感触にハマる「イタリアのルームシューズ」。

「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。

イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発した、スポンジのようなやわらかいメッシュ状の素材が特徴。この素材がスグレモノなんです。

抗菌、防カビ加工がされている上に、洗濯機に入れて洗うこともできます。スリッパで丸洗い可能っていうのは貴重ですよね。

肝心の履き心地ですが、靴下の上からでも素足でもまず脱げたりすることはありません。SML展開なんですが、フィット感は抜群です。底と足裏がピタっとくっつく感じで、スリッパ特有の歩く時のパタパタという音もしません。見た目以上にフワフワしていて、クッション性もあります。

ちょっと癖になる履き心地。それでいて通気性もいいし、滑りません。

ルームシューズやベランダ用に使うのが一般的ですが、あまりに気持ちいいのでオフィスシューズとしても使っています。つまり、一日で一番長い時間履いていることになりますね。

価格は税込みで3,780円。耐久性もあるので、長く清潔に使えます。写真の私物はイエローですが、色も豊富に展開されています。

「Le dd」で検索すると、オンラインで販売しているショップがすぐに見つかります。

3ee252f618066c955b18e7077091c5c4f592bad1Eefacaeb9a76aefdb859ae27ea4db6f1cc461096C69a9c10315e5dfef8b4c1184e572d6323d3ddf6

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」