美は1日にしてならず。未来のあなたを圧倒的に美しくする「5つの意識」

女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。

実は「美」は特別なことをして手に入れるものではありません。あなたの生活の基礎にあるものなのです。ここで、元トップCAとして美にこだわったライフスタイルを紹介します。

01.
若いうちの健康は
一生の美を作る

shutterstock_131626745_2

私には「CAは美しくあるべき」という持論があります。そのものずばり「見た目の美しさ」です。しかし、持って生まれた顔やスタイルなどの素質を指すわけではありません。それには私も自信がありません。

自分を美しく見せるには、土台となる肌や髪を美しくしておくこと。そして体型をキープすること。この2点が非常に重要。これはCAのみならず、すべての女性に共通します。

肌や髪を良い状態で保ち、体型を維持するためには、体が健康である必要があります。若いうちは不規則な生活でもやっていけますが、40歳を過ぎたころに大きな差になって出てきます。食事や睡眠には、若いうちから気をつかっておくべきです。
「美は体の中から」「美は一日にしてならず」。ありふれた言葉ですが、至言です。

02.
起床時間をそろえて
体内時計は常に一定に

shutterstock_342424397_2

健康な体を維持するにはどうしたらよいのでしょうか。まず第一に、毎日同じ時間に起きるようにして、生活のリズムを変えないことが大切です。

CAはその日のフライトスケジュールによって、家を出発する時間がまちまち。朝4時台に家を出ることもあれば、10時台でよいことも。帰宅も夕方から深夜までさまざまです。それでも、私は遅い出勤の日も休日も関係なく、朝6時台には起床するようにしています。起床時間をそろえることで、体内時計を狂わせないようにするのです。前日が遅かった日はどうしても早起きがつらくなりますが、長年の経験上、起きたほうがあとが楽です。朝の二度寝は体調を崩すもと。絶対にしてはいけません。

それに加えて、私は起床から出勤まで1時間半は見るようにしています。朝ゆっくり覚醒する時間をとると精神的にも安定しますし、遅刻のリスクを減らすこともできるので一石二鳥です。

03.
食事は体を作る源
野菜と果物で食生活を整える

shutterstock_224737129_2

「食生活が不規則なせいで、CAになってから太ってしまった」なんていうセリフを、更衣室でもときどき耳にします。勤務時間が不規則だと、食事も決まった時間にはとりにくいのです。また、体力を使う仕事ですと、どうしても炭水化物や味の濃いものが食べたくなります。弁当や機内食の支給もありますが、カロリーが高めになりがちです。

それでも私は「業務上、仕方がない」で終わらせません。まず朝食は一日のスケジュールを考えて調整します。紅茶とフルーツ、パン、サラダが基本で、昼食の時間がきちんととれそうな日はそれで終了。昼食が遅くなりそうなときは、卵やソーセージを加えます。しばらく野菜不足が続いたときには、自分で野菜とフルーツ多め、炭水化物少なめのお弁当を作って持っていくこともあります。
食事は自分の体を作る源です。妥協してはいけません。

04.
ストレスは美と健康の大敵
プールとサウナで
心身ともに美しく

shutterstock_235726000_2

適度な運動は、体だけでなく心にとってもよいストレス発散となります。ストレスが美と健康の大敵であることは、よく知られていますね。
私はステイ先のホテルにプールがあれば、ひと泳ぎするようにしています。CAは仕事そのものが結構な運動量なので運動不足になることはまずありませんが、水泳は疲れてむくんだ体を適度にほぐしてくれますし、加えて水着になることでスタイル維持にも役立ちます。
また、サウナで汗をかくこともおすすめです。自律神経の働きがよくなり、快眠へ導いてくれます。サウナに入ったあとは、必ず水に入りましょう。冷たい水で肌をきゅっと引き締めることで、交感神経と副交感神経が刺激されて、ストレスも自然に解消します。

05.
状況や相手によって
ふさわしい「美」を変える

shutterstock_308940566_2

CAになぜ「美しさ」が必要かを突き詰めていくと、お客様に「安全、安心、快適」を提供するためといえます。見た目のよさが与える快適さと安心感が、信頼感につながるのは間違いありません。そのため身だしなみを整え、アナウンスの訓練をし、美しい所作やマナーを身に付ける必要があるのです。

CAの身だしなみには細かい決まりがあり、すべてにきちんと意味があります。髪型の規定は、お食事やお飲み物を清潔に提供するため。過剰なアクセサリーは力の要る仕事に邪魔になりますし、緊急時に危険を伴いますからNGです。メイクをしっかりとするのは、暗い機内でも顔がはっきり明るく見えるように。

どんな状況で、どんな人を相手に接遇するのか。それによってふさわしい「美」は変わってくるのです。

スーパーCAの仕事術
コンテンツ提供元:里岡美津奈

里岡美津奈/Mitsuna Satooka

人材育成コンサルタント。1986年全日本空輸株式会社(ANA)に入社。在職中、VIP特別機搭乗を務め、皇室、各国元首脳の接遇で高い評価を得る。2010年に退職。現在は人材育成コンサルタントとして、一般企業や病院でコミュニケーションスキルアップの指導にあたっている。

Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」によると、美脚に一番おすすめのトレーニングはスクワット。海外では、30日間行う...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
露出が増える夏。足のむくみが気になる人も多いのでは?むくみの原因のひとつには「塩分の過剰摂取」があります。ここでは、引き締まった美脚に近づくために取り入れ...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
「今日こそアレに取りかかろう」「コレは絶対終わらせよう」。そうやって意気込んでみたはいいものの、思うようにはかどらない日がある。やる気はあるからこそ、どう...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
『Shape Magzine』のエディターでモデルとしても活躍するNora Tobin氏は、ブリッジだけで姿勢を整え、くびれと美尻を手に入れたんだそう。ハ...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
毎日、仕事や家事・育児などに追われ、大きなストレスを抱えて、ひとりで大変な思いをされている方は少なからずいらっしゃいます。ご自分のストレス耐性を高めて、ス...