たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

正規店で購入すればいいのですが、それ以外でブランド品を手に入れた時、本物かどうか見分けられますか?普段、高価な物を持ち歩かない私の場合、まったく見分けがつかないのが正直なところです。

あなたももし同じような気持ちを抱いているとしたら、このデバイスに興味がわくかもしれません。

11の有名ブランドに対応

9cb5ad5d2f3e60825512545366abb8ca61181dc0

ブランド品が本物かどうか、短時間で調べることができるという「entrupy」。専用のアプリさえダウンロードしてしまえば、あとはとても簡単です。

5ac87c8481639a8f076cbf3959b33bacedce2cc9

調べたいブランド品の表面にデバイスを置いて、アプリを起動。その後、さっとスキャン。すると、entruptyが読み取った画像を分析し、15〜20秒ほどで結果を知らせてくれるそう。

237686106d68659c4aec0743760446b51aaab692

精度は、98%だとか。

entrupyが対応可能なブランドは、誰もが知るブランドばかり。例を挙げると、シャネル、ディオール、フェンディ、グッチなど。今後はもっと増えていくようですが、現在は全部で11種類です。また、メタル素材やレザーなど、様々な素材を分析することができるみたい。

620f312229a8169fb5a35419a8781a49d73499ad

何よりも気になるのは、どれほど正確なのかというところ。なんと精度は98%を超えるという。これを可能にしているのは、260倍もズームができるカメラだとか。

まあ、繰り返しになりますが、正規店で購入すれば2%のリスクも回避できるのですが…。

Licensed material used with permission by Entrupy
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
100年前のイケメンと、今のイケメンってどれくらい違うの?そんな疑問に答えてくれる動画をご紹介。アメリカ人男性のイケメンの定義が、時代とともにどのように変...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
雑誌の編集者を経て、ブランドプロデューサーとして活躍中の渡辺佳恵さん。6年来アドバイザーを務める雑誌『美的』 (小学館)は、雑誌が売れない時代のなか、7年...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...