「独り身」をどう過ごしたか、で次の恋愛が変わる。

いま、シングルの女性たちに届けたい記事を「Elite Daily」よりピックアップしました。「街を行くカップルたちを羨むような目で見てばかりいては、モッタイナイ」。こう豪語する女性ライターのJen Ruizさんによれば、おひとりさまの時の過ごし方に次の恋愛はかかっている、のだそう。

01.
絶対に自分に妥協しない

Abf2c0dc78f08f0d5e2d1e183ff7b34d82da9892

ひとりでいることは大変なときもあります。でも、自分に合わない相手と付き合うのは、もっと大変。もし充実した人生を送っているならば、あなたにちょっとしか興味のない人に台無しにされるなんてもったいない。

シングルは寂しいからと、妥協してはいけません。「この人だ!」と思える相手が現れるのを待ちましょう。

02.
「おひとりさま」を
楽しめる

退屈だったり、辛いとき、ひとりでいるのが酷に感じることもあるでしょう。けれど、できることなら誰かに頼らなくても、自分の力で幸せでいられる人間になっておきたいもの。

自分を刺激する本を読んだり、映画を観たり、新しい趣味を見つけてみたり、ジョギングしたり…。ひとりでも楽しい時間を過ごすため、できることに挑戦しましょう。

03.
自分を「癒す」達人になる

具合が悪いときや悲しいとき、面倒を見てくれたり、ぎゅっと抱きしめてくれたり、ゆっくり話を聞いてくれる人がいるのは、とても素敵なこと。

そうした人がそばにいない場合は、ぜひ自分で自分を「癒す」技を身につけましょう。おいしいワインを飲んだり、お気に入りの入浴剤でアワアワのお風呂に入ってみたり、「これをすれば元気になれる」という方法を見つけておくと安心。

将来、旦那さんが出張中の退屈なときにも使えるかも?

04.
友だちの幸せを祝福する

7014e32536d36ce86e24f2ab9d20b2b4ecfcdcc3

歳を重ねていくにしたがって、友だちの「結婚」や「出産」を素直に喜べない感情が顔を覗かせることもあるでしょう。でも、そこで辛い顔をしていたり不満な態度をとっていたら、あなたに訪れるはずの幸せさえも逃げていってしまうかも。

05.
「過去」を美化しない

忘れられない「元カレ」がいますか?でも、いつまでも別れた彼のことを引きずっていたり、ずっと頭の片隅においておくのは、決していいこととは言えません。あなたと元カレが実は運命の相手で、また巡り合って寄りを戻すなんていう可能性は、残念ながらとても低いのです。

寂しさのあまり、心の中で元カレを美化してしまい、どんどん深みにはまってしまう可能性のほうが、よっぽどあり得ること。気をつけましょう。

06.
本当に大切なことを
見極める

シングルの間は、自分が恋愛に何を求めるのか見つめ直す最適な期間。自分を成長させてくれる人がいいのか、笑わせてくれる人か、それとも一緒に健康的な生活を過ごせる人か。

「これだけは絶対に譲れない」、というものをもう一度しっかり自分の中で具体化しておきましょう。すると、今まで「これはダメ」と思っていた条件が、意外と大事なものではなかった、なんていうことに気がついたり。

07.
ダメな自分とも
向き合う

Ff147dc3e7fb0764c69c1da175324e060bd8f610

ひとりでいるときは、自分の考え方を知るにも良い期間。いつもいつも他人に同調するだけの「イエスマン」では困るし、何か困ったことがあったときも、彼の意見を真っ先にアテにするのではなく、自分でちゃんとした考えを持てる人でいたい。これまで相手に頼りすぎていたなぁと感じる人は、この機会に自分でしっかり考える癖をつけましょう。

08.
「未来」に生きる

シングルの間は「何をやったっていいじゃん!」、と思うかもしれないけれど、元カレのことや、一緒に過ごした楽しい時間を考えてばかり…というようでは困りもの。不思議なもので、過去のことを過去のこととして受け止め、心のスイッチをしっかり切り替えられたら、次のチャンスも訪れやすくなるものですよ。

09.
自分のために
オシャレをする

デートする相手がいなくなってしまうと、「オシャレ心に火がつかない」という気持ちもわかる。けれど、この際「誰かのための」オシャレではなく、「自分のために」オシャレする楽しみも知っておきたいもの。

「彼、こういうの趣味じゃないから…」と敬遠していた服やコスメも、身につけてみたら意外と似合うことも。

10.
探究心を止めない

E604cbdcd5930e82430cd6616a1c32ca2ab2f395

彼と休みが合わないからなかなか行けなかった海外旅行、彼が高所恐怖症だからできなかったスカイダイビング…、今こそやってみませんか?もう、あなたの探究心を止めるものは、何ひとつありません。自分のために何か楽しいことをスタートしてみましょう。

あなたが幸せだなぁと思えることにこそ、時間やお金を費やすべきです。そうやって様々なことを経験したら、今度素敵な誰かに会ったときには、話したいことがいっぱいあるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
デートの相手もいないし、今週末もまたひとり…。なんて思っているみなさん、シングルならではの、恋人がいる人にはマネできない贅沢な週末の楽しみ方があるんです。...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
そうです。確かにそうなんです。「独り身」のときと「恋人あり」のときでは、日々の生活のリズムがまったく変わってきます。「ScrollDroll」のインスタに...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
「Elite Daily」の恋愛コラムは、若者たちの恋愛観が語られているのが魅力ですが、なかには思わず吹き出しそうになるものも。今回は、自虐ネタともとれる...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
どんなに独立心が強い女性でも、毎日ひとりで過ごしたいわけじゃない。「Elite Daily」のAllison Isaacsonさんが、そんなシングル女性の...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
多くの人は、知らないうちに恋愛について勘違いをしています。たとえば相手を変えようとしたり、恋愛に救いを求めたり…。じつはこれ、恋愛で「してはいけない」2つ...
「幸せじゃないなら別れちゃえば?」そう口にするのは簡単ですが、なかなか離れられず、今の恋愛をうまくいかせようと試行錯誤するカップルも多いはず。でもその恋愛...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
傷つくのが怖いのは、誰だって一緒です。でも、それを理由に恋愛が全力で楽しめていないのは、とてももったいないこと。だって恋愛は、心を開けば開くほどしあわせを...