シドニーで輝きを放つ「アボリジニ・アート」

エアーズロックと呼ばれる一枚岩を中心に、果てしなくひろがる広大な大地。イギリスによる入植が始まる前まで、オーストラリアには先住民アボリジニが自らの伝統文化を守りながら暮らしていました。国家としては1901年に始まったばかり。まだまだ若いこの国は、海岸沿いを中心に多くのビルや家が立ち並んでいます。

そんなコンクリートジャングルの中で薄れていくのは、いつだって古いカルチャー。ここオーストラリアも同じです。ただ、その流れにストップをかけるかのように、この夏から「オペラハウス」に先住民のアートが映し出されるようになりました。

シドニーの暗闇に映える
アボリジニ・アート

9b8a57c44ee60e38c17aadde395b0766fd9068753bbf384709b06c3779118cba750127a66a5abe2a4d353912b9839225d0fe5961c1effa1ee084a707D409a791ea8d4f28c48243a1fc51f5aeb1c3726d6c16504b9c17b8503df27bdc09883eac2b8eab06

「Badu Gili」と名付けられたこのプロジェクションマッピング。すでに6月末にスタートしており1年間実施されるということです。「Badu Gili」とはシドニーの先住民であり、アボリジニの部族であるガディガル族の言葉で、「水の光」を意味しているそう。

カラフルな光が水面に映し出される様子は、近代化されて隅に追いやられていった彼らの魂が息を吹き返したかのよう。

忘れかけていた
「伝統」に触れるために

947ef627a0f497e43c67b98d0535b56713c830d1

シドニーのシンボルでもあるオペラハウスに伝統的なアートを投影することで「先住民の文化を守っていこう」という強いメッセージがひしひしと伝わってきます。

オペラハウスのCEOであるLouise Herron AM氏はこのようにコメント。

「オペラハウスはオーストラリアの中でも、とても有名な場所。伝統文化を守っていき、『Badu Gili(水の光り)』がシドニーを訪れる人と地元のコミュニティー両方にとって、必要不可欠な存在となっていくことを期待しています

Ba7fd1411dbc4f159f5bcad734f9ceb3de52abef
Licensed material used with permission by Sydney Opera House
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
写真をみてください。このどこまでも続いているなが〜い階段。まるで…雲の向こうまで行けちゃいそう!晴れた空にス〜っと伸びていっています。どうやら海沿いの街に...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
大自然の中で夜空に瞬く星々を見た時、宇宙に包まれたような不思議な気持ちになりました。女性のカラダに表現された景色は、その時の感覚に似ている気がします。やわ...