とにかく切ない、物言わぬおじいさんの物語。

「とにかく切ないものが好き」と語るのは、かき氷屋さんの店長であり話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。前回の『ソルファ』に続くおすすめは、珠玉の短編アニメーション『つみきのいえ』です。その魅力は…?

わずか12分の
名作アニメーション

むらまつえりか:『つみきのいえ』はショート・フィルムですね。映画というか、本当に短い作品で、アカデミー短編アニメ賞とかも受賞していて。すごく良い作品だなと思います。

おすすめポイントは、一切言葉がない無声の短編アニメなんですけど、何も言わないのにおじいさんの心情がすごい伝わってくるところ。

絵がすごくキレイでかわいいので、たぶん子どもが観ても楽しいし、切ないストーリーなので大人が観ても楽しめると思います。とにかく絵がキレイで惚れ惚れしますね。

Ce0b3616c125ba3cd1fac9610c2644f6b86474bc

ⒸROBOT

むらまつ:このおじいさんの住んでる街は、どんどん増水して水没していってしまうんです。だから、浸水する前に家をどんどん高く作っていくっていう物語なんですけど。

で、おじいさんが大切なものを落としてしまって、それを探すために水の中に潜って過去に住んでいた家々を辿って、そこにいた家族とかの“思い出”に触れていくんです。そのストーリーが本当に切なくて…。

8031dafb1a4ae03f45e7d13c44b80c1a17f54414

ⒸROBOT

小さいころから
“切ないもの”が好き

むらまつ:結構、小さいころから“切ないもの”が好きみたいで。哀しい、とはまた違って、切ないものを観ると…何て言えばいいのか難しいんですけど、すごく惹きつけられるんですよね。

 ――切なさに触れることで気持ちがリセットされたり、それによって次に向かえることって、ありますよね

むらまつ:そうですね。寂しいだけでは終わらない、次につながるものがある切なさ、寂しさですかね。

栗コーダーカルテットの方がBGMを担当されていて、音楽もすごくステキなので、ぜひ聴いてみてほしいです。

次回につづきます。前回のフェイバリットはこちら

Top illustration by ROBOT

スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
秋も深まって人恋しい季節になってきましたが、ここで仕事にプライベートに悪天候気味のアナタに、少しの潤いをくれるであろう胸がキュンとする映画をお届け。主役の...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
映画もそろそろ終盤。感動のシーンが流れ、ストーリーに集中できなくなるほど盛大に号泣…。そんなフィクションのストーリーにも感情移入できるのは、あなたがとても...