「独身」にこだわる男のつぶやきが深い。いや、深くないかもしれない。

Elite Daily」の恋愛コラムは、若者たちの恋愛観が語られているのが魅力ですが、なかには思わず吹き出しそうになるものも。

今回は、自虐ネタともとれるShawn Mitchellさんの記事を紹介しましょう。「ボクがいまだに独身で、それでもいいと思っているワケ」。この開き直りっぷりが最高です。

01.
男として
意識されなくても大丈夫

Medium ee1852cb93029f0cb019d2248757c0f1bc398a4d

ときどき、ボクはなんの下心もなしに、女性にゴハンや映画のチケットなどを奢ってあげたりする。100%本音で言うと、仮にその女性と手を繋げなかったとしても、まったく気にもならない。

周りから言わせると、ボクは完全に変人らしい。どうやら、見返りを求めずに女性に奢るのは男としてあり得ないし、無償でおごるなんて、ただのムダ使いなんだってさ。

02.
美人の前だろうと
くだらないことをやる

目上の人の前だろうと、好きな人の前だろうと、素の自分をさらけ出すことに何のためらいもない。だってそれこそが自分自身だから。たとえどんな美人が目の前に現れようとも、普段通りバカなことはするし、それを恥だと思ったことも一度もない。

03.
みんなと違う服を着たい

バーやレストランで他人と服装がかぶるのが、とにかく嫌なんだ。あえて子供服のXXLサイズを選んでみたり、アニメのTシャツを着てみたり。周りの人はそんなボクをピーターパン症候群だってからかうけどね。

でも、これってボクにとっては褒め言葉だよ。似たような服装で個性をつぶし合うくらいなら、自分だけのユニークな服を選ぶ。それほどお金もかからないしね。

04.
軽い気持ちで
恋愛したくない

Medium afe38d4fef0de38916e0efda6524a163955d2d5c

次にデートする女性が、生涯のパートナーと思い込んで慎重になっているワケじゃないけど、軽い気持ちで女性とデートしたり、一夜限りの関係を持ったりするのは好きじゃない。

この人とは絶対にデートしたい、っていう女性に出会えれば、きっといい関係が築けると思っているんだ。ボクなりに女性にはリスペクトを払いたいんだ。

05.
女性が自分に興味がないときは
すぐに身を引く

「あ、ボクには興味がないな」と読み取るのは、すごく簡単なことさ。この特技(?)のおかげで、これまでだって何度も女性に拒絶される前に、自らその場を立ち去ることができた。

女性からの好意は、自分が成長しない限り解決できない問題でもあるよね。

06.
過去の大失恋を
あえて引きずる

最後につき合っていた女性から、こっぴどくフラれたんだ。でも、このことで自分自身気づけたことがたくさんある。自分の感情のままでもいけないし、逆に押さえ込んで相手のペースに頼りっきりもいけない。

つらい失恋を耐え抜いたあと、ボクには2つの選択肢があった。1つめは「自分の人生を投げやりに生きるか」。もう1つは「そこから学んで次の恋愛に活かすか」。ボクは大失恋によって、変わっちゃいけないこともあるって学んだのさ。

07.
「なりたい自分」は
分かっている

Medium ae7ffe444e02d59c61358adb430d6c6ae9dc8a48

みんなからは「自分に自信がないからだ」と言われる。確かに学歴がズバ抜けていいわけでもなければ、人が羨むような仕事に就いているわけでもない。正直に言えば、世間に自分をどう売っていけばいいのか、セルフプロデュースもできていない。

でも、自分がどういう男性になりたいかについては、分かっているつもりだ。もし自分に娘がいたとき、どういう男と結婚してほしいか、について考えれば自ずと答えは出てくると思っている。もちろん、浪費家だったり、ちゃんとした仕事に就いていない男のところには嫁に出せるはずがない。

08.
ボクにとっての
「完璧な女性」を求めてる

ボクだって、他人からどう見られているかを気にしないわけじゃない。それに、自分に合う女性がどんなタイプかについても、つねに考えているんだ。完璧な女性を探す必要なんてないと友人たちは言うんだ。「お前に必要なのは、ただ性的に満足させてくれて、次の日には電話を掛けてこないような女だ!」って。そんな失礼なこと、ボクは口が裂けても言えない。

ボクが求めているのは、決して自分を安売りしない女性だ。世間で言うところの完璧である必要なんてこれっぽっちもない。ボクにとっての完璧であって欲しいだけなんだ。

09.
周りが引くほど
つまらないらしい

人生においてユーモアって必要だとは思う。でもそれって、誰のトーンに合わせるのが最適なんだろう。自分だけがイケてると思うことは、そんなに危険なこと?

10.
とことん考えるクセがある

Medium 7b4e21343ce6a66babdba8b278a6abecbef0898c

ボクは、考えなしに行動するよりも、考えに考え抜いてから行動に移すタイプ。もっと言えば、それによってどういう結果をもたらすかまで考えるんだ。石橋を叩いて渡らない、という選択肢だってあると思っているんだ。

そんな自分に満足もしているし、おかげで洞察力もついた。この能力をいつか恋愛でも使えるんじゃないかと思っているんだ。

11.
見せかけだけの「男らしさ」を
振りかざしたくない

幼少期のほとんどを母親に育てられたこともあり、動作や考え方が女性っぽいと言われることがある。それなりに身なりを整えているつもりだし、ゲイの友人も確かにいる。だけど、そもそも男らしさの定義っていったい何?横柄に振る舞うこと?女性の気持ちをないがしろにしてまで強欲に走ること?

ボクは母親が育ててくれたことも、ゲイの友人がいることも、誇りに思っているんだ。

12.
本当に好きだと確信できない限り
告白はできない

Medium dfecaa71eba07a0d5094943ebd1dc67e1ae117a6

奥手だと思われるかもしれないけれど、自分のインスピレーションを大切にしたいし、女性にも後悔して欲しくないんだ。

たとえば女性と別れたとして、その人への想いが完全に消え去らないと、ボクは次の恋に踏み出せないタイプ。フラれたからって即刻、次はあの子を誘ってみよう!っていう感覚が、ボクには理解できないんだ。

もし誰かとつき合ったなら、同じみじめな気持ちはして欲しくないと思うからさ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
「四十にして惑わず」と言われるだけあって、達観した人生観を持った素敵な40代男性は、20代や30代ともひけをとらずに恋愛を楽しめるはず。ここで紹介するのは...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめた“deep woman”の恋愛事情。この表現、日本語に訳すと“思慮深い女性”と...
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
ほとんどの人が、「恋人がいないのは寂しいこと」と思いがち。でも、そう決めつけるのは早計かもしれません。この記事でGigi Engle氏は「自分という存在だ...
「まだ独身?」──心ないこの一言。女性が独身でいる限り、ついて回る質問だとライターGigi Angle氏は断言します。きっと彼女も、このワードに辟易してい...
独身の生活を楽しんでいる人にとって、周囲が「良かれ」と思って言うセリフも、じつはとても傷つくものだったりします。いい人なんてそんな簡単に見つからないし、一...
デートの相手もいないし、今週末もまたひとり…。なんて思っているみなさん、シングルならではの、恋人がいる人にはマネできない贅沢な週末の楽しみ方があるんです。...
さそり座の男性と付き合うと、一体どういう関係になるの?もしかしたら、今までにない刺激的な経験が待っているかもしれません。それはこんな5つの特徴があるからで...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、...
懐が深い人がそばにいるだけで、自然と周りの人もやさしい気持ちになれるから不思議ですよね。そんなふうになりたいと思っている方に向けて、懐が深い人に共通してみ...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
思慮深い人という褒め言葉があります。思慮深い人とはいったいどんなことができて、どんな行動特性があるのでしょうか。言葉として知っていても、明確に「こんな人!...
子犬のように人懐こいとされる犬系女子ですが、どのような特徴があって、どんな恋愛をするのでしょうか。犬といえば、飼い主に忠実とされる動物です。犬系女子と上手...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
30歳は人生の仕切り直しです。良いスタートダッシュを切るために一度立ち止まり、自分自身と向き合ってみましょう。ちなみに、この感覚って29歳のシングル女性に...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...