先人の知恵はやっぱりすごかった。古代エジプトの技術を使った「自動水やりポット」

テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。

たとえば、消臭剤代わりにコーヒーかすを置いてみたり、研磨剤じゃなくて塩を使ってみたり。むしろ新しい技術より効果的なこともしばしばです。

そして、面倒くさい植物の水やりも、そんな「古代の技術」が使えました。

古代エジプトから伝わる
「自動水やり」の知恵

Ee60efa72c75f43e0f03b42a417d929f71953484
自動水やりポットの「Clayola」は、古代エジプトの水がめから着想を得ています。なぜ自ずと水を供給してくれるのかというと、「土」を使っているから。土を固めると、粒と粒の間に、目には見えないほどの小さな隙間がたくさんできます。この穴から、自然に水が滲み出るのです。
 
メカニズムは、植物から水が蒸発する→根っこが土から水分を吸収する→「Clayola」から水が滲み出て土に供給される、というシンプルさ。気化した分だけ水が取り込まれるので、供給過多になってしまうことはありません。
 
また長い間埋めておくと、植物の根がポットに巻き付き、より効果的に水を吸い上げられるようになります。

一つひとつが
職人のハンドメイド

C30da6c4ab329ec0b866908ab406e4a400787ead

「Clayola」は、すべてエジプトの職人によるハンドメイド。1回水を満タンにしたら、1ヶ月ほど自動で水やりをしてくれます。6個セットが約30ドル(約3,300円)で、世界中に配送してくれるそう。

C2de582d941eb2b63232f7a075fe18879d91714b

「何千年も前から、北アフリカで使われていた古代のテクノロジー。私たちは、それをちょっと効率良くしただけですよ」

便利さで溢れかえっているからこそ、先人たちの知恵に立ち返るのも良いのかもしれません。

Licensed material used with permission by Clayola
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
ごはんとパスタと豆、これらの炭水化物を一皿で食べる。世の“低糖質”の潮流に逆らうかのようなこの組み合わせは、エジプトに実在する国民食の「コシャリ」。なんで...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
そんな簡単なことで体重が減ったら苦労しないよ、とお怒りのあなた。ちょっと待って! 英・バーミンガム大学が実際に調査を行い、その成果として"水を飲むことによ...
ふと何かに悩んだとき、迷ったとき──。自分自身で考えて決断できるとベストですが、なかなか答えが出せず、選択を天に任せたいことがあるかもしれません。そこで、...
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つ...
これは、先人の知恵が詰まった数ある言葉を紹介した記事のなかでも、「Collective-Evolution」に掲載され話題になったものです。以下、全文転載...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...