この夏、もっとも贅沢な短編映画『ハイヒール』

スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。

それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと何度もその感覚を心が求めてしまうのだ。

D04b8303d4362469b9f4812139c94576617b8794

先日より公開のショートフィルム『ハイヒール』は、まさに人々を病みつきにする、最高に不気味な一本。若き新星イ・インチョル監督のもつ独特の世界観を、日本中がときめく演技派女優・菊地凛子を主演に迎え体現。短編映画にして異例の全国ロードショーに至ったことが注目を集めている。

不気味でユニークなストーリーもさながら、この映画の何が素敵って、限られた時間の中で美しいものをふんだんに見せてくれること。30分という短い上映時間に詰まった、宝石箱のような劇中のディテールを見逃さないよう、見所を予習したいと思う。

人間と欲望の
関係性を探る

29a38c0ceabd7a623ebd184fcd65cb73c63a00b9

舞台は、現代からなんと西暦4000年にかけて。人間の欲望が世界を滅ぼしかけた結果、人々が無欲なアンドロイドになることを選んだ時代。そんなアンドロイドのひとりである靴職人のKaiが、オーダーメイドの靴を作るという過程で、人間らしい欲望のひとつである「こだわり」に蝕まれていく…という物語。

「物事を突き詰める執着心」という人間らしい感情をアンドロイドが持つ、という二面性、もしくは欲望が理性を超えたときに現れるもうひとりの自分をテーマにしている。遠い未来に流れるおとぎ話として描かれているけれど、人間と欲望についてのメッセージも感じる作品だ。

「美」へのこだわり

B12e10f4dc14f3fbe78aa8631e44f132ce4bfc87

本作は意外にも軽快でポップなアニメーションから始まるが、実写へとシフトしたときにそのミステリアスな世界観を出すため、衣装や美術セットには驚くほどのこだわりを見せている。

例えば物語の舞台となる西洋風に見える靴屋では、よく見ると小道具に日本と韓国の日用品やアンティークなどのアジアテイストが取り入れられ、そのどれとも似通わない雰囲気が生み出されている。

和製カール・ラガーフェルドを
イメージした衣装

8291321dade6b55cf47f3d5e38fef040999a89b0

そして何より、世のファッショニスタの目を引くのは、菊地凛子演じる主人公の衣装だ。女性らしい繊細さとマスキュリニティを兼ね備えた中性的な主人公Kaiの衣装イメージとして、本作製作スタッフは、CHANELのデザイナーでファッション界のアイコンでもあるカール・ラガーフェルド氏のタキシードスタイルを参考にしていたそう。

それだけでは終わらず、なんとフランス本国のCHANELの目に止まり、本作のための衣装協力まで得てしまう。確かに複雑なフリルがあしらわれたブラウスやネクタイのようなチョーカー、大胆なブーツには、CHANELらしいクラシックかつ現代的モードの両要素が含まれている。

注目のハイヒールは
MIHARA YASUHIRO

Bb6b232808053150b00d945cd952c913c8b2f1e3

最後は、この映画のキーアイテムでもありタイトルにもなっている「ハイヒール」だ。劇中でアンドロイドたちの心を翻弄させるハイヒールは、すべて「MIHARA YASUHIRO」のもの。本作公開に合わせてポップアップストアもオープンする予定とのこと。主人公のKaiが営む靴屋という設定で、ショップ名を「果て-the end」とし、伊勢丹新宿店本館2階に登場する。映画と同じモデルのハイヒールに、これまた映画と同じように「お客様に似合う色の靴が現れる」というのだから、そのこだわりに感心してしまう。

思わず、短編なのが惜しくなってしまうほど贅沢な映画『ハイヒール』。ここで紹介した「こだわり」を見逃さなければ、詩的な世界にもっともっと浸っていたいと感じるような30分になるはずだ。

映画『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話
菊地凛子主演、イ・インチョル監督作品
ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田ほかで2017年6月24日より公開中。

7月1日(土)には、ヒューマントラストシネマ渋谷にて、イ・インチョル監督、マドモアゼル・ユリアさん、ヴィヴィアン佐藤さんによるトークショーも開催。詳しくはこちら

Licensed material used with permission by ハイヒール
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
きらびやかな衣装を身にまとい、人々を魅了するプロパフォーマーMarawa Wampさん。注目すべきは、彼女の足元。しなやかに伸びる足先は、なんとハイヒール!?
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
ある意味、これは「苦行」に等しい。映画史のなかで最も上映時間が長い映画とされ、ギネス記録にもなっている作品が1987年に制作されたアメリカ映画『The C...