イヤホンで聞きたい!アスリートたちの奏でる「音楽」とは

スポーツを生で観戦すると、画面を通じて観るのとは段違いの迫力に圧倒される。特に、トップアスリートたちの場合、その違いは明らかだ。

その大きな要因のひとつが「音」であることは間違いない。その日のために、地道な努力を積み重ねて鍛え抜かれた一振り、一突き、一撃、地面を蹴る一歩、車椅子のタイヤが軋む音でさえ、トップアスリートが出す音は重みが違う。

そんな「音」を重ね合わせていくと、どうなるだろう?

異なる競技の「一流の音」が徐々に重なり、リズムを刻み始め、ひとつの壮大なオーケストラになる…それが、2020年東京オリンピック・パラリンピックをサポートすべく制作されたANAの動画「Athlete Sound」だ。

果たして、そこではどんな曲が奏でられているのだろうか?

ANAの利用客にはおなじみ「あの曲」

4d92ecb25eb7354d4ba1f66a400844fb68faf7dc

動画後半、音が重なり合い出したとき、旅好きや出張の多さを自認する人は、きっとそれが耳馴染みのあるメロディであることに気がつくだろう。「Another Sky」、葉加瀬太郎氏によって生み出された、ANAの飛行機に搭乗する際、そして目的地に到着した際に機内で流れるあの名曲だ。

トップアスリートが出す音の魅力

Fe424954fc2b9e1bb9a8e4c9264dc4aa0d78ee7252564e34c72c2f288f410955f270f5745380c9523da530ab1200fe303263a62af686f24ee51f88f2851c6383dd5e60a533f397a31e48f51ad4fffeaf99ad15b579db3f71e903bd2eccafdd340362b9d3

この動画は、来る2020年に向けて、ANAがオリンピックとパラリンピックを一層盛り上げることを目的に制作されたスペシャルムービーの第2弾である(第1弾のテーマは「Athlete view」で、競技者の「目線」にフォーカスされていた)。

卓球、ボクシング、フェンシング、車椅子テニス、ブラインドサッカー、etc...動画の中の「演奏者」はすべてトップアスリート。一人のアスリートが出す音は決して一種類ではない。ぶつかる音、こすれる音、そしてアスリート本人の息遣い。

様々な音が複雑に重なり合うこの動画は、生で観戦するスポーツの迫力を「音」というコンセプトで見事に体現している。そして、その音を生み出すモーションの美しさもまたスポーツの醍醐味だと感じられる動画となっている。

「HELLO  BLUE, HELLO FUTURE」
に込められた想いとは?

32c870ba931919194f9648d5e60a6ba25867fb64

動画ラストに登場する『Hello Blue, Hello Future~2020を、みんなの滑走路にしよう』というキャッチコピー。ここでの「BLUE」には実はふたつの意味がある。一つは、ANA自体(ご存知の通り、青はANAのイメージカラー)、そしてもう一つは「地球」という意味だ。

オリンピック・パラリンピック期間中は当然海外から多くの人が来日する。国籍、年齢、性別、障がい、さまざまな個性が集まるその時、その場所をきっかけに、すべての人の架け橋になりたい。「東京にようこそ」。BLUEには、そんなANAの想いが込められている。

その時まで1000日を切った。2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会本番で奏でられるであろう、すべての競技の熱い「音」に注目したい。 

スペシャルサイトには
アスリートのインタビューも満載

ANAのオリンピック・パラリンピック特設サイトには、ここで紹介したムービーに加えて、ここでしか読めない超一流アスリートたちの内容の濃いインタビューも満載。羽生結弦や福原愛、瀬戸大也、高梨沙羅、車椅子テニスの国枝慎吾、さらにあのウサイン・ボルトなどなど。これら一部の顔ぶれを並べてみただけでもその充実度がお分りいただけると思う。ぜひ一度覗いてみてもらいたい。

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
多くの人が待ち望んでいたワイヤレスイヤホン「BeatsX」がついに発売開始。かねてからの期待値の高さ通り初速はすさまじく、現時点で1〜2週間待ちの状態とな...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
ちょっとコンビニまでに行くなら財布とスマホ、あとはこのキャップでOK。Bluetoothでさっと接続したら、お気に入りのプレイリストをONに。見た目はフツ...
成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...