すべての男性が「野球好き女子」とデートすべきである理由4つ

「母親として家を取り仕切り、長く健康な人生を一緒に歩む女性を探しているなら、野球ファンの女子がおすすめ!」とは、Alison Caseさんの意見。大事なゲームがある日はデートせずに野球を観るという、熱烈なニューヨーク・ヤンキースファンの彼女が「Elite Daily」でその理由を説明しています。

01.
いつなんどきでも
「愛する存在」を気にしている

Medium 70f19705f4e466638a8301d71935c0d3c59778e5

メジャーリーグの全試合数は162ゲーム。1年の半数を占めていて、全試合見るのは難しい。でも、ファンは頑張って見ようとしちゃう。リアルタイムでアップデートしてくれるアプリを使って外出先でまめにゲームをチェックする──。そんな人とは、長くいい関係を築くことができるはず。

02.
細かいことによく気がつく

野球って実は細かいゲーム。内野ゴロも数センチ違えばタイムリーヒットになることも…。1球ずつは小さくても、ゲーム全体に与える影響は大きいでしょ?

野球好き女性は、小さなことに気がつきます。あなたの好きな色、仕事でイヤなことがあった時、気分によって飲むビールのブランドを変えることも。認めましょう!彼女たちは細かいことが大切だと知ってるの。そこ、嫌いな人なんている?

03.
どんなにヘマをしても
期待し続けてくれる

Medium d6b69b20dacb2270074f821d7bb5ffb1df86c92a

シーズンが開幕するとすべての野球ファンが「今年はやってくれる!」と言っていることに気がつくはず。前年の成績なんて関係ないの。これは女性ファンも一緒で、いつもチームの味方。これは恋愛関係にもあてはまります。熱烈な野球ファンは何が起きても、どんなに時間がかかっても、うまくいくと信じてる。

シカゴ・カブスのファンは108年もチームが優勝するのを待っています。彼女にすぐメッセージを返さなくても、別に気にしないんじゃないかしら。

04.
どれだけ退屈な「ゲーム」も
楽しんでくれる

夏の夜は球場で過ごしたい──。野球ファンなら当然のこと。レストランや映画もいいけれど、一緒にビールを飲みながら試合を楽しむほうがいいんじゃない?「ねえ、どっちが勝ってるの?」なんて面倒な質問も、彼女たちならしてこないし。

たくさんのスポーツがあるけれど、女性の野球ファンは特別で珍しい生き物。他の人から見たら退屈でも、彼女は大好きなんです。だから心配しないで。あなたがどんなに退屈でつまらなくなっても、彼女はあなたのそばを離れないと思うわよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
敏腕女性編集者が綴る、初デートでSEXしても全く問題ない理由デートなんて久しぶり。会話も弾むし、一緒にいると楽しくて、今日が初めてとは思えない。お酒もいい...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
「Elite Daily」の男性ライターReggie Wadeさんが、自身の体験談を元に綴った恋愛についてのコラムを紹介しましょう。僕はこの間、30歳にな...
「Elite Daily」女性ライターAshley Fern氏が、世の女性の気持ちを代弁してリストを制作しました。タイトルを意訳すれば「男性たちにいつもイ...
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
Jen Glantzは、最近お目当ての男性が海外に行ってしまうと聞いて居ても立ってもいられなくなり衝動的に告白。遠距離恋愛もなんのその!と気合十分で望みま...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
これから紹介するのは、「好きなアルコールの種類で、相手がどんなタイプかを読み取ることができる」と述べる、ライターDan Scotti氏が書いた記事。彼はど...
「デートはゲームなの」こう断言する、「Elite Daily」ライター・Margaret Makrouhi。彼女が書いたのは、つねに男性を手玉にとるような...
女性が、男性からのメールでデートに誘われたら、思わず「いいですよ」と返信してしまうシチュエーションを5つのポイントに厳選してご紹介していきましょう。お相手...
かわいくて優しくて。自分に理想的な彼女ができたときほど、彼女が大好きすぎるあまりにやってしまいがちなことを8つ挙げていきます。過剰な愛情表現ではなく、長く...