「支払いはお気持ちで」。お店ではなく、利用客が料理の値段を決める店。

Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Money Box.(座って、食べて、楽しもう。ハッピーになって、お腹が膨れたら、その気持ちを魔法の箱に)。

オーストラリア・メルボルンにあるアボッツフォード修道院には、レストランカフェが併設されています。上の文言は、その店内にあったブラックボードに書かれていたメッセージ。そこでは、飲んだり食べたりしたものに対して、自分で値段を決めて支払うんです。

Aa6bc0a2b9a02bc9624b9b0f2d62d4b3f1d9ce2aA035ce8cc7d08c1979f9cf712e64a5b90625cd5c

中は、ビュッフェになっていて、お皿に好きなだけ料理を盛って食べられます。食後には「コーヒーはいかが?」なんて、スタッフが気さくに話しかけてきたり。

9d8e8b6d2fbbd313bd92b1e6d9e5fa22a0443371

生演奏もしばしば。

メルボルン近郊やシドニーなどに6店舗を構える「Lentil as Anything」。働いているのはボランティアの従業員たち。珍しさに驚いたと同時に、いくら払うべきかを考えさせられた場所でした。

そして、最近はこういったドネーションレストランと同じ仕組みを導入したお店が増えているそうなんです。

支払いの値段を
自分で決める店

ノース・ロンドンにあるフレンチレストラン「Just Around The Corner」のオーナー、ミカエル・ヴァソス氏は、値段のないレストランをすでに4店舗展開。テレグラフにこうコメントしています。

「良いサービスと良い料理で迎えれば、みんなたくさんチップを置いていってくれるものです。だから、食べた人にその価値をぜんぶ決めてもらうことにしました。これまで上手くいったのは、良い仕事をし続けてきたからこそ。そう確信しています」。

心ない支払いには、
どう対応するの?

B0b8d73832388ca82aa0bc823e398fd84ba77ad0

ヴァソス氏はその他にも4店舗、値段が固定されたレストランを経営していますが、値段のないレストランのほうが、10%ほど高い利益を出していました。

なかには、あんまりな支払いをする人もいますが、こんな対応をしているのだとか。

「そういうときは、受け取らずにお金をお返ししています。そうすれば、次に来る時にはもっと必要だということに気づけるでしょう」。

彼によると、値段が固定されているレストランで250ポンド程度支払っている人々が、このお店では600ポンド支払うこともあるそう。釣り合いがとれているのかもしれません。

同じくロンドンにあるレストラン「MJU」のセールスディレクターは、昨年45ポンドの料理に対して支払われた金額が平均20ポンドでしたが、結果的には利益に繋がったとコメントしています。

クレームが出ない

Af6cd7c26c0493d390fec62e4ea58983f9e2a2be

利用する側にしてみると、料理を頼む際に見ているのは、値段と内容。そこからどんなモノが、いくらで味わえるのかを想像します。美味しければ感動するし、反対にガッカリすることもあるでしょう。サービスが良ければ、また訪れたいという気持ちにさせられるかもしれません。

しかし、このシステムは、食事の後に自分でその価値を判断する仕組み。考えてみれば、食べた料理、受けたサービス、そこで食事をした体験、どの価値も人それぞれバラバラ。期待の度合いもまったく同じというわけにはいきません。だからなのかはわかりませんが、この仕組ではクレームが発生しないんですって。

自分が体験した食事の価値は
いくらだろう?

自分の感動や、目の前にあるモノの価値を金額に換算する機会って、なかなかありません。投げ銭やチップ制度にも似ていて、応援するようにお金を支払う感覚と似ているでしょうか。

ときおり申し訳なくなるくらい安い値段で、素晴らしい料理やサービスを受けることがあります。そういう時に感じた感謝の気持ちがお金として伝わり、お店を支えているのでしょうね。

まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
ハイテク企業が集まるシリコンバレーに、超人気チャイニーズ・レストランがあります。この街から世界へ羽ばたいていった、時代の寵児たちから、長く愛され続ける理由...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
ここでは『ハワイベストレストラン2015』(実業之日本社刊)で紹介されている192店のなかから、とくに評価の高い18店をご紹介!ハワイ好き、ハワイ通、ハワ...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
料理やメニュー、店内の写真とともにお店の評価を書きつらねる。そんなありふれたレストランレビューのなかで、ひと際異彩を放つのがこの動画。口コミのレストランレ...
どの改札から外に出るかによって、まったく異なる表情を見せる街がある。個人的には、鎌倉もそのうちの一つだと思う。東口はもう、完全に観光客向け。多くの人が目指...
7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフト...
画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...