ベッドが上から降りてくる?スペースが2倍になる「空間デザイン」

小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを有効活用したリノベをご紹介。

フレキシブルに形が変わる
心地のよい住まい

シチリア島東海岸に面した広さ25平方メートルアパートメントを、別荘として改装した建築家のレナート・アリーゴさん。このスペースのなかに、4人家族が便利で快適に暮らすために必要なものは、ほとんど備わっている。

このプロジェクトの主要テーマは「フレキシビリティ」だ。家具が壁がフレキシブルに消えたり、形を変えたり、広がったりしながら、空間の美しさと機能性を失うことなく、家族や友人たちが心地よく過ごせる住まいをつくり出している。

E18410b6bc54f7fcdb37a51b464c5cbd279cce49
Photo by Houzz
今回リノベした家は?
・住まい手:建築家レナート・アリーゴさん、奥さまでエンジニアのナタリー・モリーさん、娘さんのエヴァさんとオフィーリアさん
・所在地:イタリア、シチリア島にある小さな町、タオルミーナ。美しいビーチと紀元前3世紀にさかのぼる古代ギリシャ劇場で知られる。
・リノベーション年:2011年
・規模:延床面積25平方メートル
・プロジェクト費用:約27,700豪ドル
この改装プロジェクトは、名付けて「Space Is Luxury(スペース・イズ・ラグジュアリー=空間こそ贅沢)」。完成時に開いたお祝いパーティーは、まるで公開パフォーマンスのような結果になった。
 
招待するゲスト200人が、みんな同時にアパートメントに入るのはもちろん無理だ。そこで招待状に書かれたのは「家の中は狭いから、前の道路に集合!」。家の中に入る順番を待ちながら、ゲストだけでなく通りすがりの人たちまで、外に集まっておしゃべり。まるでフラッシュモブのようなイベントになった。

スペースを有効活用する
巻き上げ式ベッド

39f1863f243c618fcc679b72b0e420419781a226
Photo by Houzz
デザイナーが自分の家を手掛けるプロジェクトでは、さまざまなアイデアをより自由に試すことができる。思い描くイメージを現実のかたちにするのも容易だ。
 
このコンパクトなアパートメントの改装について、アリーゴさんは「スペースはほとんどなく、課題は山積みでした」と語る。
「機能性を追求するあまり美的側面を見失って、たとえば家電製品を詰め込みすぎたりしないように気を付ける必要がありました」
いちばんの難題は、ミニマリズムと便利な生活とを両立させることだった。
「この問題を解決してくれたのが、2つの発明です。その1つめは、リビングが寝室にもなるこちらのベッド。吊り天井と一体型になっているシンプルなウインチ(巻き上げ)システムを使って、ベッドの台を天井へと持ち上げると、部屋が広く使えます」
Bad424451724e6c00f5aae371ee9a2cfd565bfb8
Photo by Houzz
ナチュラルなバーチ材の台にフトンを敷いたベッドは非常に軽量なため、吊り天井を補強する必要もなかった。寝るときになると、アリーゴさんが設計して特許を取得したウインチシステムを使ってベッドを床に下ろす。よく建設現場で使われている滑車装置を小型の電気モーターで動かす仕組みで、壁のスイッチで操作できる。
ベッドにはデザイン要素もある。フレームの裏側には「Space Is Luxury」のロゴがあり、ベッドを天井に上げているときには壁画のように見える。
A2cddb4e92a7937490412c642844b6e354b3d674
スツールはテリー・ドワンが「リヴァ1920」のためにデザインした「フィジースツール」
Photo by Houzz

「壁」を倒すと
テラスのテーブルに

F62842345cf5d50ec3b07c26dabf38128ce729a2
Photo by Houzz
2つめのアイデアは、こちらの幅の狭い壁。壁を横に倒してフレームに載せると、ダイニングテーブルをテラスに延長することができる。外とのつながりをつくり出し、内も外もみんなで楽しめるスペースに。
4af6e1306340a87bee2648f0681c5eb7f7ce79fc
アウトドアチェアは、フィリップ・スタルクが「ドリアデ」のためにデザインしたもの。
Photo by Houzz
「いかにも南イタリアらしいのですが、私たち4人家族はおもてなしをするのが大好きで、よく友だちをランチやディナーに招くんです。こうすれば、少なくとも10人分のスペースができます」
とアリーゴさん。キッチンには食器洗浄機、製氷機、冷凍庫のほか、洗濯乾燥機もある。 

小技の効いた
インテリア家具

049b035fdaf7070d1da94d8f0481583d60851cb7
Photo by Houzz
娘さんたちが眠るのは、シンプルなチェアベッド。衣類はカプセルのようなクローゼットに収納している。夜は寝室エリアの間をカーテンで仕切り、プライバシーを確保できる。
6704ba50cd3d8c33e658bed6fe2a77de7130e76a
Photo by Houzz
家の中で唯一のドアは、バスルームへの扉だ。こちらでもスペースを大切に活用している。32×32センチのシンクの側面に隠れているようなくぼみ部分に、小物を収納できる。
607013caf4801cc80f73aa3ae66c3d6cd5fb18d7
Photo by Houzz
室内の壁はすべて、水洗い可能な白い塗料でシンプルに仕上げている。1つだけ例外なのは、クイーンサイズベッドのヘッドボード代わりにもなる、質感のあるグレーの壁だ。床には、厚さ1ミリの粘着ビニル床シートを使った。
クリエイティブで機能的、かつミニマルに、小さなアパートメントを便利な住まいへと変身させている。
翻訳:ハウズ日本版編集部
記事提供:Houzz(ハウズ)
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
大好きな部屋の大好きなベッドで、一日中まったり過ごしたい。…とは言っても、結局は読みたい本を取りに行ったり、音楽をかけてコーヒーを入れてさあ準備OK、と思...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...