スマホ内の「ポルノ画像」を検出するアプリ。一体、何のため?

今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。

そんな中、子どもを巻き込むネットがらみの性犯罪は無視できない問題になりつつある。時には児童自らそういった写真を撮り、それがいじめや売春の原因となって、親が知った時にはすべてが遅すぎた、なんてことも。

でもだからといって、彼らの携帯を毎日のようにチェックなんてしちゃいけない。子どもだってひとりの人間として、尊重されるべきプライバシーがある。そんな葛藤に上手に応えてくれるモニタリングアプリが、この「Gallery Guardian」だ。

チェックできるのは
ヌードの閲覧だけでない

8bf0eba7c24a710d00bc521fe1960bbffec09f2d

このアプリは親子両方の端末にダウンロードして使うもので、子どもの携帯のカメラロールをチェックし、独自のアルゴリズムでヌードの写真を検出してくれる。疑わしい画像が見つかったときだけ、保護者に通知がいくのだ。

ポルノをダウンロードした時だけでなく、自分や周囲の子を撮影してそれを作った時にも知らせてくれる、というのが新しい。つまり、我が子が被害者だけでなく加害者・加担者になるのも防いでくれる。

特にお小遣い欲しさの売春や、ポルノで脅すいじめなどでは当事者の子も事件を親に隠しがちで、対処が難しいことが多い。そういったケースにこのアプリは非常に有効なのではないだろうか。

子どもの
プライバシーは尊重

105607cbf2edaca2c5e66da213a50bb22fa051e7

フィルターとは違い、子どもの行動それ自体を制限することはなく、また親には画像無しの通知だけがいく。中身はメッセージと、参照のためのタイムスタンプやその画像を入手した手段、そして画像のID。両親の端末から子どものカメラロールを覗いたり、疑惑の画像を見ることはできないのだ。

双方の同意のもと、プライバシーや自由を尊重したまま話し合いを進めることができるようになっている点が新しく、子どもからしても「監視されている感」が少ないぶん、信頼関係を保ってモニタリングできそうだ。

画像の判定基準は
ズバリ「露出度」

まず写真内に人間がいるかをチェックし、いるようならその人物の肌の露出度を判定する。それが高ければ高いほど報告の対象となりやすい。このアルゴリズムは96%という高い正当率で、画像から人間のヌードを見つけ出すことができる。

現在の難点は、服を着たままのポルノが判定しづらいということ。画像内の肌の面積だけでなく生殖器自体も認識するようにシステムを訓練中だが、「そのためには莫大な量と種類のサンプル画像が必要だから、なかなか難しいんだ」と製作者。

またカメラロールに無いポルノの閲覧、例えばサイトやチャットアプリで見るポルノはチェックされないので、今後の機能向上の際の課題となるだろう。

きめ細やかな機能で
「手遅れ」にさせない

B660d19b85bdd7fccaef8595279b77dd5063249a

設定によっては、ヌードだけでなく下着や水着姿の人物も報告させたり、ひとつの端末で最大6つのカメラロールをチェックすることもできる。また、もしも子どもが自分の端末のアプリを削除してしまっても親に通知がいくようになっているなど、痒いところに手がとどく機能が満載。

さらに心強いのは、子どもの大きな問題が発覚してどうしていいかわからなくなった時に、一緒に解決策を考えてくれる窓口があり、電話などでコンタクトが取れるということ。「気づいたときには遅かった」ということのないよう、万全を期している。

子どものことは信じているけどやはり心配、という人は、これくらい「ちょうどいいゆるさ」の監視アプリを導入するのもひとつの手かもしれない。

Licensed material used with permission by Gallery Guardian
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...