「部屋を貸せなくてもいい」Airbnbの進化はチャンスです。

最近Airbnb(エアービーアンドビー)のページを開いたことありますか? 最近と言っても、ここ1年ぐらい。

魅力的な世界の宿泊先が掲載されているのは変わらず。だけど、それだけじゃない。現在のトップページはこんなふうになってます。

D186dfceb90205c524e491276607ad788632d7fa

気づきました?

「宿泊先」と並んで「体験」と「レストラン(※)」が探せるようになっています。

まあ、「レストラン」はわかるとして、ここで注目したいのは「体験」のほう。Airbnbは宿泊する部屋や一軒家に加えて、さまざまな旅の体験を掲載しているんです。

例えば、

美術史専門家兼コメディアンによる
「爆笑ルーブル美術館ガイド」(フランス)

プロMTBレーサーと走る
「絶景テーブルマウンテン」(南アフリカ)

バルセロナのプライベートガーデンで
「伝統のパエリア教室」(スペイン)

こんなのがラインナップされています。

見ての通り、単なるアクティビティとか、ツアーじゃない。ローカルならではの目線で、各分野のエキスパートがホストとなって提供しているものばかり。

他では絶対にできないような体験が、今Airbnbにはたくさん載っているんです。

※2017年10月現在、以下のアメリカの都市のみ予約可能です。
New York, Los Angeles, Washington, D.C., San Francisco, Miami, Charleston, Austin, Seattle, Hamptons, Denver, Portland, Raleigh/Durham, Atlanta, New Orleans, Nashville, Napa.

あなたもホストになれる。

Bffceaf4991ff2f3d8b0243a27bac7b1912a73fe

さて、これらのスペシャルなプログラムを実際に体験するのは簡単です。Airbnbで検索して予約すればOK。

でも、もう一歩踏み込んでみるのも手です。

そう、あなた自身がホストになって、「体験」を提供するっていうのはどうでしょう? 

すでに、日本国内でも自らの経験値や能力を活かしたホストが増えています。なかには、副業ではなく、本業として世界中のゲストを迎えているホストも。その内容も前述の世界に負けないぐらい刺激的。

カヤックの達人による「東京の水路ナイトクルージング」

日本酒のエキスパートが教える「SAKEの楽しみ方」

若き盆栽家が伝える「BONSAI ワークショップ」

海外からのゲストの食指が動くのもわかります。おもしろそう。

よく知られている通り、現在日本は海外からの観光客がどんどん増えているところ。東京五輪なんてキーワードを出すまでもなく、今後も増加するとみられています。

自分たち日本人がそうであるように、否、それ以上に彼らはAirbnbを利用していて、日本での体験を求めています。

スキルを活かす意味でも、経済的な意味でも、はっきり言ってこれはチャンスです。

81c18f4a44cfd5c6d201f85a83ec04724b4a10ac

体験を提供するホストに
求められること。

繰り返しになりますが、Airbnbの提供している「体験」は、とってもユニークでオリジナリティのあるものばかり。当然ホストには、“最低限の英会話ができる”といったスキルだけでなく、それなりのプレゼンテーションが求められます。

具体的な基準は、以下のような項目だそうです。

アクセス
普通の旅行では足を踏み入れられない場所や知り得ないイベント。そんなユニークな体験を提供できるか?

視点
独自性。自分だけのこだわりや思い入れのある体験を提供できるか? 

参加
提供するのはショーではなく体験。ゆえに、ゲストが没頭できる、参加型であることが求められる。

信頼
その分野において、深い知識や経験、それに基づいたスキルがあるかどうか? そして、それを伝えられるかどうか?

うん、ハードルは決して低くありません。それだけAirbnbのユーザーが求める「体験」は特別なんです。

ただ1点、とてもポジティブな部分があります。

貸し出す部屋や物件を持っていなくてもOK!

これは大きなポイントです。これまでAirbnbでホストになるには、ゲストを迎えるスペースを持っていることが前提だったわけですから。

問われているのは、経験やスキル、どう活かすかは自分次第。

“こんな体験、世界中の人に提供したい!”

そう思っているあなた。チャレンジする価値は、絶対あります。

4471e5841694d59baea8ca1e3e530758096998d2
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
ポツリと1軒だけ建っているツリーハウス。一体どこの荒野?と思いきや、意外にもここはハワイ。とは言っても、見ての通り青いビーチが広がっているわけでもなく、リ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...