誰でもできる「なんか良いよね」って思わせる努力

仕事をバリバリこなし、プライベートも充実させている輝くオトコたち。あなたの周りにもいるかもしれません。外見に内面の輝きがにじみでているように感じる人や、言葉や態度で目立っているわけでもないのに、なぜか存在感がある人。そんな彼らは、日常的にどんな努力をしているのでしょうか。

だれでもかんたんにマネできるような共通点がきっとあるはず!たとえば、表情のつくりかた一つをとっても、なにか秘訣があるとか。

02ad8440b8accd5ef1262cdccd52320606285b66

と仮説を立て、20代から60代以上までを含む幅広い年齢層の男性に答えてもらった「肌活」に関するアンケート調査を実施。すると、スキンケアをしているか否かで、回答結果にこんな違いが見られました。

2cc36fe0786400bf0d52f69489689f71729fa137

※マクロミルが100人の男性を対象に調査した結果(2017年8月)

ズバリ、肌活している人のほうが前向き!

意欲的で行動力があると捉えられる答えが多いほか、充実感を感じているかどうかにも違いがあらわれました。

D2de6a34355d75f0a133fdbdfc68c9063ac9d2a5C5077f79ae61a1c9a86fed1a5fca46f271277c95

※マクロミルが100人の男性を対象に調査した結果(2017年8月)

そのほかにも、運が強いと思っている人の割合が多かったり、将来への不安を感じている割合が少なかったりと、物事を前向きに捉えられる人が多いととれる回答が多く集まりました。

商談、転職、婚活……と考えれば、日常は第一印象が成否を分ける場面に溢れているもの。“肌に気を配っているから表情が明るく見える”ということもあるかもしれませんが、アンケートの結果からわかるのは、見た目だけでなく、“輝く努力”が可視化されたものとも言えるのではないでしょうか。

つまり、ケアによる肌の輝きだけでなく、行動したことで得た自信によってオーラの輝きをも同時に生んでいるのでは?ダブルで効果的と考えれば、輝くオトコたちに肌活が共通しているというのも頷ける話です。

016c6b3600d17a2bfc8c90513bb12a88143faa7c

肌活を充実させるアイテムを選ぼう

F0d3cc205e993ed37fde7307d056c7aefb5e207f

これから肌活をする、または、ワンランク上の肌活をする人にオススメしたいのは、肌活の重要性を提唱している「BULK HOMME(バルクオム)」。洗面台に置くだけで場が引き締まるようなクールなパウチタイプのデザインが特徴です。

04c2431b160939886d104e48d4042bfaa3ee5745

50種類以上の成分から選びぬき
1%レベルでこだわった「中身」

8c4a756d3740f4ac779fd63c8b8257bda5aad031

バルクオムの“バルク”は、中身を意味する言葉。その品質にも注目。男性の肌が必要とするスキンケアを実現する為に、1%レベルの配合比率で調整を繰り返し、50種類以上の成分から本当に男性の肌にとって必要なものを導き出しました。

とくに、THE FACE WASH(洗顔料)の泡立ちの良さは、開発者のこだわりが強く、ファンも多いポイント。生せっけんを使って不要な汚れのみを取り除けるようにつくられたふわもちの泡は、肌への吸着感や弾力が抜群で、水でパシャッとすすいだ際の切れもよく、香りも爽やか。男性らしくてさっぱりとした匂いですが、女性人気をしっかり獲得していることにも納得の清々しい印象。

THE TONER(化粧水)やTHE LOTION(乳液)なども一通りあるから、スキンケアグッズをまとめて揃えるのもアリ。肌活を意識しはじめた人にも最適で、プレゼントされても喜ばれるアイテム。

充実した生活への第一歩をスタートさせたいならチェックしておいて損はナシ。たかが肌活、されど肌活。見た目も中身もピカピカに磨き上げる「輝くオトコ」への第一歩はここから!

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b

【バルクオムが考える肌活の定義とは?】

清潔かつ健康的で印象の良い肌を手に入れたるためのスキンケア活動。正しいスキンケアの結果、自己/他社評価があがり、前向きなマインドセットになることで、自分の人生をハンドリングし、ワンランク上のより充実した人生を送ることができる。広義の「肌活」としては、適度な運動、バランスの良い食事、良質な睡眠、等が含まれる。

いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。それな...