ブラックユーモアたっぷりの石鹸。

世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。

けれど、これほどひねりが効いていて、パンチのあるユーモアは珍しい。変わったネーミングに続くのは、思わず吹き出してしまう香りの解説。早速、冗談みたいなラベルたちを紹介していこう。

#1
内向的な人

無臭

なぜなら、とにかく、あなたはどこにも出かけないからね。

67aa4655ae032daba074babf5ad37ef302fef091

#2
本物のアーティスト

失業者のような香り

ラーメンと高品質の絵筆を結合させたような。

72e210c3168aa70256defe3ead11d8503e946245

#3
次男坊

主に目に見えない香り

さあ、君の髪の毛を紫色に染めよう。決して、誰にも気づかれないから。

289e7406f0cdde289fc450d750df8d32e2b2f7e1

#4
オタク

Wi-Fiの香り

この香りは、オタク以外は理解できない。

7f1dc7dfffda4c827a7928a3af020e5a442d2fbc

#5
新しいモノ好き

コーヒー、ベーコン、クラフトビール風

まさに、あなたのあごひげのような香り。

2a1ba83e09fd6fd7095b1a2574089a06a7dc2acd

#6
破産したダメミュージシャン

「アルバイトを辞めるな!」のような香り

とはいえ。名声は、曲がり角にある。(爆!そんなわけないよね。)

A65b3a2b3a7b9b9d94f087d5bd84f594b6ba202e

#7
漢の中の漢

アラスカのような香り

熊の毛皮、もしくは、サーモンの臭いという気がする。美味しそう。

Ebf5d644bd4bec8abe02a3de90c3c3db7e7e902f

#8
ハイな人

コロラド州のような香り

どこかでは、誰かが大麻を吸っている。

793a6b3e12a202f9d4c28b57ad8d506a760fbf2d

#9
強迫性障害

強迫観念の行動のような香り

手を繰り返し洗うために立ち上がろう。

6218ce2c5770df31732d5fae5a479d7904fb3f27

#10
酒飲み

あなたの口臭のような香り

でも、石鹸に文句をつけてもいい。

7b8a05b209ac1df3a136f7ce6e763106519a777c

#11
ストーカー
 

ゾッとするような香り

不気味そのもの。まるであなたのよう。

Ff83599f7b33376131506cb53a585952af3d7707

#12
宝くじを買う人

夢物語のような香り

履歴書を書くよりもラク。

F76c59485f8c45a733324b6793140bb0804a2e59

#13
昼飲み

土曜日のような香り

そして、日曜日も、月曜日も、火曜日も…コツはつかめましたね。

Bbb07870ef159864622df1cc8e4278ba54ad60ae

これらの石鹸は、アメリカの「Whisky River Soap Co.」のもの。冗談みたいだが、すべての商品はオンラインで購入することができる。

本社のサイトには、ここでは紹介しきれないほどの石鹸がラインナップされている。ちなみに値段は、ほぼ8.95ドル(約980円)ほど。気が置けないトモダチへのちょっとしたギフトにどうだろうか?

Licensed material used with permission by Whiskey River Soap
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
お祝いや感謝など、大切な誰かを思う気持ち──。それらを面と向かって相手に伝えるのは、なかなか照れ臭くて難しかったりしますよね。では、こんな「石鹸の力」を借...
以前紹介し、特別な贈り物を届けたい人たちの心をギュッとつかんだ「Message Soap, in time」。直接口にして伝えるには少し照れくさい想いを「...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
タイ料理やベトナム料理が好きな人にとってはパクチーは欠かせない香草ですよね。世の中にはパクチー専門のレストランもあるくらいで、最近では抗酸化作用がアンチエ...
「Soaptopia」は、カリフォルニア ベニスビーチで生まれた、植物をベースに丁寧に作られたハンドメイドソープ&ナチュラルボディケアブランド。作...
夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハ...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
家族や友だちが入院。お見舞いといえば…、お花を持って行くのもいいですが、花瓶がなかったり水を換えるのが大変ということも。また、フルーツも定番ですが、具合が...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...