確実にフォロワーを増やす、Instagramの「30日チャレンジ」がキニナル。

2014年10月末の時点で、2億8400万人だったTwitterのユーザー数を上回ったと報じられていたInstagram。その後もぐんぐんと成長し続け、2016年にはTwitterの約2倍、6億人のユーザーを獲得することとなった。

Facebookにはまだ及ばないものの、国内でも10代〜30代の間では、ほとんどの人がアカウント所有者。今や、プロの写真家並みに“インスタ映え”する写真を撮れる一般ユーザーが、高い金額でオファーを受けていたりもする。

ついこの間、『フォロワーを買える自販機』について紹介したように、ひと昔前なら「そんなものにお金を払うなんて」と笑い話だったようなモノも、今ではバカにしてはいられない。

そのくらい、<Instagram上での評価・フォロワー数>は、世に売り出したい何かをプロモーションするうえで、武器になるのだから。

基礎をおさえる
「30日間チャレンジ」

9ba0ab65bd68dc09fb3929d8045f86e6f64f3d5b

DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。開発した彼らはエンタメ感覚だったかもしれないけれど、このBOXはインスタという独特な世界で、「数字を集めるコンテンツ」を30日間レクチャーしてくれるという機能に注目が集まっている。

<いいね!>を集めやすいフォトジェニックな写真と、ハッシュタグを毎日引いて、真似してみてもらいたい。裏には丁寧に解説まで一緒についてくるのだ。毎日続けていれば、色合いや撮り方、なにがイケているのかを感覚的に掴めるのではないだろうか。

706acf70147c9ee6b7bd95bfba28ade9f1c70f3788c4fc08cb69e7c261b038d9eb7ac8a44964623e7dd90411873f0970c4b93439099d544cc182cdd4

個人アカウントとは別に商業用、ブランディング用のアカウントを立ち上げようと考えているのであれば、基本を抑えてフォロワーの心を掴む練習をしてから、オリジナリティを出していくっていうプランもアリじゃない?

Licensed material used with permission by DOIY
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
今年の10月頃、アメリカの高校生が投稿した動画からスタートしたと言われている「マネキン・チャレンジ」。その場にいる人たちがみんなマネキンみたいに止まってい...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
海に山に滝、風光明媚な大自然や世界の名所を背景にして女性たちが「トップレス」になって記念写真を撮るプロジェクトがSNS上で拡散しているのを知っていますか?...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
2010年2月、私は24年間勤務したANAを退職しました。病気から復帰してから3年間考え、新しいことにチャレンジしてみたいという気持ちが湧いてきたのです。...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...