読んだら後悔するかも。オーストラリアに旅立ちたくなる20のこと

留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと思う。せっかくなら、一生忘れられない時間を過ごしたいのは誰でも同じ!

オーストラリアに留学する20のメリットを「Elite Daily」に寄稿しているさんがまとめています。「最高の留学」を経験したいなら、読んでみる価値あり。

01.
単位を取れる大学がいくつもあり
自分に合う街を選べる

038ac2fb170dd732d36e1a0db3a830a38e8e9eb9

02.
メルボルンやシドニーは
パーフェクト

若者が集まる街で、現地にいる同世代の子たちと思い切り楽しむことができるはず。

03.
気候が最高!

雨が降ったとしても日本みたいに一日中だらだらと降ることは、ほとんどない。

04.
どの街もビーチが近い

657415c57d7c841f8bd931b05fb17be77d53a778

まるで「ちょっと裏庭に行ってくる」くらいの感覚。

05.
休みの日には
サーフィンができる

いい波がたくさんあるビーチが多く、世界大会も行われている。サーフショップも多く、未経験者も始めるならうってつけの場所。

06.
海について「課外授業」

グレートバリアリーフに潜るなんてどう?

07.
冒険は内陸でも楽しめちゃう

F04ec5331ad34fb822c6e3de6cb1627c0781d675

エアーズロックをはじめたくさんの魅力がある。

08.
満点の星空の下でキャンプ!

ツイてればたくさんの流れ星が見れるかも。

09.
インスタ映えする
景色がたくさん

長期休みを待たなくても、電車や車、いやむしろ歩いてちょっと行くだけ。

10.
面白くて可愛い
動物の宝庫

4de7bfdcee388a321b4f8901d98157a1a28090ba

11.
クオッカワラビーとの
自撮りができる唯一の場所

「Quokka」の写真をグーグル検索してみてほしい。一瞬で意味が伝わるはずだから!

12.
シドニー・ハーバー沿いの
バーやパブは最高

景色を楽しみながら、おいしいお酒を。(もちろんあなたが20歳以上なら!)

13.
「ニモ」を思い出しながら
オペラハウスで文化を学ぶ

海の中から顔を出したら「シドニーだ!」っていうシーン、そういえばあった。

14.
あなたの冒険的な一面を
生かせるのがまさにこの国

A3de58fac84830602b6dd16c8a971ffa56808b66

日本の約20倍の面積があるオーストラリアには、数え切れないほどの冒険が詰まっている。

15.
毎日、砂浜で
スポーツができちゃう

16.
簡単に言っちゃうと
ホットなラグビー選手がいる

17.
じつは
数々のセレブを輩出

ヒュー・ジャックマンやニコール・キッドマンはオーストラリア出身。

18.
地元の人を眺めているだけで
目の保養になっちゃう

6e1f91189033966da1af0a2d6f921c87f0488d0d

19.
美男美女が喋る
オージーアクセントもまたいい

オーストラリア訛も、慣れれば心地よく聞こえてくる。

20.
ヘムズワース兄弟の母国でもあるの
もう説明する必要はないよね?

正直あまりピンとこなくてググったら、イケメン!

Licensed material used with permission by Elite Daily
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...