カラダを動かさなくても「腹筋」が鍛えられるんです

女性を美しく見せる重要なポイントのひとつに姿勢があります。背筋がしゃんと伸びていると、周囲に好印象を与えたり年齢に関わらず若さを感じさせたりもできますよね。では、そのためにどんなトレーニングが必要なのでしょうか。

ここでは、ボディメイクジム「BOOTY FITNESS」のトレーナーである野田真奈さんに、美しい姿勢と筋肉がどう関係しているのかについて、お話を聞きました。なかでも、腹筋を鍛えることがとっても大切なのだそうです。

野田 真奈(ノダ マナ)

BOOTY FITNESSのファウンダー&エグゼグティブトレーナー。幅広い層から支持を集めるボディメイクのプロフェッショナル。彼女のパーソナルトレーニングを求めて日本全国からファンが訪れる。

ファッションやメイクではごまかせない
美しい姿勢の話

E5c625a350453b4243c2a850b4ab6c04fb82fc5b
野田さんとって、姿勢はファッションやメイクと同じくらい大切だと言います。姿勢の良し悪しが第一印象を決めると言っても過言ではないのだとか。
体型に関わらず、姿勢が良いだけでその人の立ち居振る舞いすべてがスマートに見えるし、人としての芯の強さが感じられるのでカッコイイ。一方、猫背の人は、いくらスタイルが良くてオシャレをしていても「疲れているのかな」「自分に自信がないのかな」とネガティブな印象を抱いてしまいますよね。私は「常に人に見られている」という意識を持って生活しています。頻繁に全身鏡で立ち姿をチェックしたり、背面を壁に押し当てて直立の状態を確認したりしています。姿勢がいいと、内面から「オーラ」を出せるんです。 
でも、姿勢には気をつけなきゃいけないって、みんなわかっていると思うんです。それでも、良い姿勢を維持することがなかなかできないのって、なぜでしょう?
それは、腹筋など、体幹のインナーマッスルが足りないからですね。

姿勢を保つ鍵は「腹筋」です

6fe90c4f12c5bb32011f5ce57db3208e30c5fa06
近頃は「腹筋女子」なんていう言葉もあるくらい、腹筋を積極的に鍛えている女性もいるけれど、人に見せる気がなくても鍛えなきゃダメなのでしょうか?
正しい姿勢を保ち続けるには、腹筋がとても重要な役割を果たします。誰かに腹筋を見せる機会がなくても、良い姿勢を保つために腹筋は鍛えておくべきです。腹筋がない状態で背筋を伸ばそうとしても、腰が痛くなったり、すぐ猫背に戻ったりしてしまいます。お腹に筋肉があるだけで、変な力を入れずに、自然と背筋が伸びるようになります。腹筋と背筋はコルセットのような役目をしているので、腹筋だけではなく、同時に背筋も鍛える必要があります。どちらもきちんとトレーニングしている人は、姿勢が良いと言えますね。
 そうは言っても、普段忙しいし、ただでさえハードなトレーニングなんか続く気がしない……という人も多いのでは?
でも大丈夫。最近はこんな手段があるんです。

時間がない人でも手軽にできる
「ながら筋トレ」がオススメ

D5224beed1705a0830711d366c035e6e7298a19b

それが、「EMS(Electrical Muscle Stimulation)」。体に装着して電気を流すことで、筋肉に刺激を与えるアイテムです。もともとは医療の現場でリハビリなどに使われていたものですが、最近では筋力トレーニングやダイエットにも活用されるようになっています。

一口にEMSと言ってもさまざまなアイテムが存在しますが、いったいどれを選べば良いのでしょうか。

F42fedbba80c7c469893cce566c3c7585488dbb1

EMS選びのポイントは
コンパクトでパーツごとに
使い分けられること

2eb26757b15ee7d1942e03be59f4dfc420adbca0

EMSのなかでも、エレコムの『エクリア リーン』はかなり優秀です。

従来のEMSは2000〜3000Hzほどの低めの周波数を使っているため、皮膚に近い部分の筋肉(アウターマッスル)にしかその刺激が届かず、皮下脂肪が多いとされる女性には痛みが生じるだけであまり効果が期待できませんでした。しかしエクリア リーンなら、たとえば腹部に装着した場合、5000Hzと高めの周波数が皮下脂肪を通り越して身体の奥にある筋肉(インナーマッスル)までしっかり届くのです。

有効なのはお腹だけではありません。エクリア リーンには「部位別モード」が搭載されており、それぞれ皮下脂肪の量が違う「二の腕」や「太もも」など、部位ごとに効果的な周波数を選び分けられるのも他のEMSにはないところ。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

基礎代謝も上がって、
スリムでしなやかな身体に

E50e32d228352cca9961c93dcbc6aaea38f64ff7

じつは、筋肉は速筋と遅筋という2種類の筋線維からできており、どちらを重点的に鍛えるかで見た目が大きく変わります。速筋を鍛えるとボディビルダーのような筋肉質な体型に、遅筋を鍛えればマラソン選手のようなスリムでしなやかな体型に近づきます。で、エクリア リーンは遅筋の方に働きかけるプログラムを採用。遅筋は低負荷な有酸素運動で鍛えられ、運動時、効率的に脂肪を燃焼してくれるので、引き締まった身体を作れるわけです。

直径はわずか5cm以下、20gの超小型・軽量なので、家でもオフィスでも、なんなら通勤中でさえ、理想的な「ながらフィットネス」が可能。美しい姿勢を手に入れるなら、ひとつカバンに忍ばせておきたいアイテムと言えそうですね。

最後に、エクリア リーンのこんな裏技的な使い方を野田さんが教えてくれました。

ふくらはぎに貼った状態でつま先で両足の背伸びを20回繰り返します。ふくらはぎのむくみが取れて、足首がスッキリしますよ!

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
Twitterで99,000以上の「いいね」を集める、効率の良い「腹筋の鍛え方」を紹介します。見ての通り、イラストで説明してくれているので分かりやすいんで...
「シッスクパック」とは、よく鍛えられた六つに割れた腹筋のこと。多くの男性が憧れるだけでなく、もちろん女性にもファンは多いですよね。ここでは、そんなバリバリ...
かつては理想の腹筋といえば「シックスパック」のイメージでしたが、ここ最近は縦に割れた「アブクラックス」が、美しい腹筋の新基準として注目されています。「アブ...
今回は、YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、効果抜群の腹筋トレーニングをご紹介。1分という短い時間ではあるも...
YouTubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、ウエストの引き締めにオススメの「腹筋トレーニング」をご紹介。実際にやって...
数多くの起業家や投資家たちの本を執筆してきたライター、Jeff Haden氏。たくさんの成功者の姿を見てきた彼は、ある日、ひとつの思いつきを実行に移します...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
「今からお腹痩せのための、『ニートゥーエルボー』(膝と肘をくっつけるトレーニング)を5分間行います。みなさんついてきてください!」そう呼びかけるのは、Yo...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
上腕二頭筋とは、腕の肘を曲げたらできる「力こぶ」と呼ばれる筋肉のことです。男性であれば力強さを端的に象徴できるのが、この盛り上がった「力こぶ」を作る筋肉で...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
ジムが苦手なあなたに朗報です。ひと足早く「夏のビーチボディを手に入れるために必要な、食生活の見直し」を紹介したいと思います。この記事でヘルストレーナーのR...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...