スマホの「ケーブルちぎれ問題」は、こいつで終止符

スマホに関する悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ”がある。

しばらく充電を繰り返していると、ケーブルのつけ根の部分がへたってくる。で、そのうちに、覆っている部分が裂けて中身が見えてきてしまう。こうなったら、細い銅線がちぎれるのは時間の問題。いくら誤魔化しながら使っていても、最後は断線してしまう結果となる。

毎日充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実。それなら「ANCHOR」というケーブルはどうだろう?

「一生」の保証つき

Fd05c713f92a3be8e344537db6123959b0c49716

「ANCHOR」は、ステンレススチールを採用。ちぎれやすいつけ根部分も、当然耐久テスト済み。その強さは、約60,000回の折り曲げに耐えるという。これは、一般的に強度が高いといわれているケーブルの約4〜6倍となっているようだ。「一生」の保証がついているのは、強度への自信の現れなのだろう。

一本のケーブルで
すべてのデバイスに対応

9c345e6af1cd497c5f1478a7b5162079d768774e

ケーブルの先端部分は、マグネットチップスになっているので、ワンタッチで充電を開始できる。ケーブルの端子は、iOS、Android、USB-Cがすべて用意されている。自分の使っているスマホに合わせた端子をはめ込めば、磁石によって簡単にチャージが可能となる。

C40f37c7bfaaea1b9cf8a63685725ef8a552f04e

丈夫なだけじゃない。
速攻チャージ!

Cfe6ed9fa8d3591c6bedfa4a23a00ecd3d71b424

スマホケーブルの
アンカー

37e89f3175e6242926057820d9dd5aced1a1169e

現在「Kickstarter」で資金調達中。現時点で、目標額の10,000ポンド(約145万円)の13倍近くの126,771ポンド(約1,850万円)もの資金を集めている。それだけ、世界中で“ケーブルちぎれ問題”に頭を抱える人が多かったのだとも推測できる。

ちなみに値段は、ケーブルと2つ端子がついて27ポンド(3,940円)から。配送料も含まれているのでリーズナブルだといえる。「ANCHOR」の意味は、リレーチームの最終走者(アンカー)。これまで繰り返し買い換えてきたケーブルも、最後となるに違いないだろう。詳しくは、コチラまで。

Licensed material used with permission by Anchor Labs
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
これまで以上にスマホの充電を容易にする、めちゃくちゃ便利なケーブルが登場しました。これさえあれば、料理をしていようが、寝る前の暗い部屋にいようが、サクッと...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
アウトドアで過ごす機会が増えるこの季節、頭を悩ましがちなのが、スマホの充電問題。「何で買わないの?」とよく尋ねられるけど、ぶっちゃけどれもこれもイマイチ。...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で紹介されている「bioo」は、なんと植物の光合成の力を使って、携帯の充電ができるという驚きのデバイス。...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
〈NuAns®(ニュアンス)〉の「BANDWIRE」は、純来のライトニングケーブルの不満を解消してくれるアイテムです。長さわずか160mmでキーホルダーの...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...