人生を変えるには、まず「自分を知ること」から。

GoogleやIntelはじめ、シリコンバレーの有力企業が能力向上トレーニングに取り入れる「マインドフルネス」。自分の内面と向き合うことで見えてくる、さまざまな“気づき”がビジネスの現場で注目を集めています。

このマインドフルネスを教える大人の学校「スパーブ・ヘルス・アカデミー」を設立した荻原順子さん著『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)より、ここでは「自分を知る」ことに着目して紹介します。

まず身体の癖を知り
心の癖を知る

5d3188ac8e9303f64a7661bc0ab84e7ee2e4602a

自分の心と身体を整えていくと、自分の潜在能力が生かされ、プライベートや仕事がうまくいくようになるでしょう。主婦の方であれば、より素晴らしい家庭をつくることも期待できます。

私(著者)はそれを立証していますし、整えることは、どんな方にも必要なことだと思います。そのためには、心と身体の癖を知っていくことが重要になるのです。

私が開校しているアカデミーには、オリジナルの体操プログラムもあり、生徒さんにはそれをやっていただいています。大切なのは、「教わった通りにやること」。しかし、「これくらいはできる」と思っても、実際やってみると自分の癖が出てなかなか難しいと感じる方が多いようです。

15年以上アカデミーに在籍し、「プラスパ・ソサエティ」という在校生の会の副会長をしてくださっているKさんは、私立の名門大学出身で、普段はグローバル企業でコンサルティング業務を行っている方です。そのKさんが、アカデミーで学び始めた頃のことを振り返って、以下のように語ってくださいました。

「自分で言うのもなんですが、私は物覚えも良い、要領も悪くない、運動神経も人並みよりちょっと良いと思っていました。それで、体操(マインドフルネス)なども、簡単にできると考えてしまっていたのです。けれども、やればやるほど奥深かった。

さまざまな指導を受けて考えていると、だんだん動きの中にその人の心の癖が出てくるのだと気づいたのです。当時、私の中には講師の方に対して挑戦的な心理があったのでしょう。荻原先生から見ると、さぞ肩に力が入り、空気に溶け込まない、違和感のある怖い人が体操をしているように見えたのではないでしょうか。プラスパのマインドフルネスを学び、とても重要なことに気づかせていただきました」

身体の癖や心の癖は、ひとりでは気づきにくいものです。身体の動きに意識的になり、人からの指摘に耳を傾けてみる。そんな姿勢も必要だと思います。

何もできない自分
できていない自分
を受け入れる

C160b8da9ca0829be8a4d19771f127792f641e8b

上記で説明したように、アカデミーで教えているオリジナル体操は一見簡単なようですが、奥が深いものです。右脳を使うのが得意であったり、スポーツマンであっても「自分はこんなことができないのだ」と気づくのです。

教わった通りに身体を動かせない原因は、思考に癖があるためです。身体を動かしながら、またインストラクターから指導を受けながら、自分の癖に気づき、それを直そうとしないと、心も身体も整いません。

このように、普段の生活でも自分の考えや言動が間違っていると気づいたら、答えを見つけて正していく努力をしてみてください。言葉遣いや行動を変えていくと、物事が少し前進するはずです。最終的には「自分を知らないと何もできない」というところに行き着くでしょう。

・実は自分はとても打たれ弱かった

・こんなことができなかった

・こんなことが得意だった

・こういう時、自分はこんなふうに感じる

このように、まずは「自分を知る」ということが始まりの第一歩なのです。

人の話をなかなか聞けない
自分の「意識」に気づく

Ce8584caa87b83056d8df2099041ae51e7a37d9b

生徒さんにさまざまなことを教えていると、「人は人の話を聞くということが、どれだけできないか」ということによく気付かされます。

例えば、「こうしてください」と決まりごとをお伝えしても、何も覚えていないという人がいます。人から注意をされたり、自分の言動をフィードバックされても、大人になればなるほどなかなか素直に聞けないものなのですね。

よく「脳は自分の都合の良いようにしか覚えない」と言いますが、本当にその通りだと思います。自分が違っていたことに気づいても、脳は自分の都合の良い方に働いてしまう傾向があるようです。だからこそ、繰り返しの訓練が必要なのです。

そのため、当アカデミーでは、2年間のカリキュラムを終えても、さらにモチベーションを高めたい方にはカリキュラムを学び直せる仕組みも用意しています。同じことを繰り返すことで、ようやく自分の癖に気づけることを知ってほしいです。

自分の癖を直そうと意識することが出来るようになると、人からの注意が聞けるようになるのです。それを頭に入れて生活してみましょう。

人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
生きている限り、どうしても避けることのできない不遇に見舞われることがあります。自身の努力では到底太刀打ちできない事象に出会ったとき、どのようにして乗り越え...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...