この映画はアル・ゴアからあなたへ託された1通の手紙だ。

2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画だ。語り手は、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元副大統領。気候変動および、地球温暖化をテーマにした映像は、賛否両論で様々な議論を呼んだ。

あれから、10年が経過した。想定外の豪雨、気温50度を越える酷暑、人々を襲う台風、洪水ー。僕たちを取り巻く環境が、深刻な状態に陥っているのは誰の目にも明らかだ。続編となる本作品『不都合な真実2:放置された地球』では、思わず息を飲む衝撃的なシーンが数多くある。まずは、こちらの映像をチェックして欲しい。

肌で感じられるようになった
気候変動

Ceca6807b25fe28fbc7aaf5ab982bd2dfab6b1dd

グリーンランドで気温上昇によって破裂する氷河、一面の氷河融解によって海になっている光景。長年に渡り環境問題に取り組んで、幾度となく悲惨な状況を目の当たりしてきたゴアではあるが、その厳しい表情は非常に印象的だ。

でも、それは、まさに氷山の一角に過ぎない。インドで溶けたアスファルトに足を取られる女性、洪水により沈んだ車から危機一髪で助けられるルイジアナ州の人々、フロリダの道では海水魚が泳いでいる様子、フィリピンでは観測史上最強の台風によって屋根に逃げる男性、アリゾナ州を襲うSF映画のような豪雨…。それらをニュース映像で見た人は多いと思うが、どこか遠い国で起きている災害だと捉えていたフシはないだろうか。

しかし、もう、目を覆うことも、耳を塞ぐこともできなくなった。今年、東京では、連続21日間に渡って雨が降り続き、九州北部では気象観測史上最大級の1時間に100mmを超える集中豪雨に見舞われた。2010年の夏には、記録的な高温が続き、日本国内で1,700人もが熱中症で亡くなっている。誰もが、異常な気候変動を肌で感じているはずだろう。

揺るぎない信念に基づく行動

677328e512f75043c6e4dcf03e313d08e2f94147

ゴアは、気候学の第一線にいる科学者を定期的に訪ね、助言を求めている。科学者たちは、他者がほとんど目にする機会がないような急速な変化を観察しているからだ。ゴアは科学者たちの声を代弁して、世界に緊急メッセージを発しているのだ。

2ee206ebc66faa9c3ca66e769765207634ae458e

また、ゴアは、『不都合な真実』の公開後、「クライメイト・リアリティ・リーダーズ・コース」というトレーニング・プログラムをテネシー州で開催した。このプログラムは、他者にも自身の言葉で話せるようになることを目的として、世界中で実施されているのだ。本作でも、ゴア自身がマイアミ、ヒューストン、北京、マニラなどでトレーニングを実施する様子が映し出されている。

僕は、この2つの活動の繋がりがとても気になった。それは、ゴア自身が、将来を見据えて、真実を話す勇気、そして、その能力取得を懸命に人々に伝えようとしているとも捉えることができるからだ。

彼は69歳だが、いまだに、全身全霊で地球温暖化に取り組んでいる。前作より、激しい口調で訴えている本作。そして、世界中で奮起するゴアの姿には、胸を打つものがある。見えない敵と戦い続けるスタンスには、揺るぎない信念をも感じることができる。それは、次のゴア自身の言葉が如実に語ってもいる。

「人間の知恵と情熱により、気候変動による危険は乗り越えられる」 

COP21における
ゴアの知られざる役割

4977ca2563fa2eaf1c8b5c807ffbfb4e65b41e87

本作の1つのハイライトは、2015年にパリで行われたCOP21(気候変動組枠組条約締約国会議)だ。COP21がはじまる前、パリの街がテロ攻撃に巻き込まれ130人もの無実な人が命を奪われたことを記憶している人は多いだろう。パリが悲しみに暮れる中、会議ははじまるが、インドが、化石燃料による発展途上国の発展を維持する権利を主張した後、話し合いは行き詰まることになる。

インドの主張はこうだ。「アメリカは石炭を燃やしながら経済成長し、都市も繁栄する。インドや他国もそのチャンスがあっていいのではないか?」

886e2af6c3c05577615d239adad570fb876d4c65

ここまでは、衆知の事実だが、この時、ゴアが重要な役割を担って、最後の一瞬まで必死で交渉を成立させることは、映画製作者も含めて、知る術はなかった。具体的には、ゴアはフランスの外務大臣と国連気候変動枠組条約長に会いに行き、最新の代替エネルギーを利用できるようにインドを説得することに協力を仰ぐ。そして、世界銀行にインドでの太陽光発電インフラのために10億ドル(約1,121億円)ローンを組んでもらうように話を進めるのだ。同時にアメリカ最大の太陽光発電製品・プロバイダーであるソーラーシティ社との取引をする。これが引き金となってインドを説得することに成功するのだ。

そんな舞台裏が覗けるのも、見どころの一つとなっている。

『不都合な真実2:放置された地球』
2017年11月17日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座ほかで絶賛上映中。
公式サイトは、コチラ

©2017 Paramount Pictures, All Rights Reserved.

Licensed material used with permission by 不都合な真実2
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
1980年に出版され世界的な反響を呼び起こした、とある女性の回顧録がある。日本では「ロビンが跳ねた」というタイトルで発売された「TRACKS」のことだ。7...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...