さり気なくいい匂いのする男性「7つの秘訣」。今年の注目はサードウェーブシトラス!?

香りにこだわるのは、なにも女性だけではありません。コスメブランドの多くは、男性向けのアイテムも多くリリースしていますし、実際アナタの周囲にも「いい香りのする男性」がいるでしょ?
もちろん、それは香水の匂いをぷんぷんさせているようなタイプの人ではなくて、ふとした瞬間――例えば横切った時に爽やかな香りがするような、あくまでさり気ない男性のこと。
ここでは、そんな男性になるために知っておきたいことを紹介していきましょう。

01.
香りにも流行がある!
今年の注目は
サードウェーブシトラス 「セドラ」

cedrat15_pressrelease_ingredient_cover

洋服と同様に、香りにもトレンドがあります。例えば、今季注目を集めているのが「セドラ」です。南仏のコルシカ島のシンボルとなっている「セドラ」は、レモンの原種とも言われるシトラス(柑橘系)フルーツ。レモンやグレープフルーツといった定番のシトラスとはまた違った魅力を持つため「サードウェーブシトラス」と呼ばれ、日本でもブレイク間近!
肝心の香りですが、瑞々しく爽やかさに溢れているだけでなく、一方で力強さを感じさせるもの。男性人気の高いベルガモットやウッドといった力強い香りをほのかに感じせるのが特徴です。ありがちな子どもっぽいシトラスの香りではなく、男性の深みを感じさせる“大人のシトラス”と言えば、イメージしやすいかもしれません。

「サードウェーブシトラス」こと「セドラ」。香りにこだわるなら、覚えておきたいキーワードです!

02.
香水とオードトワレの
違いを知っている
(そして、使い分けている!)

cedrat03

一口にフレグランスと言っても、その香りの強さによっていくつかの種類があります。俗に香水と呼ばれているのは、パルファムというカテゴリー。もっとも香りが強いものになります。香水はビジネスシーンなどでは、その存在感からNGだったりもしますよね。
そこで「いい香りの男性」の多くが愛用しているのが、オードトワレというカテゴリー。ブランドにもよりますが、ふとした瞬間に「あっ、この人はいい香りがするな」と思わせるのにちょうどいい強さ。男性がデイリーに使用するのにぴったりです。

03.
女性ウケのいい
香りをわかっている

cedrat

一般的に男性は、個性の強い、刺激的な香りを選びがち。でも、女性は、よりナチュラルな香りを好む傾向があるようです。それは、オーガニックだったり、自然派と呼ばれるブランドのフレグランスがたくさん発売されていることからも見てとれます。
「いい香りのする男性」を目指すなら、女性の好みも加味した上で、香りを選びたいところです。

04.
季節に合わせて香りを
使い分けている

cedrat05

香りにこだわるなら、季節感はとても大事。例えば、秋冬はちょっぴり濃厚な香りもいいかもしれませんが、これからの季節だと、瑞々しいシトラス(柑橘系)の香りが最適です。清涼感のあるシトラスなら、周囲の人へも嫌味にならず、さり気なく“いい香り”を演出できます。
前述したレモンの原種「セドラ」のような、強さもあるシトラスなら、爽やかさにプラスして、自分の個性をアピールできるはず!

05.
ほのかな香りは
シャワータイムが鍵に?

よく「女性のシャンプーの香りにグッとくる」という男性がいますが、それは女性も同じ。ほのかな香りを演出するなら、フレグランスだけでなく、毎日使うシャワージェルも香りのよさで選ぶのも手です。
これからの季節、朝シャワーを浴びるという人もいると思いますが、そんな時、お気に入りの香りのシャワージェルなら、最高の気分でスタートを切れますよね!

06.
香りは統一感が大事
決してミックスさせない!

シャワージェルやシャンプー、制汗スプレーにシート、さらにオードトワレ…。香りに関するアイテムは数ありますが、それらに統一感がないと、せっかくのいい香りも混ざってしまって台無しになってしまいます。
例えば、すべてのアイテムをシトラスで統一するなど“自分の香り”を決めて、それだけをまとうのがオススメです。

07.
「香りは自分だけでなく、
相手のためにある」

ちょっと大袈裟? いえいえ、いい香りのする男性は、香りをまとうことが「相手へのエチケット」であることを知っています。だからこそ、決して手を抜かずに、さり気なくいい香りをまとうのです。
恋人やパートナーはもちろん、友達や一緒に働く仲間のためにも。香りにはこだわりましょう!

今話題の「サードウェーブシトラス」!
btn_loc_18

Sponsored by L'OCCITANE

図書館や古本屋さんに入ると、独特の匂いが漂っていますよね。新書の状態から、あのノスタルジーをそそる匂いになるまで、一体どのように変化しているのでしょうか。...
あの日、あの時、あの場所で…。そんな記憶を思い返すとき、ふわっと香る「匂い」も蘇ってきませんか?そんな「匂い」を保存する研究をしている人がいるんです。それ...
TABI LABOでは、月に1回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。男性の皆さん必見です! 今回のテーマは「香り...
夏が過ぎたからといって、ワキの匂いには油断禁物!実は、厚着をする冬の方がこもりやすいんです…。でも、そんな心配は無用?「WorldTruth.TV」に、ワ...
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
ダンサーのSergey Melnitchenkoは、故郷のウクライナから中国を訪れた時、ある名もなきナイトクラブに雇われる。しかし、彼は働き始めてすぐに、...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...