておまかせでOK。物語によりリアリティを生み出す、これも子どもたちをベッドタイムストーリーの世界へと没入させる効果のひとつにもなるはず。

ほかにもアルファベットや動物など、学習教材としても利用できるカートリッジもあったりと、Moonliteの使い方は自由自在のよう。

絵本がすべてこれに取って代わる訳ではないけれど、こういったオプションがあれば、就寝前の子どもとの時間がもっと楽しくなるかもしれない。スターターキットで35ドル(約4,000円)と聞いて、ちょっと食指が動いてしまいました。

Licensed material used with permission by Natalie Rebot
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、目標金額の27倍もの資金調達に成功した注目度大のガジェット。それが、ここで紹介する「Sleep ...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
アミューズメントパークの花といえば、やはり絶叫マシン。スリル満点で味わうあの疾走感に一度でも体が反応してしまえば、もう快楽を抑えることはできません。ところ...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとて...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...