前代未聞!セリフも字幕もない映画『ザ・トライブ』|耳の聴こえない少年少女の青春を描く

4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作。

耳の聴こえない少年少女の青春を描いたもので、性的な描写や暴力シーンなど過激な内容も含まれている。音のないギャング映画とも形容され、出演しているのは、実際にろうあ(耳に不自由のある)の役者達だ。

静寂の中にある
暴力と愛

85singo_スクリーンショット 2015-04-15 13.46.40

耳が不自由な青年セルゲイは聾学校に入学する。一見、普通の寄宿学校ではあるが、裏には麻薬、売春などを生業にしている暴力組織「トライブ(族)」が存在していた。ある日、組織のリーダーから数人を相手にした殴り合いを強要されるが、そこで意外な屈強さを示したことで、グループへと引き込まれることに。

85singo_8516c263a52a411a749186e46ce9ee14

ドラッグの密売や、売春の送迎役をしていたセルゲイだったが、次第にリーダーの愛人であるアナを愛するようになる。ウクライナを離れてイタリアでの生活を夢見る彼女にとってはお金が全てだったが、セルゲイの想いに触れることで、徐々に心の中で葛藤が大きくなっていく・・・。

出演者はすべて、ろうあ者

85singo_スクリーンショット 2015-04-15 13.45.04

アナを演じたヤナ・ノヴィコヴァを含め、出演者全員がろうあ者で構成されている。作品中に描かれているバイオレンスシーンには、言葉や叫び声などがない。生身の人間がぶつかり合う音だけの暴力シーンはかえって生々しく、強烈だ。

85singo_スクリーンショット 2015-04-15 14.31.54

ミロスラヴ・スラボシュピツキー監督はこう語っている。

「これは私の学生時代の想い出と、ろうあの代表者達が語ってくれたことに基づいてつくられたものだ。彼らのコミュニケーションの取り方や、ジェスチャー、喧嘩の仕方に惹きつけられた。ボディランゲージで感情や心情を実現していた。それが吹き替えなし、字幕なしで映画にしたいと思った理由だ。この映画をけっして声の出る俳優達でつくろうとは思わなかった。それでは全く違うものになってしまっていただろう。私たちは発音に必要な顔の筋肉しか使わないが、彼らは体全部を使う。それが自然なんだ」

主演女優
「ヤナ・ノヴィコヴァ」

85singo_4712074e663520c0a134d44f9c014191

ヤナは幼い頃から女優を夢見ており、キエフ・シアター・アカデミーのオーディションでこの映画のミロスラヴ・シュラボツピツキー監督の目にとまった。当初は、過激なシーンがあることも知らなかったという。

「私はこれまでに演技経験もヌードの経験もありませんでしたし、何より、脚本にも書かれていないことだったので最初は断りました。しかし、その後、監督と監督の奥さんと演出について話し合い、裸になることやセックスを演じることがくだらないポルノではなく、映画にとってきちんとしたメッセージを伝えるうえで重要な演出だと説明がありました。それに、私はろうあの役者が耳の聞こえる役者と同じように演じることができるってみんなに証明したかった。それで、私は勇気を持って演じることを決めました」

主演男優
「グレゴリー・フェセンコ」

85singo_スクリーンショット 2015-04-15 14.49.30

元々ストリートカルチャーにとても強い関心を持っていて、実際にパルクール(アクロバティックに街を走るフリーランナー)のプレイヤーであり、ルーファー(吊り橋や鉄塔など、危険な高所に身一つで昇る行為を楽しむ人)でもある。

撮影期間中は、ストリートの仲間達との接触を絶ち、アルコールを飲むことや、抗議デモへの参加を厳しく禁じられていた。後からわかったことだが、それらの禁止令は再三にわたり破られていたそうだ。

85singo_f41c0df1411a91244993632579d06f42

個性的な若い俳優によって描写された、あまりにもピュアで、パワフルな作品。刺激が強いこともあり、評価は賛否両論だ。映画の終盤で席を立ってしまう人も多かったという。

『ザ・トライブ』は4/18(土)より順次全国公開。都心では渋谷ユーロスペース、新宿シネマカリテなどで公開が予定されている。国内でも様々な議論を呼ぶことになりそうだ。

Licensed material used with permission by © GARMATA FILM PRODUCTION LLC, 2014
© UKRAINIAN STATE FILM AGENCY, 2014
配給:彩プロ/ミモザフィルムズ

 

『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
ライオン、クマ、トラが並んでいるこの写真。なぜこんなに仲睦まじい姿で写ってるのでしょうか。不思議ですが、これには理由があったのです。写真の場所は、非営利の...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に! Reference:KickstarterSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に...
チベットと聞いて思い出すのは、頭痛だ。僕が滞在したのは一週間。映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にかけて“セブン・デイズ”の滞在だったのだが、毎朝ひ...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したホバーボードが遂に登場!?しかも、発表したのはあの人気自動車ブランド「レクサス」だ。まずはこの...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
秋も深まって人恋しい季節になってきましたが、ここで仕事にプライベートに悪天候気味のアナタに、少しの潤いをくれるであろう胸がキュンとする映画をお届け。主役の...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...