動物のイラストに透ける、大自然の風景画

毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。

このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置くデザイングループ「WhatWeDo」によるもの。

動物の体の奥に宿る
大自然の記憶

670510a450b83bfa4de3ac8caa50dbd09228f1c1925659830f73d003f4f9f8f6ea159c139f78ce46

動物たちのさまざまな姿は、長い進化の歴史の中で形作られてきました。自分たちの住む環境に最もよく適応した姿へと、徐々に変化していったのです。

動物たちの体の向こうに彼らの暮らす風景が透けて見えるのは、その動物たちを作り上げた、偉大なる自然への敬意を表現しているのかもしれません。

Fe1f505de16a0739b6a740f4a65e24bd5f4b08fb

インテリアデザイン発の
美しいポスター

「WhatWeDo」は、建築家のHanneと、グラフィックデザイナーTobiasのカップルからなるデザインユニット。それぞれのスキルを活かして、美しいグラフィックだけでなく、アニメーションやインフォグラフィックス、果ては空間やインテリアまで、幅広いデザインを手がけているそう。

8e68c3469e60ea811a836ef56c8a10f0346168b1

このイラストレーションも、印刷し額装して室内に飾るためにデザインされたもの。北欧のインテリアデザインは多くの国で高い評価を得ていますが、自然豊かな北欧のイメージを閉じ込めたこのイラストレーションは、そんな部屋にもぴったりでしょう。

95f97c316bb3f368089e9ac947ff5c407ee6c0a2

こちらのイラストレーションがオフセット印刷されたポスターは、A3サイズと50cmx70cmがあり、それぞれ29.95ドル(約3,500円)と39.95ドル(約4,600円)。日本にも発送してくれるようなので、動物を育てた大自然に思いを馳せたい人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Stefan Gevers, Paper Empire
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
右から左に書く形式、文法が難解、そもそも辞書を引けるようになるまで1年以上かかる...などなど、習得が大変という話題に事欠かない「アラビア語」。そんな、知...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
バンクーバーを拠点に活動するCrystal Hoさんは、動物をテーマとしたアイテムを制作しています。時計やトートバッグ、ステッカーなどラインナップは多岐に...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...