スウェーデン×東京。「ONIBUS」のコーヒーカッピングへ。

世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北欧の冬はその上を行く暗黒だと聞いていました。なんでも上には上がいるものです。そりゃコーヒー飲まないとやってられないよね、北欧の住人たちよ。

そういう気候だとコーヒーがよりおいしく感じるのかもしれません。現に私はシアトルの冬、雨が降るグレーな日に飲む熱いコーヒーが大好きです。そんなチラチラ気になっていた北欧のデンマーク、スウェーデン、フィンランドへコーヒーの旅に2年ほど前に行って来ました。

北欧はシアトルで飲まれている濃いめのコーヒーとは違い、フルーティな香りのする軽めのコーヒーが好まれていました。それもまたおいしくって。

また行きたいなと思いつつ、なかなか行けずにいたら、なんと向こうから来てくれました。スウェーデンのロースター「Koppi」が来日して、東京の「ONIBUS COFFEE」と一緒にカッピング・トークセッションをするというじゃないですか。

5928134c5fc24340f4862d140b82df9ee5f2ee5a

ONIBUSは
「公共バス」という意味

ずっと気になっていた「ONIBUS COFFEE」。そのオーナーでバリスタでもある坂尾篤史さんに先月初めてお会いする機会がありました。「ONIBUS」という名前はポルトガル語で「公共バス」という意味で、人と人を繋ぎたいという想いで名付けたと伺い、ブラジルの人々の温かさに触れてきたばかりの私は、その命名理由でさっそく心を掴まれました。

そして、どうやって数年でこんなに世界中から人がやってくるカフェに成長したのかを私がズケズケと質問しまくると、坂尾さんが穏やかにお話を聞かせてくれました。その語り口からは、生産者、バリスタ、そして日々我々が口にする物への理解や透明性を大切にする坂尾さんの強い想いがありました。

大切なのは、下を向いて
グラム数を計ることじゃない。

2610fc1d6e42a36189005ed4cfa60b32876f4b06

そしてKoppiは、2007年にスウェーデンでAnne LunellさんとCharles Nystrandさんがオープンしたカフェ。なんとふたりともスウェーデンの歴代バリスタ・チャンピオン。会うと本当に優しい雰囲気で、とにかくおいしいコーヒーをたくさんの人に届けたいという思いと信念を持ってやっていたら、お店が有名になっていったのだとか。

Charlesさんは、こう話してくれました。

「バリスタは良いコーヒーを淹れるために、正確なグラム数を計るのに下を向いて一生懸命になりがちだけど、お客さんにとって少しのグラム数の違いは重要なことじゃないんです。お客さんにとって大切なのは、バリスタが笑顔で挨拶してくれたり、話してくれたりとか、おいしいコーヒーを良い気持ちで飲むことなんです」

そういう、人と人との関わりを1番に考えるフィロソフィーを持っているのが「Koppi」のおふたりなんです。

みなさんの話を聞きながら、この2つのロースターが国も言語も人種も超えて、同じ方向を向き、同じ想いと、人との繋がりを大切にする心を持って進んでいる人たちだと感じて、こっそりウルウルしていたことは…内緒です。

0eec92a7528776eee9902b98cb97d5e3178030e4

そんな、同じ波長と雰囲気を持つ2つのロースターのコーヒーカッピングが開始。いい予感しかしません。約50名くらいの参加がありました。

カッピングはスプーンを持って「ジュルッ」と淹れたてのコーヒーを吸い込んで風味を評価するんですが、こんなにたくさんの人とカッピングするのは初めてです。私のような素人からカッピング用のノートを持ったプロの人までいて、それもまたコーヒー好きを分け隔てなく繋いでいる感じがして好きでした。

カッピングの仕方を初めての人でもわかるように坂尾さんが説明しながら、参加者に味の感想を聞いていきます。どのコーヒーも飲みやすくフルーティな味わいでした。私の鈍感な舌ではあまりわからなかったんですが、ひと口にフルーティと言っても白桃や林檎など、コーヒー豆によって色んなフルーツの味が感じられるそうです。

まるで友人を紹介するみたいに
コーヒー豆を語る

最後にとても印象的だったことがあります。

ONIBUSの方もKoppiの方も、カッピングで使用した何種類もあるコーヒー豆を紹介するとき、まるで親しい友人を紹介するかのように、そのコーヒー農家さんの名前、農園はどんな場所にあって、どんな種類のコーヒーで、どんな味がするのか、をスラスラと話すのです。

彼らにとって、自分たちの豆を仕入れている農園は、まさに親しい友だちであり仲間なんだと感じました。誰が・どこで・どうやって・どんな想いで育てたのかまで知っているからこそ、そのコーヒーの持つ最大の味を引き出しているのが、この人たちの素晴らしいところなんだな、と。

最近は歳なのか、こういう純粋な情熱を感じるとすぐにじんわりと涙が出てきてしまうのですが、それはトークを聞きながら、コーヒーをズズっとすすって隠しました。

取材協力:ONIBUS COFFEE
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
カッピングスプーンは、抽出したコーヒーをすくって、液体を強くすするための道具です。霧状にして口のなかに含むと、コーヒーの質の良し悪しを客観的に判別出来るん...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。ちなみに...