オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。

業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に入ると、世界中のセレブなゲストたちが集まることで有名です。そんな同誌が選ぶ「北ヨーロッパエリアでNo.1のホテル」に昨年輝いたのが、ノルウェーの首都・オスロにある5つ星のデザインブティックホテル「THE THIEF」。

9b4abfc0aa8dcda09c842bfde65d5513b5f7d3210382a98e92449f9d43498c798d12e092f66566e4404d87d448f4810c6f6958bce2e21556b455a96a

アートがテーマのホテルだけあって、館内にはユニークなデザインの家具や不思議なインスタレーションがたくさん。一歩足を踏み入れれば、並のホテルでは味わえない「奇抜ワールド」がゲストのド肝を抜いてくれます。

0bff5ee54d2f84203c706f8de022b708561198b3A9c72a938f1261f9c9baaeeaef03c9e3f8c313e0365408bdcfe6f50aa18f16fa23ed318e7b2297e313f9d9f9e89898841d3d7d27597760b3f0e3d845

ホテル内には「THIEF BOODBAR」「FRU K」「THIEF BAR」という3つの好感度なレストランとバーがあり、ひと筋縄ではいかない、パンチの効いたメニューたちが視覚と味覚を楽しませてくれるのです。

E17ffc4e09c534ffe2428fbd4bf101390b9b7fae39a55f2755f577fd95c385e9670de255e40f3eca

ヒップな再開発地区
「チューブホルメン」を歩く

さてさて、この「THE THIEF」が建つのは、新感覚のアートギャラリーやモダンな建築物やアートが立ち並ぶオスロフィヨルド沿いのウォーターフロント再開発地区・チューブホルメン。ハイセンスなレストランが軒をつらねる、今ノルウェーで1、2位を争うほどビップなエリアです。

9269104d8e94635ed16749138aa5e4bb57827310

建築家レンゾ・ピアノ設計による「アストラップ・ファーンリー美術館」。ノルウェーをはじめ、村上隆など世界中のアーティストの作品が揃う現代美術館もチューブホルメンに。

街のいたるところにユニークな彫刻が点在しているので、歩いているだけで面白い。青空の下、フィヨルドに吹く潮風を感じながら、ぶらぶらと散歩するにはうってつけの場所です。

7d4de4ccccbd4000d286c95bd1b2128197aa45e2

一見、OPPAIかと見間違うこの作品の名前は「EYES」(1997年/Louise Bourgeois作)

6e1a4dc5379fa9fd883b9b64bc7d60aeb75c3f61

白雪姫と七人の小人たちをモチーフにした彫刻「WHITE SNOW CAKE」(2011年/Paul McCarty作)

35e7f62aeb733360bb3eb40356ab697f7d8ef12b

チューブホルメンを歩いていたらメカニックなトナカイ(⁉)と遭遇。

オスロ発「フグレン」の姉妹店カフェ
ヴィンゲン・バー

チューブホルメンに来たら足を運びたいのが、日本でもおなじみノルウェー発のコーヒーショップ「フグレン」が2016年にオープンしたばかりの姉妹店カフェ「ヴィンゲン・バー」

1736daeb7f8048b3c4b86faacf3d4587957c0696

壁一面のガラス窓から入る太陽光が店の中を包む。窓の外に広がる不思議なアートとグリーンの公園、そして青い海を見ながら、光の中で飲むコーヒーは格別。

場所は、先ほど紹介した「アストラップ・ファーンリー美術館」の1Fですが、美術館への入場券を持っていなくてもくつろぐことができます。

8dc875f8cbe95ea71300b9d54951ad4f2fcdc6de

「カプチーノ」(41クローネ=約540円)。ほかにも「フィルターコーヒー」(30クローネ)や「ラテ」(44クローネ)、「モカ」(49クローネ)など。

F065d4e57c9df54f0f8bf2ff2ca78493b30409ddF3eac87885093bd5c6a369906acbb338caf82b0b

パンやサンドウィッチなどの軽食ランチも充実。爽やかなレモンの甘さを感じる「レモンマフィン」。

F86714c6263a18b2ff9e5924305d680f0ce76ee2

お酒だって飲めます!

Dd06ffd85c90906bfeeca4fca9534e81db61b370

「ヴィンゲン・バー」の「ヴィンゲン」とはノルウェー語で「羽」という意味。アートさんぽで疲れた“羽”を休めようと立ち寄ったら、光に満ちた素敵な空間に、思いもよらずもうひと羽ばたきしたくなってしまうはずです。

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
(THE THIEFの一部写真を除く)
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...