このMLB投手だけは、成績度外視で注目したい。

くだんのMLB選手は、トロント・ブルージェイズのブレイク・マクファーランド。現役の投手です。

じつを言えば彼、2014年こそ防御率2.89をマークしたものの、日本にまでその名が知れ渡るほどの成績を残したわけではありません。けれど、ほかのどのMLBプレイヤーにもない、異彩を放つタレント性を備えていました。

「野球」と「アート」の
スイッチピッチャー

野球のボールだけでなく、幼いころからアートに触れる機会の多かったマクファーランドさんは、現役のMLBプレイヤーでありながら、アートティストとしても活動する人物。現に2013年には、サンノゼの「Gallery 85」よりオファーを受けて、作品を展示するほど。それがこの廃タイヤを利用してつくる動物たち。

躍動感あるダイナミックなフォーム

7d8f77c569f7cad1936c79e8d02b01484dc6597f0b9de9cb86cbde7f1d27a69f37f1a57a48f5418e2f15c38d754cd1d0053452406dffc7962b99ec401ebda2c32ce2c2362f78bb0503ac9e03d131f611679659185439eeff4ef63296269e6fed92974fa3002730dbc1a928985d77d999e8f8e19c56f87153

筋肉の構造を計算し、自動車、自転車のタイヤを使い分けながらリアリティを生み出していくそう。肌や爪、細部までつくり込まれ躍動感がよく表れています。

 

スポンサーからオファー殺到

5430a272302f8b0dd110ff896de9c61e4d6f62ce9b66627daa3b71011a81a192ec7cb95b867cf36a

マクファーランドの作品は多くの人の目に止まり、タイヤメーカー「Goodyear Tire and Rubber Company 」がスポンサードする、カレッジフットボールの試合「コットンボウル」の記念品として、出場チームのマスコットキャラクターをイメージした作品の制作オファーを受けるまでに。

現在、マイナーリーグで調整しながら、作品制作も続ける“二足のわらじ”のマクファーランド。野球選手としてのキャリアと両立する唯一のポイントは、オフシーズンをいかに集中的に使うかだとか。

成績度外視で彼が注目される意外な理由の紹介でした。

Licensed material used with permission by Blake McFarland(HP), (Instagram)
Your browser does not support iframes.マイアミ・マーリンズに所属するイチローが、日本時間2015年10月5日に行われ...
「母親として家を取り仕切り、長く健康な人生を一緒に歩む女性を探しているなら、野球ファンの女子がおすすめ!」とは、Alison Caseさんの意見。大事なゲ...
米大リーグ通算3,000安打まであと「1」として迎えた、日本時間8月8日(月)のコロラド・ロッキーズ戦。マイアミ・マーリンズに所属するイチローは、第4打席...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
「好きなことを仕事にしている人」は、ほんのひとにぎりかもしれませんが、「仕事で好きなことを見つける人」なら周りにもけっこういるのではないでしょうか?なぜ、...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
8月6日に開幕した第97回全国高等学校野球選手権大会。今年も、地方大会を勝ち抜いた全49校が連日のように熱戦を繰り広げ、多くの高校野球ファンを魅了している...
右肘の負傷したはずのダルビッシュ有選手がノックに登場!見てみると投げているのは「左手」。実は彼、左投げも一流なんですね。Twitter上では、その才能に驚...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...