蚊に刺されたら、このデバイスをピッ!

スイカ、花火、風鈴、そして蚊…。夏の風物詩なんだから仕方ないのですが、どうしても蚊だけはイヤ。とにかくかゆい。ならば、ここに蚊取り線香も加えるかというと、それでは前時代的すぎるのです。

これからは「BITE HELPER」が新たな風物詩として加わることになる、かも。

虫刺されには、
「冷」より「温」という新発想

1a3553f5f9549180c375a6bdad8e118132b47f673e7c94085afa25d2af9709c88e08bbab0f00308b

このデバイスは、虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のような道具。

動画を見るに、使い方はいたってシンプル。虫に刺された部分にBITE HELPERのプレート部分を当てます。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケートな子どもの肌でも問題のないレベルです。ウソかまことか、瞬く間にかゆみがなくなるというのですが…。

なんでも、かゆみ成分は熱と振動に弱く、刺された患部を温めながら振動させることで、かゆみが抑えられてしまうという仕組み。薬品の類は一切使っていないので、そもそも肌にもやさしいみたい。

コンパクトで
持ち運びも楽々

35375dc4fbab578c1ad19d4ecd872fe41ecc52e0D13039950c69d8c225c498f7724e56fcdbbee06d

カバンの中にスッと入れられるコンパクトなデザインもいいですよね。キャンプでもアウトドアシーンでも、それこそ花火大会なんかでも、かゆくなったらすぐ温める。実際にどれくらい効果があるかは、さすがに使ってみないことには分からない。でも、これは試してみたいなあ。

価格は39.95ドルというから、日本円にしてだいたい4,500円ほど。シッピング代金15ドルと合わせても、結構コスパよさそうですけどね。

Licensed material used with permission by BITE HELPER
夏の楽しい思い出とともに付いて回るのが「蚊」の存在です。キャンプに行ってもフェスに行っても、なんだか知らないけど、自分ばかり刺される……。そんな人はいませ...
なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自...
天然成分だけを用いた虫よけグッズが、セレクトショップの結構“いい位置”を占有する。「カラダにも環境にもやさしい」が、もはや単なるトレンドではなく着実に生活...
「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。「Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
地球上で最も人間を多く殺す、世界一危険な生物として認識されているのが何を隠そう「蚊」なのだ。人間の開発する対策技術も飛躍的に向上するのは必然と言える。ここ...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
山の遭難者は、ここ数年で急激に増加傾向にある。アウトドアや山登りを気軽に楽しんでほしいと思う反面、その救助はとてもシビアだ。たとえば、家族にさえ「どこの山...
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...