なぜ、世界は「錦鯉」に夢中なのか?

「錦鯉(NISHIKIGOI)」が、すごいことになっている。

新潟県の中越地方 ——。

そこで行なわれる池上げ(ときに4mを超える積雪に備えて、冬の間は野池から上げる)や品評会などのイベントには、ヨーロッパ、北米、アジアなど、さまざまな国から錦鯉ファンが集まり、そこにある「わびさび」や「色気」に酔いしれているという。

ウワサには聞いていたけれど、正直、現地の熱は想像をはるかに超えるものだった。マニアだけの嗜み、という言葉では済まないほどの広がりを、「美しさ・存在感・未来」という3つのワードで追ってみた。

富士山や桜とも違う。
錦鯉の「美しさ」

9dc32b60c023330cf5a23494401e957c8d679eca

錦鯉の美しさや魅力とは、なんだろうか?

紅白・大正三色・昭和三色の「御三家」と呼ばれるおなじみの模様もあれば、変わった模様もたくさんあり、100以上の品種があるという。そこで、単刀直入にプロの方に聞いてみた。答えてくれたのは、養鯉業者の「錦鯉新潟ダイレクト」さん。

「日本にはさまざまな『美』があると思います。とくに海外の方から注目されるもので言うと、桜や富士山などが挙げられるかもしれません。その美しさを自分の国へ持ち帰ることは難しいのですが、錦鯉は、管理さえしっかりできれば、自分の手で飼い、育て、愛でることもできます。生き物なのでエサをあげれば寄ってくるという可愛さもありますし、飼育方法次第で、模様やサイズが変わってくるという楽しさもあります。ずっと眺めていたくなりますし、泳ぐ芸術だと思いますね」

品評会においては当然、模様の対称性やバランスの良さなどが基準になるが、錦鯉の魅力はそれだけではない、と。

Dbfd7cec164a97cd15f55115ecd19ea5d46a124568b2310d084337ae0864f508e9444d76cd3dd2e6

そんな錦鯉に魅了された世界中のファンやディーラーが新潟の地を訪れるという。錦鯉新潟ダイレクトさん曰く、このレベルまで育つ錦鯉は、50,000匹のなかから100匹ほど(約0.2%!)で、さらにそこから、賞を獲るような特選品が生まれるそう。

国内の需要は住宅環境などの変化で縮小傾向にあるものの、現在お客さんの約90%は外国人。なかには数百万〜数千万円で取引きされるものも出るほどだ。世界約50ヶ国に輸出され、新潟県からの輸出額は日本全体の約半分、18億円程度と推定されている(2015年)。

「錦鯉のおかげで、世界中に友だちができている——。そんな感覚なんです」

突然変異か、奇跡か。
錦鯉の「存在感」

Bbaf398bbc1255a4fe11e98bc8cde8e71ac85e7a

そもそも錦鯉は、突然変異と言うべきか、美しい自然が生んだ奇跡と言うべきか、今から約200年前の江戸後期に誕生したと言われている。それまで冬のタンパク源として飼育されていた真鯉が、「錦」をまとったのだ。

具体的な誕生場所や原因は、書物などに残っているわけではなく定かではないという。ただ、先人から託された錦鯉は地域の人たちの手によって改良され、その後も多くの品種を生み出した。

2016年には、長岡・小千谷が「錦鯉発祥の地」として、静岡のわさびや、志摩の真珠などと並び、日本農業遺産第1号に認定された。ポイントは、ミネラルをたっぷり含んだ「雪解け水」の存在。水の少ない山間地で、横井戸や雪の恵みを活かした稲作や養鯉が伝統的に行なわれてきたのだ。

昔の人は、よくこう言ったという。

「いい鯉が育つかどうかは、その土地の米を食べれば分かる」

と。

錦鯉は、2004年にこの地を襲った新潟県中越地震からの「復興の象徴」とも呼ばれていて、10年以上経った今では多くの生産者が「地震の前より生産が増えているのではないか」というほど大切な存在になっており、2017年には「県の鑑賞魚」にも指定されるなど、新潟県のシンボルともなっている。

ますます広がる。
錦鯉の「未来」

7165f31a75fd4452852ac63ef6990e9bc3e1f562

ここ最近はテレビなどで取り上げられることも多く、徐々に国内での認知度も高まってきたとはいえ、海外からの視線のほうが熱いという印象は拭いきれない。

たとえば、輸出量においてはこの10年で約2倍にまで伸びていて、多言語対応している海外のサービスなどもあり、まだまだ拡大していきそうだ。小千谷市で毎年開催されている錦鯉品評会の参加者も、年々外国人の割合が多くなっているという。

さらに、14歳にして「鯉師」を目指す新潟県の中学3年生、菊池景斗くんの存在も、生産者たちの間では明るい話題のひとつだ。養鯉場に通いながら鯉師としての勉強をしつつ、英語学習にも積極的。彼のような「未来の鯉師」が、さらにグローバルなつながりを強くしていくのかもしれない。

C2e9ffe05e09bcebc0e3a26a321892759bc8479f

200年以上続いている「錦鯉」というカルチャーは今、世界、そして次の世代へと、さらなる広がりを見せつつある。

新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだ...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
何年か前、大阪御堂筋に並ぶ銅像の何体かが、一夜にして赤い服をまとっていたという珍事が起きた。誰かが洋服を着せたいたずらだが、らくがき同様、日本では勝手に衣...
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“...
新潟県の郷土菓子といえば笹団子。この数百年もの伝統をもつと言われる郷土菓子に、最近ではきんぴら入りやチョコレート入りが誕生しているのだとか。決してインパク...
近頃、にゃんこも興味津々の「鯉のお寿司」が話題沸騰中。可愛い見た目はもちろん、自宅で簡単に作れることも人気を博している理由でしょう。作り方を教えてくれたの...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。 “シャッタ...