【脳の科学】男と女。賢いのはどっち?

「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。

男女差は本当にある?それともイメージだけ?

「AsapSCIENCE」の動画が、その違いについて解説!

大きさは男性
表面積は女性

どうやら、男女の脳に違いがある、というのは本当のよう。

脳のサイズを比べると、男性のほうが8〜13%大きいそうです。これは、体のサイズが影響しています。しかし、女性のほうが脳皮質がたくさん折りたたまれていて、ひだが多く、皮質表面の面積は大きいのだとか。

0438bef425cccc4c8898f49d758a12641b5a9378Fe842d492f6771178ceeac710181b995181c05e1

ちなみに、脳の大きさがダイレクトに知能に影響しているわけではないそうです。クジラやゾウは人間よりも大きい脳を持っていますが、認知能力に優れているわけではありません。

男性は空間把握能力が高い
女性は言語能力が高い

999944c703b412aa70b7812a1694275b261e7e8a3ef771e33253522d699aed86720a82ee3695f05b

男性と女性で、知能指数そのものに有意な差はありませんが、分野によって得手不得手はあり、両者を比較すると、男性は空間把握能力が、女性は言語能力が高いと言われています。

ちなみに、成績が一番悪いグループも、一番良いグループも男性に偏っているという傾向も…。

男女の成績が同じ国も

096b652769b50b3883ba7bec4bf040f72129a812

また、国際的な学習到達度調査「PISA」によると、男女ともに同じレベルの成績を収めた国もあれば、大きな差が出た国もあるそうです。

これは、生物学的な差よりも、国の文化や環境による影響がある可能性を示唆。

「男女差がある」と聞くと
テスト結果が変わる…

48adef4b06b03875d21540053f84438e09294832

さらに数学のテストをするとき、事前に「男女差がある」と聞くと女性の成績は著しく悪くなり、「男女差はない」と聞くと女性の結果は男性と同等になる、という実験結果もあるんだとか。

ステレオタイプは
6歳から始まる?

Aa177f63f6f07ac5f116ae64ca89c2d791b64857

こんな実験もあります。「本当に賢い人」の話をするとき、5歳児は自分の性別と関連付けて賢さについて語ろうとします。

E8f86daf6f840a05ed3820d3c476d24ddc2b0a8a

しかし、6歳になると男女ともに男性を例にあげて賢い人について語ろうとします。

C4dff0fe403be1789fe6ae2879bcbeaef35b949d

「賢い人のためのゲームだよ。やりたい?」と聞くと、5歳では男女ともに「やる!」と答えますが…。

E7a2acdf2d5823cf0d1020274b6ad1e22e724060

6歳では男の子は「やりたい!」というのに、女の子は「やらない」と言う傾向にあるんだとか。

同じ応募書類なのに…

Dbf3002a75e2022d1230dde26c762b7166360ed4

男女による思い込みは就職にも影響するようです。研究所のマネージャー職に応募してくる書類に、男女の名前をランダムにつけたところ、男性の名前のついた応募書類のほうが有能な候補者だとみなされる傾向がありました。

さらに、最初にオファーする金額も男性の応募者への提案のほうが高い傾向に。

女性研究者の
活躍の場は?

Be3c75a4729f181773ca35c7536b532cbf405a80

険しいイメージがありますが、一流の研究者として活躍している女性はたくさんいます。

ロザリンド・フランクリンはDNAの二重螺旋構造の発見に多大な貢献をしていて、キャサリン・ジョンソンはアポロ11号の月面着陸を支え、マリアム・ミルザハニは数学のノーベル賞とも言われるフィールズ賞を、女性として初めて受賞しました。

それを受けて、数学者のイザベラ・ラバは次のように述べています。

「ミルザハニが選ばれたことで『女性も男性と同じレベルで数学の研究ができるんだ』と思ったわけじゃないわ。

だって、私はもともと、そのことに疑いを抱いていたことなんてないから。

私はこう考えているの。私たちは社会として、男性も女性も、数学の能力を持っている女性を奨励して力をつけさせて、その成し遂げたことの素晴らしさに気づけるようになるべきだって」

脳の「男女差」について考えさせられる動画、いかがでしたか?

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
オーストラリア・モナシュ大学が行った最新の調査で、脳内の特定の部位の密度によって、共感する力に違いがあったそうだ。科学誌「Science Direct」に...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
「自分の体は自分のもの」「私は私」。日々なんとなくそう思ってしまいますが、実は科学的に見ると「わたし」というのはとっても曖昧な概念なんだそうです。公開から...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。甘...
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
最近嬉しかったことは何ですか?今日は新しい発見がありましたか?明日、楽しみな予定はありますか?椅子から動かなければ肩がこるように、毎日が変わらなければ脳も...
「UPLIFT」で、ライターのJacob Devaney氏がヨガをすることはカラダの痛みを和らげるという記事を書いています。氏曰く、ヨガや瞑想など精神を大...
なんとこれ、注いだ水がそのままジュースの味に変わるそうです。なにかが溶けていくのでしょうか?いやいやそれだったらまったく驚きませんよね。注がれたあともカッ...