どこに出しても恥ずかしくない「ウェットティッシュ専用のケース」。

ティッシュケースはいろいろと発売されていますが、ウェットティッシュ用となると選択肢はほとんどありません。

そもそも消費者の発想としても“ティッシュのパッケージをなんとかしたい”とは考えていても、ウェットティッシュはなんとなく諦めてることが多いかも。

僕も〈ideaco(イデアコ)〉の「Mochi Bin(モチ ビン)」を知ってはじめて、“これならテーブルの上や食器棚など、見えるところにウェットティッシュを置いておける”と思いました。

取り出し口がオリジナルのギザギザした形状(取り出しやすい!)になっていたり、上部がシリコン製で詰替がラクだったり、木蓋が乾燥を防いでくれたり。ただシンプルなボトルにしただけでなく、使いやすさまでデザインされています。

税込3,240円。

公式オンラインショップで購入可能です。

376f0990a80cfd3ead8f52c57c6e43893200f69cD8c355883aab13a7beef13d3795b7499da1a9d265042562f575c9e92444ce56d5a9ea1e4c9d49769

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

仮にファッションで例えるとしたら「靴下」といったところでしょうか。ジャケットやパンツ、シューズなどメインとなるアイテムにこだわるのは当たり前。だからこそ、...
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
あんまり思い出の品とか、大切にするタイプじゃないんです。専門の洋服も、どちらかというと新鮮味のあるデザインや機能に惹かれます。ヴィンテージもいいけど、新し...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
内気で恥ずかしがり屋な性格であることは、社会ではデメリットだと見られがち。でも実際は、恥ずかしがり屋な性格にもたくさんの魅力とメリットがあるのです。「I ...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...